MIUIの特徴・機能を徹底解説【Xiaomi】

Xiaomiのスマートフォンに採用されているAndroidをベースとしたカスタムOSのMIUI。Pixelスマートフォンなどに搭載される、GoogleによるピュアAndroidと比べて違う点も多いこのMIUIを記事内で徹底解説していきます。

iPhoneとは違いAndroidスマートフォンではメーカーと機種によってOSの使い心地や見た目が大きく違っています。スマートフォンの購入時には、スペックだけでなくOSとの相性も考える必要があります。この記事を通して、Xiaomi系スマートフォンを購入する前でもざっくりとMIUIのイメージを掴むことができます。

※この記事では最新のMIUI 12(MIUI 12.0.2)をもとにした解説のため、過去のバージョンとは異なる部分があります。POCO系のMIUIをもとにしているため、ピュアMIUIとは細かい部分が異なる場合があります。

サムスンがこれまでのノウハウをもとに改良を重ねたカスタムOSがGalaxyに搭載されている「One UI」。スマートフォンの大型化ト...
Color OSは中国のスマートフォンメーカー「Oppo」によって開発されたAndroidベースのカスタムOSです。基本的な操作感や...

ホーム画面

アイコンはフラットでモダンなデザイン

MIUIテーマ:リミットレス

MIUIテーマ:クラッシック(標準)

アイコンデザインは機種やユーザーの選択したMIUIテーマによって違います。MIUIテーマはクラッシック(標準)とリミットレスの二種類が初期状態では選べるようになっていますが、これはどのタイミングでも設定から変更ができます。

MIUIの良さは、アイコンデザインが常に一貫していることになるでしょう。悪く言えば真新しさがないですが、ユーザーにとってはアップデートを繰り返しても慣れ親しんだデザインに触っていられるという良さがあります。

カスタマイズ性の高いホーム画面

ホーム画面の細かいカスタマイズは、設定の「ホーム画面」からできるようになっています。ランチャーの選択やページ毎のアプリ表示レイアウトがここから可能です。

アプリのアイコンに表示される通知バッジですが、これは数字(通知件数)か円(通知件数の表示はない丸形バッジ)の二種類のオプションから選択ができます。

レイアウトをロックしてアプリの誤削除を防ぐ

MIUIの独自機能として注目すべきは、ホーム画面設定の「ホーム画面のレイアウトをロック」というものです。この項目を有効にしている場合、ホーム画面上のアプリを長押しして位置を変更することも、アプリをアンインストールすることもできなくなります。

寝ぼけたり酔っ払って大事なアプリをうっかりとアンインストールしてしまう「あるある」や、こだわっているアプリのレイアウトがごちゃごちゃになる等のトラブルを防ぐことができます。このトラブルはアイコンサイズが大きいiOSで良くあるものですが、この機能は他社も採用すべきでしょう。

ドロワー表示はオン/オフが可能

このドロワーは設定からオフにすることも可能です。

Google PlayストアからPOCO LauncherというPOCO系向けのランチャーをインストールすることで、MIUI標準とは違うカスタマイズもできます。POCO Launcherではドロワー内のアプリをアイコン色で分けて表示させるなどの機能も利用できます。

スイッチャーは完全に異なるスタイルが特徴(注意)

タスクスイッチャー・アプリスイッチャーなどの呼ばれ方をする、アプリの切り替えや一覧表示ができるこの画面。カスタムOSであるOppoのColor OSやGalaxyのOne UI、HuaweiのEMUIなど、多くではピュアAndroidと変わらない横にスライドさせるスタイルを採用しています。最新のMIUIではアプリを縦かつ二列に並べて表示するスタイルであることが特徴です。これはMIUIでしか見られない珍しいスタイルで、最初は慣れるのに時間がかかるでしょう。

縦二列表示のため、最上段の左側にあるアプリには親指では操作がややしずらいです(右利きの場合)。ただ、一つのページに最大四つのアプリを表示できるため使い方によっては便利です。

左上には「画面分割」用のボタンが配置されています。Androidスマートフォンの人気機能である画面分割がここまで分かりやすくなっているのはMIUIだけだと言えます。加えて、クリーナーやセキュリティスキャンなどのボタンも配置されており、スマートフォンの扱いに慣れていないユーザーにはとてもフレンドリーな作りです。

設定画面・標準アプリ

設定画面

設定画面はColor OSやEMUIとでとても似ています。ただし、二つとは異なりWiFiなどの通信系項目よりも前に(上に)「デバイス情報」と「システムアプリアップデーター」、「セキュリティ状況」の三つの項目が配置されているのはとても評価できます。これは旧バージョンのMIUIから変わっていません。特にデバイス情報は設定画面でも開くシーンが多いかつ見つけにくい場合があるため、このように分かりやすい位置にあるのは嬉しいポイントでしょう。

