Galaxy Note 10+の実機画像が初リーク。中央寄せの前面カメラが再確認される

8月頃に発表予定のGalaxy Note10の実機動画がYouTubeチャンネルのMr_Teck Talkによってリークされました。以前はレンダリング画像のみ流出していたので、今回が初の実機画像の流出になります。

https://telektlist.com/smartphone_info/galaxy-note10-pro/

Note 10 Proではなく、Note10+

Galaxy Note10+(起動画面)

今回リークされたGalaxy Note10の起動画面を見るとGalaxy Note10+となっています。以前噂されていた「Galaxy Note10 Pro」ではなく、Sシリーズと同じ10+という名称のようです。

以前から次期Noteシリーズは最低で2モデル、5G対応バージョンも合わせて4モデルが発表される可能性が報じられましたが、それを裏付けるリークです。

2019年夏に発売が予想されているGalaxy Note10のリーク情報についてまとめました。 Androidスマホのスペック...

Galaxy Note10+はパンチホールカメラ搭載。画面埋め込み式カメラはまだ先か

Galaxy Note10+(正面)

2枚目の写真からはGalaxy Note10+がパンチホールカメラを採用していることが確認できます。また、Galaxy S10シリーズがディスプレイを正面から見て右上にパンチホールがあったのに対し、Galaxy Note10 +はディスプレイ上部の中心にカメラが搭載されています。ベゼルもGalaxy Note9と比べて更に小さくなっており、本体はさらに角ばっているように見えます。

以前からSamsungは画面内埋め込み式カメラに取り組んでいました。つい先日、Oppoは画面内埋め込み式カメラのプロトタイプをMWC2019で発表しました。サムスンの画面内埋め込み式カメラの技術も相応に進んでいるものと思われますが、Galaxy Note 10+でも非搭載だということは、まだ量産水準に達していないのでしょう。

2019年の6月3日、中国のスマートフォンメーカーOPPOはtwitterでディスプレイ埋め込みカメラのプロトタイプモデルの画像を公...

カメラデザインは一新。Huawei風に

Galaxy Note10+(背面)

最後の写真からはGalaxy Note10+のカメラ配置が縦になっていることが分かります。また3つのカメラ(メインカメラ+望遠カメラ+広角カメラ)とLEDフラッシュを確認する事ができます。以前リークされた情報によるとTofカメラ(Time Of Flightカメラ)がLEDフラッシュの下に搭載されているはずですが今回リークされた画像はブレが激しく、はっきりとは判別出来ませんでした。

最後に

今回リークされた画像からGalaxy Note10 ProではなくGalaxy Note10+という名称になり、ディスプレイ上部の中央にパンチホールカメラを搭載し、カメラの配置が縦になる事がわかりました。

つまり、以前リークされていた情報がほぼ正確だった事を表しています。telektlistではGalaxy Note10のリーク情報をまとめているので、是非参考にしてください。

2019年夏に発売が予想されているGalaxy Note10のリーク情報についてまとめました。 Androidスマホのスペック...

Source: XDA-developers.com

フォローする

Writer

gadgetmania
まとめページの管理を担当しています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.06.29 22:50 ID:bd5b05c19 返信

    端に寄せたり真ん中に戻したり忙しないね

  2. 匿名 2019.06.30 00:25 ID:5da54b45a 返信

    これならnote9の方がいいかなぁ…

    note9のベゼルをもうちょい細くしてs105Gと同一の横並びカメラなら完璧だったのに

  3. 匿名 2019.06.30 08:56 ID:8245a9316 返信

    モンスター級の「Lenovo Z6 Pro」やミドルスペックの「Lenovo Z6 lite」などを取り揃えている中国製の方が、価格から行っても勝(まさ)ってない? Samsungの先行きが、見えるようだ。

    • 匿名 2019.06.30 10:26 ID:544e6cbef 返信

      Huaweiがシェア落とした影響でむしろサムスンのシェア上がってるんだよなぁ

      • 匿名 2019.07.01 12:05 ID:c727c4be2 返信

        中国は国策でIT業界に投資している。ちょっとやそっとではサムスンは揺るがないが、いずれは中国にとって代わられる。
        このtelektlistでも、韓国製品よりも中国製品の話題の方が、はるかに多い。

        • 匿名 2019.07.01 12:19 ID:a5578862d 返信

          国策でやってるから、Huaweiのように制裁されるんだよなぁ
          それに、現状ほとんどのプラットフォーマーが米国に集中してる
          中国製のサービスが浸透しないのは、中国の規制に原因がある
          国策でITを牽引することが、世界へサービスを浸透させる障害になってるんだよなぁ
          いずれは中国に取って代わられると言っても、日本のように志半ばで挫折する可能性も十分にあるし、むしろその可能性の方が大きい
          プラットフォーム競争はどうしても後発に不利だからね

          それと、telektlistを世界のIT業界の指標として扱うのは頭おかしいよ