新型のiPad(6th Gen.)を購入したので開封フォトレビューをします

こんにちは、Moです。

先日新型のiPadが3月30日に発売されましたね。私が持った印象をまとめた記事も書いてますのでどのようなiPadかはそこでご確認ください。

こんにちは、Moです。 新型のiPadが発表されましたね。iPadについて何か感想を書けと言われてしまいまして、めんどくさかっ...

発売日翌日に思わず

*     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  | |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

してしまいましたので、開封レビューをしていきたいと思います。

開封の儀

今回のiPadは横から見た絵になっています。いつも通りの箱ですね。

伝統の開けたら製品が出てくるような感じになっています。ただ、フルラミネーションディスプレイ非採用だったり、反射防止コーティングもされていない旧型のディスプレイなので、写り込みはそこそこある印象です。

付属品はいつも通り。ACアダプターは12Wではなく10Wです。ちょっと充電遅くなる?今度検証して見ます。

というわけで本体です。iPad Airからずっと続く9.7inchサイズのiPadです。iPhone7と比べるとこんな感じのサイズ感になります。

今回ゴールドのみカラーリングが変更されており、ゴールドとローズゴールドの間のような色になっています。iPhone7の方はゴールドカラーです。

左からゴールドのiPhone7,シルバーのiPad Air,今回のゴールドのiPad

カッパー(銅)のような色だと私は感じましたのでこれでオリンピックメダルカラーが再現できますね。Xperia Z3あたりのカッパーに似た感じの色です。

※例えがXperiaすぎるというクレームは受け付けません。

カメラはProのように出っ張ってはおらず、完成されたデザインのように感じます。

その代わりカメラ性能はiPhone6や6Sのあたりの性能です。まあ最低限っていう感じですね。

エッジ部分はダイヤモンドカット加工がありません。この辺りはiPhoneSEなどと同じ感じです。徹底的なコストカットがされているように感じます。ここは好みの問題でしょう。

Apple Pencilの書き心地は?

気になるところ

みなさん一番気になるのはここの部分でしょう。今回の目玉はApple Pencilに対応したところです。どんなもんか試して見ました。

結論から言うと、ノートやメモ用かなと言う気がします。

今回のiPadはフルラミネーションディスプレイの採用を見送っています。つまりは、ディスプレイの表示面とタッチする面には空気の層があって、少しずれています。

私が書いて見たところ、そこの視差がペンを傾けた時にそこそこ気になる印象を受けました。

こんな感じでずれる。きになるやで

ノートやメモを取るぶんには構わないのですが、プロがお絵かきに使うのには合わないです。まあ初めから教育用と銘打っているのでこんなもんでしょう。

ちなみに遅延はあまり感じませんでした。

用途によってはApple Pencilじゃなくて新発売のクレヨンがいい

筆圧検知などの機能が必要なければ、半額で買えるクレヨンがいいと思います。つまりは、

  • お絵描きする人→iPad Pro + Apple Pencil
  • ノート、メモする人→iPad + クレヨン

といった具合で使い分けができると思います。実際に見てみるのをお勧めしますが…

※現時点ではクレヨンは日本では発売が決まっていません。クレヨンにこだわらずにサードパーティのスタイラスでもいいとは思います。そうしたら旧型のiPad(2017)でもいいのですが。

クレヨンについて詳細はこちらをご覧ください

こんにちは、Moです。 新型iPadと一緒に発表されたLogitech Crayon(以下クレヨンと表記)というスタイラスがあ...

どのように使う?

最後に私の使い方を紹介します。

私のiPadのフル装備はこちらです!

iPad, Magic Keyboard, Apple Pencil, お風呂の蓋(Smart Cover)です。

私はこれで大学の授業のメモを取ったりレポートを作成したりしようと思っています。

ちなみにですが、Smart Keyboardは対応していません。私はもともとアンチSmart Keyboardで、Bluetoothのキーボードでいいじゃんと思っていたので特に困りはしませんが、気になる人は気になるでしょう。Bluetooth キーボードを買いましょう!!ようこそこちらの世界へ!

Apple Pencilはこのように授業に配布されたPDFに書き込む時に使います。まだ授業始まっていないのでわからないのですが、そこそこ使い心地はいいと思います。

まとめ

いいところ

  • 安い
  • ペンが使える
  • ゴールドカラーがいい
  • 9.7インチなのでOfficeが無料で使える
  • CPUの性能が上がっているので長く使える
  • 安い
  • 安い

わるいところ

  • ディスプレイがiPad Air相当で古い
  • カメラがiPhone6か6Sあたりのクオリティでしょぼい
  • Smart Keyboard非対応
  • 今更RAMが2GBである

まとめるとこんな感じです。ともかくなんども言いますが学生向けにはすこくいい感じです!その代わりクリエイターには向かないような感じのiPadになっています。

大きな革新的な変化はないですが、今までのノウハウをもとに着実と人々が必要なiPadを作り上げた、伝統の一気に仕上がっているかなと感じます。レボリューショナリーではないですが、確実で、とても完成度の高いiPadだと感じます。某iPhoneとは大違い

絶対にハズレはないし、お勧めできるタブレットです。学生の皆さん、学生生活を支えるガジェットとしてどうでしょうか?

追記:長期間使用レビューをあげました。こちらも一緒にどうぞ!

こんにちは、Moです。 新型iPad(6th Gen.)の発売から約一ヶ月が経ちました。 一ヶ月間iPadを使った使用感...

『新型のiPad(6th Gen.)を購入したので開封フォトレビューをします』へのコメント

  1. 名前:くろみ 投稿日:2018/04/25(水) 21:11:56 ID:a9d9ed241 返信

    はじめまして
    中の人は学生なんですね?意外でした。