Canonのレンズが使えるスマホ、YN450が中国Yongnuoから登場

これはマジで変態だ…

中国で一眼カメラ用の三脚、ストロボ、リモコンなどの周辺機器や特許の切れた日本のレンズをリメイクして販売しているYongnuo (永諾)からCanon EFレンズが使えるAndroidスマートフォンの「YN450」が発表されました。

YN450は一見ミラーレス一眼カメラのようですが、れっきとしたAndroidを搭載したスマートフォンです。

スマートフォンとしてのスペックは、SoCがQualcommのオクタコアプロセッサ(詳細は不明です)で、ROMが32GB、RAMが3GBです。ディスプレイは1080pの5インチで、バッテリーは4000mAh、OSはAndroid 7.1 Nougatです。また、もちろん4G通信に対応しています。

こうしてスペックを見るとOSも含めて1、2年前のフラッグシップレベル、今だとミドルレンジぐらいでしょうか。しかし、ゲームをガンガンやるような機種ではありませんのでカメラとしては十分でしょう。

Androidのアップデートは期待できませんが、大きめのバッテリーを積んでいるのはとても嬉しいことです。一般的なカメラは1000mAh前後しかないので、これほどバッテリーが大きければ写真撮影も捗るでしょう。

ROMが32GBだとカメラにしては物足りない感じがしますが、外部ストレージに対応することで対処しています。しかし、外部ストレージ形式がカメラで一般的なSDカードか、スマホで一般的なmicroSDなのかは不明です。

メインカメラはミラーレスカメラのようにセンサーのみで、自分でレンズを取り付ける必要があります。(なお、取り付けられるのはCanon EFレンズです。)センサーは1600万画素のマイクロフォーサーズ(4/3インチ)であり、4K / 30fpsの動画撮影にも対応しています。また、800万画素のインカメラも搭載しています。

当写真はGalaxy NXです。

今までで同じようなコンセプトで販売されたスマートフォンで、2013年に発売されたSamsungのGalaxy NXというものがあります。こちらはSamsungのカメラであるNXフォーマットに対応したものです。

センサーサイズ比較。一般的なスマートフォンは1/2.3型のセンサーです。

Galaxy NXのセンサーサイズはAPS-Cと、マイクロフォーサーズのYN450よりも大きかったのですが、いかんせんNXフォーマットがマイナーすぎて使えるレンズが少なかったことと、カメラにしてはAndroidが重くてスピードが遅くてシャッタチャンスを逃すことが多かったこと、スマートフォンにしては形がかさばり、ゴツくて物理的に形状が扱いにくいという中途半端な立ち位置で普及しませんでした。

また、よりコンデジに寄せたスマートカメラのDMC CM1が2014年にパナソニックからも発売されています。CM1はレンズ交換はできませんが、1インチのセンサーを搭載し、高級コンパクトデジタルカメラと同じ画質の写真が撮れるスマートフォン出ています。これはそこそこ人気で2015年に後継機のCM10が出たりしましたが、それ以降は音沙汰もありません。

今回発表されたYN450はどちらかというとGalaxy NX寄り、つまりカメラよりのスマートフォンです。スマートフォンとして使うのはいくら薄いレンズを使っても形からして厳しいでしょう。

カメラとしてならメジャーなCanon EFレンズが使えるという点は評価できます。しかし、センサーがCanonで使われるAPS-Cではなくマイクロフォーサーズであること、それにセンサーが型落ちのカメラと同じ性能であることからしてカメラの性能、スペックを求める人、メインカメラが欲しい人にとってはそこまで魅力的ではないかもしれません。

一方でSNSへのシェアはしやすく、あとはAFやレンズとの相性、それと値段次第でいい「SNSシェア用のサブカメラ」にはなり得るだろうと思います。しかし、形状の問題(Galaxy NXと同様の理由)でいい「スマホ」にはなれないと思います。(まあカメラ関連メーカーが作っているものですしそれが自然ですが。)

Canonのレンズをたくさんお持ちの方、サブカメラとしてどうでしょうか?Instagramなどの写真共有SNSをよく使うのでしたら結構魅力的かもしれません。

Source : The Verge

『Canonのレンズが使えるスマホ、YN450が中国Yongnuoから登場』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/11/10(土) 14:53:10 ID:710668bda 返信

    こんなんCanonの一眼買ったらええですわ

    SNSシェア用レベルの端末なら、HuaweiでもXiaomiでも既存のスマホカメラで十分というか、すでにSNSシェア用としてはオーバースペックなスマホカメラがいくらでもありますやん。。。

    • 名前:匿名 投稿日:2018/11/11(日) 00:56:10 ID:25d31c3b4 返信

      むしろどっちかっていうとこれは「一眼レフ」が欲しい人向けなのでは?
      スマホとして使うにはちょっと無理がありますし、すぐに写真をシェア出来る「一眼レフ」って立ち位置かなと感じました

      • 名前:匿名 投稿日:2018/11/12(月) 11:29:18 ID:ce09a5b09 返信

        今時のエントリー一眼レフだとBTやWiFi用いた連携で
        撮った端からスマホに転送とかちゃんと出来ちゃうので
        わざわざ小さいセンサーのキワモノ買う意味がないです
        ひとつ型落ちのEOS kissとかなら値段もお手頃ですし

        面白いのは面白いですが、
        メーカーの想定する使いどころが見えてこない商品ですね

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/11/12(月) 11:25:25 ID:ce09a5b09 返信

    EFレンズでセンサーがマイクロフォーサーズだと
    換算焦点距離すごく伸びちゃいそうですね
    逆手にとって望遠レンズ+三脚座と組み合わせると面白いかも
    逆にSNS向けスナップにゃ厳しい予感・・・

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/11/12(月) 22:50:01 ID:4df396fa8 返信

    DSC-QX100で問題ないような

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/11/15(木) 17:27:06 ID:cc0bab19d 返信

    僕は欲しいです。
    サブ携帯とカメラとGPSとクラウドへの自動アップロードが一体化できるならこんな嬉しいことはない。
    マイクロ4/3マウントなら完璧だったけど。。。