通知バー周り

ボタンのサイズは小さくも大きくもありません。ボタンの上部にある時計はフォントもエレガントで大きく見やすいです。ボタンの並び順序は変更できますが、一ページに表示する数(グリッド数)は変更できないようになっていました。EMUI 11とそっくりのため、Huaweiユーザーは違和感なく使えるでしょう。

通知をホーム画面から確認したい場合は、画面のどこをスワイプダウンしても呼び出しが可能となっています。Xiaomiの機種は本体サイズが大きいものが多いため、片手でも通知バーにアクセスしやすいのはポイントです。

右から左へスワイプしても通知を消すことはできない

なお、通知を消す場合はその通知を左から右へスワイプしなくてはいけません(=右から左のスワイプでは通知を消せない)。右から左へのスワイプだとスヌーズと通知個別設定のボタンが見える仕様で、慣れないと非常に使いにくいでしょう。通常のAndroidのように操作していると、通知が消せないという事態が起きるので注意が必要です。

通知系の設定がとてもシンプルで分かりやすい

通知だけでも、ロック画面に表示される時の設定、フローティングでの設定、そして通知バッチの設定と三つに分類がされており、非常に分かりやすいです。

Androidスマートフォンはカスタマイズが細かくできる分、一般ユーザーには扱いが難しいというイメージが持たれています。しかし、MIUIは各設定項目のサイズのコントラストによって、誰にでも分かりやすいインターフェイスに仕上がっていると感じます。

標準アプリ例1 写真アプリ

標準アプリの一つ目として取り上げるのは写真アプリ(ギャラリー)です。アプリを立ち上げた時には写真とアルバムの二つのスタイルで写真や動画を分類して確認することが可能です。このスタイルはOppoのColor OSと全く同じです。Color OSと違い、MIUIではグリッドの大きさ(写真アイコンの大きさ)をピンチアップ・アウトで変更できるようになっているのがポイントです。

  • アルバム一覧のページでは、リストビューとグリッドビューで表示の切り替えができる。横画面表示にも対応しており、使い勝手は良い。
  • 写真アプリからの自動同期にも対応しているが、これはXiaomi Cloudのみ利用できる。
  • アルバムを隠すこともできるので、いろいろな使い方ができそう。
  • 削除した写真・動画などは一度ゴミ箱へ移動される。ゴミ箱には30日間までは自動保存されるようになっている。

標準アプリ例2 天気アプリ

天気アプリは必要な情報だけが一目で確認できるようになっています。これはこれまでのMIUIから変わっていません。ただ、気温の表示はフォントサイズも大きくなり、配置も真ん中に変更されています。スワイプダウンすることで降水確率などの詳しい情報にも到達できます。

気温と天気(記号)だけが知りたいようなユーザーも多い中、ここまでシンプルなのは気に入りました。

広告は気になる人もいるだろう

※広告のクリーンアップは完了していません

MIUIの最大のマイナスポイントは広告と言えるでしょう。

Google Playストアからアプリをインストールした際、自動でセキュリティスキャンが行われますが、同時に広告の表示も毎回されます。そのほか、テーマストアやミュージックアプリ、セキュリティスキャンアプリ、クリーナーアプリなどXiaomi系のアプリで広告が表示される仕組みです。アダルト系広告は確認できませんが、広告のサイズは大きい場合もあり、全画面表示型も存在します。

MIUIの広告をどう捉えるかは個人によって異なってくるでしょう。Xiaomiスマートフォンの使用の前に広告関係のプライバシーポリシーを確認するなどの対策はできます。

ビジュアルで見る本体データ

Xiaomi「ガジェットマニアってこういうのが好きなんでしょ?」

ストレージの内訳やバッテリー使用料をグラフで確認できるなど、本体データを分かりやすくまとめられているのがMIUIです。各データのアニメーションも凝っており、完成度がとても高いと感じます。

特にストレージの内訳を見せる積み上げ棒グラフはギークなユーザーにとっては好奇心をくすぐる見栄えです。

セキュリティ機能

「パスワードとセキュリティ」では、ユーザーが設定したロック解除の認証方法を一目で確認できるようになっています。「プライバシー」の項目からも本体のセキュリティ状況が分かりやすく表示されています。

また、「プライバシー保護」では、アプリによる位置情報や連絡先、ストレージへのアクセスなどの状態を一度でつかめるようになっています。どのアプリが本体のどんな情報にアクセスしているのかが分かり、ユーザーは本体のセキュリティを管理することができます。

クリーナー機能、セキュリティスキャン機能の両方がスイッチャー部分からアクセスできるようになっています。これにより、ユーザーが誤って危険なクリーナーアプリやセキュリティアプリをGoogle Playストアなどからインストールしてしまうリスクが減らせます。ユーザーがこの二つの機能に気づかずに、別途アプリをインストールすることは稀だと予想されます。

