XiaomiがKindleのような電子ペーパーの書籍リーダーを来週発表か

中国のテック系サイトの快科技によると、XiaomiはKindleのような電子ペーパーを採用した電子書籍リーダーを開発中であり、来週までに新製品として発表する見込みだそうです。

電子書籍リーダーはAmazonのKindleが世界中で実質ワントップ状態ですが、Xiaomiはそこに切り込む形になります。しかし、Xiaomiが製造することは確実なのですが、発売前のプロモーションがほとんど行われていないことから、ひょっとしたらこの新しい電子書籍リーダーはXiaomiブランドではなく、Mijia(米家)といったサードパーティーブランドから発売されるのかもしれません。

スペックはどんな感じ?

リークされた画像から見るに、この端末は上部に赤い電源ボタンを備えた電子ペーパー搭載機であることがわかります。

ディスプレイは8インチ台でベゼルは太く、スタイリッシュとは言い難いですが、電子書籍リーダーとしては持ちやすく、使いやすいサイズになっています。

スペックはエントリーモデル相当です。最上位機種でも2GBのストレージであり、MediaTek製チップセット(Soc)を搭載します。

なお、抑えめのスペックや、Xiaomi発という情報からもわかるように、かなり安価な価格設定になるようです。

Xiaomiの電子書籍リーダーの発売は予告されていた?

実は、前兆はありました。昨年の11月にXiaomiの電子機器部門のジェネラルマネージャーであるXiao Mu氏や、プロダクトディレクターのLi Chuangqu氏は、Weibo上でXiaomiがKindleのような電子書籍リーダーを準備していることを認めまています。

以下はWeiboでのやりとりです。

Xiaomiユーザー「XiaomiはどうしてKindleのような電子ペーパーを生産しないのですか?」

Li Chuanggu氏「フン、お前ら待ってろよ……」

すでに半年過ぎていることからも、もうすぐ発売されるということに疑問はないですね。

中国では他の国と同じく、電子書籍リーダーといえばKindle一強という状態です。Kindleは658人民元(約10000円)で、4GBのストレージ、バックライト付きというスペックで販売されています。

Xiaomiが価格でどれだけアドパンテージを得られるのか、充実した書籍やアプリを準備できるかが勝負どころでしょう。

なお、日本での発売の可能性、日本の書籍に対応する可能性はほぼ無いでしょう。ただ、価格と仕様によっては優秀なPDFリーダーとして使えるかもしれません。

Source : Gizmochina快科技

フォローする

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。メインはiPhone7でサブはズルトラ。 スマホ以外にカメラをやっているのでカメラに関する記事もバンバン書きます。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.17 17:00 ID:f23dcfaf7 返信

    https://inudaisho.hatenablog.com/entry/20190517/1558019535
    こんな記事ありますよ