Huawei Mate 40Eが認証機関に登場【Kirin 990E搭載か】

Huawei Mate 40E

今年の10月に発表されたHuawei Mate 40シリーズ。その際発表されたのは、Huawei Mate 4040 Pro40 Pro+Mate 40 RS Porsche Editionと、Mate 40シリーズにおいては4機種でした。

HuaweiからHuawei Mate 30E Proが新たに発表されました。Mate 30 Proのアップグレードモデルとも言える...

同時に、Huawei Mate 30E Proなる前モデルのマイナーアップグレード版も発表されましたが、どうやらその系譜を継ぐHuawei Mate 40Eが存在しているようです。Huawei Mate 40Eの位置づけは、(Mate 30E Proとは)逆にMate 40の廉価版となりそうです。

認証機関のデータベースに登場

ワイヤレス充電技術の国際標準規格を策定する、WPC(Wireless Power Consortium)のデータベース上に、Huawei Mate 40Eなる機種が登場しています。

モデルナンバーはOCE-A00と、Huawei Mate 40のOCE-AN10に似ており、掲載された画像からしても、Huawei Mate 40のマイナーチェンジ版であることは間違いないようです。

Kirin 990E搭載か

また中国の認証機関、TENAAにも既に登場しており、以下のスペックが明らかとなっています。

  • 6/8/12GB RAM + 128/256/512GB ROM
  • リアカメラ:50MP+16MP+8MP
  • インカメラ:13MP
  • 画面内指紋認証
  • 4,100mAhバッテリー
  • 158.6×72.5×8.8mm、188g

SoCに関しては、Mate 40はKirin 9000E(3.13GHz)を搭載していましたが、当機種は、CPUのクロックスピードが2.86GHzとあるため、Kirin 990EまたはKirin 900であると見られています。ただ、名前にMate 40Eと”E”が付くため、Kirin 990Eである可能性が高いでしょう。Kirin 990Eは、今年10月に発表されたSoCで、Kirin 990 5Gのマイナーチェンジ版です(AnTuTuスコアは45万点程度。)

このモデルの存在理由として考えられるのは、やはり最新のSoCであるKirin 9000の在庫数が限られているからでしょう。ただ、前世代のSoCを搭載することによって、通常のHuawei Mate 40よりも価格は安いものになることが予想されます。前世代SoCであることを気にしない消費者にとっては、お得な選択肢となることでしょう。

Huawei Mate 40とMate 40 ProとHuawei Mate 40 Pro+が正式発表されました。Kirin製チップ...
Huawei nova 8 / 8 Proが正式発表されました。米国制裁の影響で搭載SoCはKirin 985とnova 7シリーズ...

Source:GIZMOCHINA, TENAA

フォローする

Writer

Kohei
Vivo X60シリーズが気になる

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.01.01 17:59 ID:4b0694eda 返信

    イヤホンジャックに拘る人だとこれになるのかな

  2. 匿名 2021.01.01 20:06 ID:6026593d7 返信

    需要あんのかなぁ?
    中国人しか買わなさそう

  3. 匿名 2021.01.02 11:41 ID:b7ced5b7f 返信

    背面カメラのデザインはめっちゃ好きなんだがなぁ

  4. 匿名 2021.01.02 14:38 ID:0dd78bf08 返信

    3000RMB、50000円ならありか。

  5. 匿名 2021.01.02 22:55 ID:7011aefde 返信

    少し気になる。

  6. 匿名 2021.01.04 02:18 ID:d37c8f193 返信

    GMS無しじゃ限界あるわな。
    スマホカメラにこだわる人はp40pro/mate40pro買ってるみたいだけど。
    HonorがGMS積めるならそっち行くわ。