A14 Bionic 5Gは今月末にも製造開始予定【5nm製造プロセス】

Appleがまもなく、半導体受託生産メーカーのTSMCを通じて、iPhone 12シリーズに搭載予定のA14 Bionic 5Gを製造開始するようです。A14 Bionic 5Gは最大で150億個のトランジスタを搭載する予定で、製造は5nmプロセスになるとのこと。A13 Bionicのトランジスタ数、85億個から大幅に進歩することになります。

AppleのiPhone 12シリーズが、5nmプロセスで製造するSocを搭載する最初のスマートフォンになる可能性があります。

サムスンやHuaweiも5nmチップを準備中

サムスンやHuaweiも5nm製造プロセスによるSocを準備中です。5nm製造プロセスの大量生産ラインを有している半導体受託生産メーカーは、TSMCとサムスンの二社だけと言われています。

メーカーSoc半導体受託生産メーカー搭載予定モデル
AppleA14 BionicTSMCiPhone 12シリーズ
サムスンExynos992サムスン(自社)Galaxy Note20シリーズ?
HuaweiKirin 1000TSMCHuawei Mate 40シリーズ

サムスンのGalaxy Note20シリーズは8月5日に発表が予定されていますが、Exynos992でなくSnapdragon 865+を採用することになった可能性があります。

オキサイド、ってだけでかっこいい。オキサイド、ってだけで買いでしょ? サムスンが8月5日に発表予定とされるGalaxy Not...

Huaweiは、アメリカの制裁措置によりTSMCに新規の発注ができなくなりました。しかし、5nmプロセスで製造したKirin 1000は既に発注済みで、9月末までにHuaweiに納品されると報道されています。

image: Huawei Mate 40イメージレンダリング 画像はあくまでイメージやで。 HUAWEIは開発中のHu...
米国から制裁を受けながらも、2020年4月単体実績ではサムスンを抜き世界一となったHuawei。 しかし、アメリカから...

5G対応以外にA14 Bionicに期待できることは?

A14 Bionic 5Gは、業界にとって初めて消費者の手に届く5nmプロセスで製造されたSocになる可能性があります。また、Appleにとって初のの5G対応Socにもなります。もちろん5G対応以外にも性能の向上が期待されますが、今のところA13 Bionicに不満はない、というユーザーも多いはずです。

完全な主観ですが、大半のユーザーにとっては「A13 BionicでiPhoneは完成した」と言っていいほどの優秀さだと思います。iPhone SEの再登場もあり、より強くそう感じさせられました。

次世代となるA14 Bionic 5Gには、今後普及する新しいコンテンツを楽しむためのスペックが求められるのではないでしょうか。AppleがLiDAR搭載モデルを着実に増やしていることも、何か関係がありそうです。

ただの後継SoCとしてではなく、スマートフォンを新たな段階へ押し上げるブレイクスルーを期待したいですね。

OPPOが独自Socを開発していることを公式に認めました。 OPPOの社長、リュー・ボー氏は「Socの開発に取り組み、この技術...

Source: DIGITIME

フォローする

Writer

tokui
iPhone 11とrakuten miniの2台持ち。これから消費社会はどうなっていくのか…。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.06.27 20:14 ID:225c324f0 返信

    ちょっと楽しみ

  2. 匿名 2020.06.28 10:04 ID:3b1cc57d7 返信

    そういえばaシリーズってa11からずっと「Bionic」って名前だよね

    いつまで同じ名前なのだろうか…
    オクタコアになるまでかな?

    • 匿名 2020.06.28 23:54 ID:eba51146e 返信

      人工知能が廃止されるか新しい目玉機能が搭載されたら変わるだろうね

  3. 匿名 2020.06.29 13:43 ID:31e88b76d 返信

    A13 Bionicで完成した。って…。

    名前の通り5G使えないんだけど、どこが完成したんだろう。