ソニースマホ事業、Xperiaの販売台数は減少も10億円の黒字に【2019Q1】

3年間の赤字を経て、ソニーのスマホ事業が巻き返しを見せています。続く不調にスマホ事業からの撤退が叫ばれていましたが、2019年度Q1の業績決済では営業益を10億3900万円と発表しました。

昨年の2018年度Q1が108億円の赤字だったことを考えると緩やかながら見事な回復と言えるでしょう。オペレーションコストと呼ばれる店舗経営のコストを削減し、黒字化しています。

一方で、売上高は1005億円となり前年に比べ15%(298億円)マイナスとなっています。原因はスマートフォンの販売台数低下であり、それはこれからも続くとのこと。Xperia 1が話題になっていることを考えると意外な印象を受けますね。

ソニー銀行の立ち上げに携わった専務CFOの十時裕樹氏は、「海外向けのミドルレンジモデルの販売台数が伸びていない。国内では今秋からの端末代金と通信量の分離にむけ、顧客である各キャリアが慎重になっている」と発言しています。

海外向けのミドルレンジモデルというと、Xperia 1に先駆けて発売された同型のXperia 10Xperia 10 Plusのことでしょう。推測ですが、21:9という細長いディスプレイの魅力がうまくプロモーションされなかったのかもしれません。

これまで赤字を抱えてきたソニーのスマホ事業。今後も事業を継続させていくにあたり、スマートフォンそのものの売り上げによる利益化が望まれます。コスト削減と合わせて、今後の動向に注目が集まります。

このレビューは2019年2月に発売のソニー製スマホ「Xperia 1 SOV40」のテレクトリスト読者による実機レビューです。 ...

Source: engadget.com

フォローする

Writer

tokui
新人ライターtokuiです。海外ガジェットYouTuberが好きで、暇があればレビュー動画を見ています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.08.06 16:26 ID:b0a49bf58 返信

    狙い通りであり、当然の結果といえますが課題がなくなったわけではありません。
    アフリカ、中東、東南アジア、中南米から撤退し、遂には韓国からも撤退。
    今後も撤退エリアが広がるなら世界的知名度は下がるばかり。

  2. 匿名 2019.08.07 01:33 ID:83cd1cc6a 返信

    2017年スマホ世界販売台数
     サムスン  3億1770万台
     アップル  2億1580万台
     ファーウェイ 1億5420万台
     ソニー     1370万台

    2018年スマホ世界販売台数
     サムスン  2億9230万台
     アップル  2億0880万台
     ファーウェイ 2億0600万台
     ソニー     650万台

    • 匿名 2019.08.07 03:25 ID:65a720802 返信

      アンチ必死だなぁ…

    • 匿名 2019.08.07 08:20 ID:778ce78f9 返信

      シュバりかた草

  3. 匿名 2019.08.07 09:51 ID:817fb985b 返信

    やはりXZ2とXZ3が黒歴史だったか…?
    ソレ以前にカメラの性能がイマイチすぎるんだけどねぇ

  4. 匿名 2019.08.07 10:54 ID:fd695859a 返信

    SONYの記事だけ毎回誹謗中傷する為に生きてるようなネット戦士(笑)が湧いてるの草生える。
    ネット戦士(笑)は中華スマホ使ってそうw

    • 匿名 2019.08.07 11:40 ID:60929e833 返信

      ネット戦士(不自然な日本語を使って同業他社メーカーを賞賛する頭あれな人)

      ソニーアンチって色んなサイトでコピペ貼ってネガキャンしまくってるし
      シュバり方からしても同業他社(日本人とは限らない)でしょ。

  5. 匿名 2019.08.07 11:29 ID:e966af1cd 返信

    えっ売上台数落ちてんの?

    • 匿名 2019.08.07 11:37 ID:60929e833 返信

      2018年までは落ち込んでたけど2019年は上がってる。

      • 匿名 2019.08.07 12:05 ID:e966af1cd 返信

        >一方で、売上高は1005億円となり前年に比べ15%(298億円)マイナスとなっています。原因はスマートフォンの販売台数低下であり、それはこれからも続くとのこと。

        ってあるけど違うの?
        数自体は増えてるけど見込みに届かなかったとかそういう事?

        • 匿名 2019.08.07 12:44 ID:1aabc8675 返信

          A店は1日に10杯しか売り上げのない牛丼屋です。
          1ヶ月で300杯

          B店は1日に100杯の売り上げがある牛丼屋です。
          1ヶ月で3000杯

          300杯+3000杯=3300杯
          赤字経営だったA店を閉店したとします。
          そうすると3300杯から3000杯に売り上げが落ちますが、赤字店の維持にかかっていた経費が減らせるので黒字に転換できます。

          • 匿名 2019.08.07 20:23 ID:e966af1cd

            黒字の理由は分かってるので結構です