vivoがヨーロッパに進出【X50 5Gなど4機種を販売開始】

国際市場に参入してから6年、vivoがとうとうヨーロッパに進出します。ミドルハイモデルのvivo X51 5Gやライトユーザー向けのvivo Yシリーズを引きさげて、イギリスを始めとしたヨーロッパ市場に参入です。

まずは様子見か

ヨーロッパと言っても、スウェーデンやボスニア・ヘルツェゴビナなど様々な国がありますが、今回vivoが参入したのはドイツ、ポーランド、スペイン、フランス、イタリアの5ヵ国とイギリスです。

参入に伴い発表したのは、vivo X51 5G(vivo X50 Proのリブランドモデル)とvivo Y70、Y20s、Y11sの計4機種。内の最初の3機種は既に他の市場にて発表されていますが、最後のY11sはSnapdragon 460、5000mAhバッテリー、6.51インチHD+ LCDディスプレイ搭載の新モデルとなっています。同社の最上位モデルはvivo NEXシリーズですが、こちらの投入は今回はありません。

VivoからVivo NEX 3sが正式に発表されました。Snapdragon 865とFuntouch OS 10に加え、新しいス...

また、vivoはより多くの消費者にスマートフォンを届けるため、ヨーロッパ中のキャリアや販売者と協議中であり、将来はスマートフォンだけに限らず他のスマート製品を展開する予定だとのこと。

Funtouch OSはより素のAndroidに近く

vivo X21 FIFA World Cup Edition 画像:Gizbot

vivoは今回、ヨーロッパのフットボールのチャンピオンズリーグ、UEFA(2020と2024年)とのパートナーシップ契約を結んだことも明らかにしており、vivoが過去にFIFAとのコラボモデルを出していることを考えると、今回も同様にUEFAとのコラボモデルが出るのかもしれません。

さらに、ヨーロッパの消費者のニーズに合わせるため、vivoのカスタムOS「Funtouch OS」のインターフェースをより素のAndroidに近づける予定もあるとのこと。同OSは、癖が強いことが有名でしたが、これを機により扱いやすいものとなりそうです。

vivo iQOO Neo 855は2019年11月に発売されたゲーミングスマホです。 vivo iQOO Neoのアップグレ...

日本進出にも期待

現在、vivoは30以上の市場に進出しており、全世界において約9%のシェアを誇ります。今回参入したヨーロッパ市場には、スマホ投入からまだ2年ほどのOPPOやXiaomi(アクセサリーは2015年から)など、他の中国メーカーも存在。特にXiaomiはヨーロッパで絶好調であり、今後、同社が競合他社を相手にどのように戦っていくのか注目です。

Xiaomiが第二四半期(2020年4月〜6月)の決算を発表しましたが、特にヨーロッパ事業の堅調さが目立っています。Xiaomiのヨ...

また、vivoは日本に開発拠点を設けており、ヨーロッパ市場進出から日本進出となったXiaomiのように、日本上陸となるのか期待したいですね。

Vivoの新機種を日本人がデザインすることになるかも...? 中国のスマートフォンメーカー、Vivoが東京の新橋駅付近に事業拠...
近年、スマートフォンの充電速度は劇的に向上しており、各メーカーは我こそはと最速を目指し熾烈な競争を繰り広げています。そんな中、viv...

Source:GSMArena

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.10.26 17:33 ID:9aaa1e9de 返信

    二文目だけど、UKを他から分けてるのはEU離脱した英国への皮肉ですか?

  2. V-fans 2020.10.27 00:01 ID:00d77ae14 返信

    日本進出は、、、早くて来年かなぁ、まぁXiaomiみたいにグダグダになりながらでの進出より整えてからきてくれた方が嬉しいけど
    ストックROMに近づけるってことはZTEみたいな感じかな〜欧加系ブランドとの差別化だろうか
    ソフトウェアがクセ強いと万人に受けづらいから良いと思う

  3. 匿名 2020.10.27 11:25 ID:7337cee76 返信

    インターフェースを近づけるってそこじゃないんだよなぁ
    アカウント登録しないとランチャーすらまともに変えさせないと所とか色々あるでしょう