vivo iQOO 5のレンダリング画像がリーク【左パンチホール】

vivoのゲーミングラインであるiQOOの新型スマートフォン、iQOO 5のレンダリング画像がリークされました。iQOO 5は120Hzリフレッシュレートに対応したディスプレイや、それに備わるパンチホール型カメラなどが特徴になるもようです。

vivo iQOO 5は、8月17日に発表予定で、120W充電対応することが確実視されています。

vivoはiQOO 5の発表を8月17日に行うことを明らかにしました。 iQOO 5は120W充電に対応したス...

パンチホールは左に変更か

今回リークされたのはiQOO 5のレンダリング画像が一枚、そしてチップセットについてのティーザー画像です。

レンダリング画像のiQOO 5はディスプレイを前面にした外観のみとなっていますが、パンチホール型カメラが左上に配置されていることが確認できます。また、ディスプレイはエッジを描くフォルムが特徴です。電源ボタンと音量ボタンは左側にそれぞれ配置されていることが分かります。

vivo iQOOではこれまでにエッジディスプレイを採用した機種がなかったため、iQOO 5には新鮮味を感じれます。

SD865・LPDDR5・UFS 3.1のキーワード

もう一つのティーザー画像には、QualcommのSnapdragon 865が大きくデザインされています。この時点でチップセットがSnapdragon 865になることは確定でしょう。

また、「LPDDR5」と「UFS 3.1」というキーワードも含まれています。これは内蔵メモリ(RAM)がLPDDR5規格のものになり、内蔵ストレージはUFS 3.1規格であると意味しているのでしょう。

LPDDR5の内蔵メモリはGalaxy S20シリーズなどにも採用されています。

120W超高速充電はたった15分で完了

120Hzのリフレッシュレートに対応したゲーミングにも向いたディスプレイを採用するほか、120Wの超高速充電も可能になっていると言います。

ディスプレイはサムスン製のFHD+のものが使用されるとリークされています。120Wの充電については、15分間で4,000mAhあるバッテリーをフルに充電することができるスピードを誇ります。15分と言えば、起床してから自宅を出るまでの時間でスマートフォンをフルに充電することができてしまうということです。

2019年になってから姿を現すようになったパンチホール型カメラを搭載したスマートフォン。各メーカーや機種によってパンチホール...

Source: Weibo, GizChina

フォローする

Writer

Sekey
コロナでさびしいのでTwitterでたまにつぶやくことにしました。 Twitter @STelektlist

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.08.08 12:30 ID:e4a1ab303 返信

    起床して自宅に出るまで15分という、外見には無頓着なSekeyくんによるチー牛スタイルにはピッタリですねw

    • 匿名 2020.08.08 12:34 ID:94172b85b 返信

      何言ってんだお前

    • Sekey 2020.08.08 13:17 ID:783e9513a 返信

      TiQOO…

      • 匿名 2020.08.08 13:33 ID:5a7a887c5 返信

        うまい

      • 匿名 2020.08.08 16:04 ID:7cfb92e65 返信

        別にうまくはない

  2. 匿名 2020.08.08 12:36 ID:94172b85b 返信

    スペックは3と同じような感じに見えるな
    neo3がスペックだけの微妙な感じやったから、5には期待したい

    なおOS

  3. 匿名 2020.08.08 18:15 ID:086b39297 返信

    これで有機ELかつ5万円台だったら最強
    まぁ厳しいだろうけど

    • 匿名 2020.08.08 18:52 ID:f0023eb78 返信

      スペックそのまま、エッジディスプレイになって値段だけ上がるとかはやめて欲しいな…
      それ以前にソフトウェアが***だからグロ版来るかどうかか