【貿易戦争】米iPhone XRが2万円近く値上がりする?

Appleはついに関税の波に飲まれてしまうのでしょうか。

今後アメリカが中国に関税を高めていくならば、Appleは値上げせざるを得ないでしょう。その場合、iPhone XRは160ドル程度、日本円にすると約2万円も値上げされることになると言われています。

今記事では、米中貿易戦争がAppleに与える影響について解説していきます。

トランプ大統領、25%の関税を発表

5月10日、ホワイトハウスは中国から輸入される「2500億ドルの製品に対して25%の関税」をかけることを発表。これまでの10%関税に15%上乗せされたことになります。

幸いなことに、この新たな関税の中にAppleの製品は含まれてはいませんでした。今回は貿易戦争の影響を回避することができたわけです。

しかし、もうAppleはこの争いから逃れることができないかもしれません。トランプ大統領は合意に達しない場合、さらに「3500億ドルの輸入製品に25%の関税」をかけることを発表したのです。

こうなった場合、AppleのiPhoneもその製品グループに含まれるだろうと予想されています。

貿易戦争とApple

Appleは自社製品をアメリカで設計しています。しかし、実際の製造・組み立てを行っているのはFoxconn(鴻海精密工業)や、PEGATRONといった台湾企業の中国工場です。

そのため、iPhoneは中国からの輸入製品としてみなされています。

トランプ大統領は以下のようなツイートをしています。

ここで大統領は「中国との対話を焦る必要はまったくない。なぜなら、今や中国は2500億ドル分の製品に25%関税を払っているからだ」と述べています。しかし、正確にはこの一文は正しくありません。

「実際に関税を支払うのはアメリカの企業も含まれる一方で、中国政府自体が関税を支払うことはない」からです。

今後、iPhoneが新たな関税に含められることになった場合、Appleは2つの選択肢を迫られます。「iPhoneの価格を変えずに利益を減らす」のか、「関税による税金分を転嫁した値上げを行う」のか。

もし関税分全てを値上げに転嫁するとすれば、iPhone XRは160ドル(約17000円)も値上がりします。値上げを行った場合は間違いなく販売台数も減少するので、結局どちらの選択肢を採ってもAppleにとっては苦しい展開です。

まとめ

米中貿易戦争はいよいよ消費者に直接ダメージを与えるようになるかもしれません。Appleはこの事態にどのように対処するのでしょうか。ナスダックでは貿易戦争の影響と直近のiPhoneの販売台数低下を嫌気して、Apple株は5月に入ってから10%近く下落しています。

米国証券取引委員会(SEC)に提出された決算書によると、AppleはiPhoneの売り上げが全地域で減少していることを認めています。...

Source:Phonearena

フォローする

関連記事

Writer

youamound.K
駆け出しライター。現在の愛機はOneplus6。去年の11月に38000円と格安で購入でき、とても気に入っています。

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.16 21:27 ID:1270a3eaa 返信

    中華スマホの末路だな

  2. 匿名 2019.05.16 21:29 ID:2c5cdd7db 返信

    Appleはどうするのか

  3. 匿名 2019.05.16 22:47 ID:c4066b0d1 返信

    既に販売している製品はともかく、利益至上主義の現Appleが新製品の関税分を被るとは考えにくいでしょう。
    更なる付加価値をつけ、価格の妥当性を訴えるのでは。

  4. 匿名 2019.05.17 11:31 ID:770f0e1d8 返信

    ただでさえコスパ最悪なのに2万も値上がりしたら終わるわ

  5. 匿名 2019.05.17 12:23 ID:57696337b 返信

    250 Billion dollar って2500億ドルのことでは?