【SMS付き格安SIM】1,000円以下で運用可能なプランまとめ

格安SIMをキャリアのスマホのように使いたい場合は、必ずしも音声通話SIMを選ぶ必要はありません。LINE、Google Duo、FaceTimeオーディオ、Facebookメッセンジャー、Skypeなど、電話の代替となる通話アプリはたくさんあるからです。ただし、これらのアプリを使うためには電話番号認証を行う必要があるので、SMS付きのSIMを選ぶ必要があります。

さらに、外出先では公衆無線LAN、自宅ではホームルーターに接続すれば、通信容量も節約できます。今回は、新規加入可能なMVNO36社の中から、月額料金が税込1,000円以下で運用できるおすすめのSMS付き格安SIMを徹底調査しました。

1,000円以下で運用できるSMS付きデータ通信SIM

SMS付きデータ通信SIMを提供しているMVNOのプランを表にまとめました。いずれも税込1,000円以下で利用できるものを厳選しています。

MVNO名 プラン名 通信容量 月額料金(税込)
LINEモバイル LINEフリー 1GB 669円
楽天モバイル ベーシックプラン 無制限 696円
QTモバイル データ(SMS付き)コース
au回線
1GB 0~12ヶ月目:756円
13ヶ月目以降:864円
3GB 0~12ヶ月目:864円
13ヶ月目以降:972円
LIBMO ライトプラン 無制限 669円
J:COM MOBILE データ通信のみ
(音声通話なし)
3GB 972円
b-mobile 190PadSIM
SMS付SIM(ドコモのみ)
100MB 346円
1GB 659円
BIC SIM ミニマムスタートプラン
タイプA
3GB 972円
nuromobile データ+SMS
お試しプラン(D)
0.2GB 486円
データ+SMS
Sプラン(D)
2GB 918円
データ+SMS
お試しプラン(A)
0.2GB 702円
 DTI SIM データSMSプラン 1GB 810円
LinksMate データ+SMS
SIMカード
1GB 540円
ヤマダニューモバイル データ通信専用SIM
(SMSあり)
シンプルプラン
(200kbps)
697円
 G-Call SIM
(国内用)
データ専用
+SMS対応SIM
0GB
(200Kbps)
691円
1GB 853円

1,000円以下で運用できるSIM(+SMSオプション)

こちらは、データ通信SIMに有料のSMSオプションを付けることで、SMS付きデータ通信SIMとして運用できるMVNO及びプランです。回線の種類によっても月額料金が異なってきますが、ほとんどのMVNOでは、au回線の月額料金が無料です。

なお、後からSMSオプションを付けられないプランもあるので、申し込みの際には必ずオプションを付けるようにしましょう。

MVNO名 プラン名 通信容量 月額料金(税込) SMSオプション
(税込)
DMMモバイル シングルコース
(データ通信SIMプラン)
ライト
(無制限)
475円 162円
1GB 518円
2GB 831円
イオンモバイル データプラン 1GB 518円 151円
2GB 842円
mineo auプラン
シングルタイプ
500MB 756円 無料
3GB 972円
ドコモプラン
シングルタイプ
500MB 756円 129円
QTモバイル データコース
ドコモ回線
1GB 0~12ヶ月目:756円
13ヶ月目以降:864円
151円
U-mobile U-mobile
データ専用
ダブルフィックス
(~3GB)
1GB以下:734円~
1GB以上:972円
162円
Exciteモバイル 最適料金プラン
1枚コース
低速通信のみ 540円 151円
500MB 680円
1GB 713円
2GB 832円
定額プラン
1枚コース
0MB
(200kbps)
702円
1GB 724円
2GB 832円
ロケットモバイル Dプラン(ドコモ)
データプラン
神プラン
200kbps
322円 162円
1GB 637円
2GB 745円
Tikimo SIM
(TikiTiki)
シングルプラン
(タイプD)
バンドル
クーポンなし
691円 151円
1GB 832円
シングルプラン
(タイプA)
バンドル
クーポンなし
691円 無料
1GB 832円
3GB 950円
hi-ho SIM エントリープラン
SMS機能対応SIM
2GB 832円 151円
WirelessGate SIM データ通信専用SIMサービス
480円プラン
無制限
(250kbps)
481円 150円
トーンモバイル ServersMan SIM LTE 無制限
(500~600Kbps)
648円 154円

どのプランが一番お得?

今回調査した結果をまとめると、以下の通りです。

■通信速度はあまり気にしない! とにかく安く抑えたいなら…

1位 b-mobile 190PadSIM SMS付SIM(ドコモ回線)⇒346円

2位 ロケットモバイル Dプラン 神プラン データプラン+有料オプション(ドコモ回線)⇒484円

3位 nuromobile お試しプラン データ+SMS(ドコモ回線)⇒486円

■高速データ通信を利用したいので容量もほしい! コスパを重視するなら…

1位 QTモバイル データ(SMS付き)コース 3GB(au回線)⇒864円

2位 Tikimo SIM シングルプラン(タイプA)3GB(au回線)⇒950円

3位 mineo auプランシングルタイプ 3GB(au回線)⇒972円
QTモバイル データ(SMS付き)コース(au回線)⇒972円
J:COM MOBILE データ通信のみ+有料オプション(ドコモ回線)⇒972円
BIC SIM ミニマムスタートプランタイプA(au回線)⇒972円

なお、ソフトバンク回線を提供しているMVNOは増えつつありますが、基本的に割高ということもあり、1,000円以下で運用できるSIMは現状ではLINEモバイルのLINEフリープランしかありません。今回の調査を、ぜひSIM選びの参考にしてみてください。

フォローする

Writer

森野 沙織
スマホとパソコンが大好きなライター。ガジェット大好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します