Xperia Play 2のプロトタイプ実機が中国の中古マーケットに掲載

2011年にSony Ericssonが発表したXperia Playの後継機、Xperia Play 2のプロトタイプ実機が中国の中古市場Idle Fishに出品されています。このプロトタイプ実機は販売はされておらず、掲示目的のようです。なお、SonyはXperia Playの後継機を発売する予定は現状無いようですです。

ゲームコントローラーとスマホが一体化したモデル

実機の側面と背面画像も公開されています。側面の写真からはL-RショルダーボタンやSDカードスロットが確認できます。

背面はシングルカメラとLEDフラッシュ、Xperiaロゴが確認できます。このモデルを開発していた時期は不明ですが、おそらく2012年、2013年頃なのでしょう。

2020年現在では、単にスマホとコントローラーを一体化しただけだとゲーミングスマホとしての魅力に乏しく、処理性能や冷却機能で高いものが求められる時代になっています。コントローラーは外付けでも、スマホ本体との互換性が高いものが販売されています。

RAZER社が開発したマホ外付け用ゲームパッドRazer Kishi for iPhoneをAppleが販売開始しました。日本のAp...

Xperia Playシリーズ復活はあるか

Sonyのスマホ事業は2014年9~12月がピークで1200万台(四半期ベース)を出荷していましたが、現在はその10分の1程度に落ち込んでいます。

Sonyは第二四半期(4~6月)の決算発表を行い、2020年4~6月のスマホ出荷台数(世界)が約80万台であったことを明らか...

現在のSonyのスマホ事業は、Xperia 1 IIXperia 5 IIのようにカメラ性能に力を入れることで復活のきっかけを掴みつつあります。

Sonyが主力のXperia 1シリーズ / 5シリーズシリーズとは別にゲーミングスマホ開発を再開する可能性は今後ゼロではないでしょう。ゲーミングスマホの分野はLenovo、ASUS、ZTE、Xiaomi等のハードのコスパを追求できるメーカーが主導しています。Sonyが仮にゲーミングスマホに取り組む場合、ハードとソフト一体となった独自の「ゲーム体験」のようなもので勝負したほうが賢明な気がします。Xperiaのゲーミングスマホを再度見てみたい気はしますね。

Source: xda-developers, Idle Fish

フォローする

Writer

telektlist管理人
このサイトの管理人。スマホのスペックはバッテリー持ちとチップセット重視。現在の愛機はMate 20 Pro, Oneplus 6とRedmi Note 7。カスタムROM導入に失敗してスマホを2台文鎮化させたことがあります。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.10.14 18:24 ID:c53bda60e 返信

    これはないと思ふ

  2. 匿名 2020.10.14 18:33 ID:de3cebb12 返信

    もう9年前になるのかXperia Play
    オーストラリアから輸入したのを懐かしく思う
    Xperia Play②が仮に発売されたとしても、日本には来ないだろうな

  3. 匿名 2020.10.14 18:48 ID:87ce84838 返信

    PSP GOみたい 懐かしいね

  4. 匿名 2020.10.14 23:02 ID:fbbf76f16 返信

    かっけぇ…

  5. 匿名 2020.10.14 23:34 ID:4412139bb 返信

    これでスナドラ865でも載ってたら間違いなく買うが、
    まぁ一般的には売れないだろうな…

    • 匿名 2020.10.15 21:42 ID:b0ab692a5 返信

      我々「おおっ」
      Android勢「なんこれ」
      iPhone勢「いらね」