Huawei nova 7シリーズが4月23日に発表か【新型SoCも登場】

前モデルのnova 6 5G

P40 liteのリネーム版nova 7i(※)でお馴染みのHuawei novaシリーズに、新しい3モデルが追加されることになりそうです。

これによって、nova 5シリーズのような幅広いモデル展開が実現することになるでしょう。

(※)「nova 7i」はマレーシアやシンガポール国内での名称で、中国国内では「nova 6 SE」、ヨーロッパでは「P40 lite」というネーミングになっており、地域によって名称が大きく異なるため注意が必要です。今回リークされたnova 7シリーズは中国国内向けのため、nova 7iとは別ラインのシリーズと捉えても問題ないでしょう。

登場するのは全3モデル

中国の有名リーカー”张安数码君”氏によると、新しいnova 7シリーズはnova 7 SE、nova 7、nova 7 Proの3モデル構成となる模様。細かいスペックは異なりますが、共通点として全機種が5Gに対応します。

nova 7 SE

新たに登場する3モデルの中で最下位モデルに当たり、SoCにKirin 820を搭載するとみられています。Kirin 820はミドルハイ程度のスペックを持つSoCで、5Gモデムを内蔵していることが大きな特徴です。

予想価格は、2000〜3000元(3万円〜4万5000円)です。

nova 7

nova 7は今回登場する3モデルの中では中間に値するスペックで、SoCにはKirin 985を搭載する模様。

Kirin 985はKirin 820とKirin 990の間に当たる性能とされているSoCで、Kirin 990無印と同様に5Gモデムが統合されていません。そのため、nova 7 ではBalong 5000を外付けするとみられています。

予想価格は3000人民元(約4万6000円)で、Nova 6とほぼ同じ値段です。

ちなみに、Kirin 985は以前より存在が確認されていたプロセッサーです。去年の9月に行われたHUAWEIのAIプロセッサー”Ascend 910″発表時のスライドに登場しており、当時はKirin 990とKirin 985の違いが「5Gベースバンドを統合しているかどうか」に過ぎないのでは?という声もありました。

nova 7 Pro

nova 7 Proは、前モデルのnova 6 5Gと同じような位置づけのハイエンドモデルとなります。SoCはKirin 990 5Gを搭載するとみられています。

nova 6 5GではKirin 990無印+Balong 5000という構成でしたが、Nova 7 Proでは5Gモデムを内蔵したKirin 990 5Gに置き換わっていることに注意が必要です。

予想価格は、3500〜4000人民元(5万4000〜6万1000円)です。

コストパフォーマンスに期待

P40シリーズと同様、シリーズ全てが5Gに対応するnova 7シリーズ。デザインなどは明らかになっていませんが、SoCのスペックから判断すると、高いコストパフォーマンスになるのではないでしょうか。

なお発表は4月23日、発売は27日からとのこと。3月に続いて4月も新機種の発表ラッシュが続きます。Honor 30にOnePlus 8、そして新型iPhoneまで、スマホマニアにとっては目が離せない1ヶ月となりそうです。

既に数々のリーク情報が出ているOneplus 8 / 8 Pro。今回はリーカーのRoland Quandt氏により、カラー...

Source:张安数码君,teme,手机中国

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.04.08 16:43 ID:bf2b23692 返信

    Honorとスペックは同じなのかな?

  2. 匿名 2020.04.09 12:14 ID:2f6055980 返信

    超広角が1600万画素以上あればそれで良い…