また、これは本体のセキュリティというよりユーザーの身のセキュリティになりますが、緊急SOSという機能は安心感があります。電源ボタンを5回素早く押した時に位置情報とSOSテキストメッセージを登録した緊急連絡先に送信ができます。

バッテリー関連

バッテリー関連では、バッテリーの持ちを良くするための「バッテリーセーバー」や「ウルトラバッテリーセーバー」などの機能が利用できます。また、過剰に電力を消費しているアプリをスキャンで特定したり、電力を節約するための設定調整をさせることも可能です。

また、デバイスをロックした後、指定した時間の経過後にモバイルデータをオフにするなどの細かい設定もできるようになっています。

コントロールバーにあるバッテリーアイコンは、設定画面の「ディスプレイ」ー「コントロールセンターと通知シェード」から変更ができ、三種類のアイコンから選べるようになっています。標準のアイコンに加えて、iOS(一部機種)のようなバッテリー残量のないシンプルなアイコンや、バッテリー残量の文字が大きくて見やすいアイコンも選択できます。

カメラ関連

倍率の切り替えやモードの切り替えもシンプルで分かりやすくなっています。このスライダー部分に表示する項目はユーザーで編集することが可能で、夜景モードやパノラマモードなど、よく使うモードを追加するなどの使い方ができます。

ただし、48MPや64MPなどの高解像度モードは「もっと見る」からアイコンをタップする必要があるので、この機能に気づけずにいるユーザーも存在すると予想できます(標準設定の場合)。フィルターを使うためのボタンやGoogle Lensへ簡単にアクセスできるボタンもあり便利です。

MIUIのカメラ関連で筆者が問題に挙げたいのはウォーターマークです。ウォーターマークは画像のような「この写真はRedmi Note 8という機種で撮影しました」というクレジットのようなものです。

Xiaomiはこのウォーターマークを標準でオンにさせている唯一とも言えるメーカーですが、これは標準でオフにされているべきでしょう。ユーザーが設定からオフにすることも、マークを撮影後に取り除くことも可能ですが、「ウォーターマークの消し方が分からずにずっとオンのまま」というXiaomiユーザーを筆者は多く見てきました。


業界でもOPPOやHuaweiなどに並んでトップレベルの人気を誇るXiaomi。そんなXiaomiのスマートフォンに搭載されるMIUIはユーザーの使いやすさを考えた様々なカスタマイズや機能が加えられています。辛口になってしまった部分もありますが、MIUIがどんなものか読者のみなさんに伝わる記事となっていればうれしいです。

2020年9月にPOCOより登場した新型機種POCO X3 NFC(以下POCO X3)。二万円からという価格設定でありながら、今年...
こんにちは、telektlistライターのsekkenです。さて今回は、Xiaomiから発売されている最新のミドルレンジ機種、Red...

フォローする

Writer

Sekey
Galaxy A50sからA51に機種変更しました

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.10.18 20:15 ID:a4607f2ae 返信

    アプリ履歴画面や3ナビゲーションボタンの各種カスタマイズといった独自機能もめっちゃ好き

  2. 匿名 2020.10.18 20:20 ID:2ce184203 返信

    使いにくそ〜…

    • 匿名 2020.10.19 00:04 ID:ec1c1872d 返信

      これが意外と使いやすい

      • 匿名 2020.10.19 03:34 ID:c5990f618 返信

        慣れれば基本的にはどれも使いやすくなる

        • 匿名 2020.10.19 11:23 ID:d494a2d8f 返信

          個人的に一番使いやすい

        • 匿名 2020.10.20 10:08 ID:d060b999d 返信

          だから自分が慣れている今の現状を変えたくないってのはあるよね
          通信キャリアにしろ端末のメーカーにしろ

          そういうのを棚に上げて情弱とか無能みたいにいうやついるけど
          誰だって何かしらそうなのにねぇ

    • 匿名 2020.10.19 19:52 ID:a228ceb79 返信

      この記事では触れてないけど
      広告は消せるし、ナビゲーションバーが反転してたりするのは直せるから意外と使い勝手はいい

      ガチで面倒なのは、バッテリーセーバーが強力すぎて
      ADguardとかが電源切ると勝手に停止状態にされること

      • 匿名 2020.10.20 20:12 ID:c2d02d70b 返信

        アプリごとにバッテリーセーバー無効にできるよ

      • 匿名 2020.10.20 20:14 ID:c2d02d70b 返信

        あとアプリにロックかけとけば勝手にタスクキルされない

  3. 匿名 2020.10.18 20:34 ID:4a34ebdea 返信

    いちばんの驚きはSekeyさんがXiaomiの記事書いたことw
    せっかくなんでFuntouchもお願いします

    • Sekey 2020.10.18 21:59 ID:6cead5578 返信

      実はXiaomi機種はPocophone F1とPOCO X3だけ持っています!
      ファンタッチOSのリクエスト&私の認知ありがとうございます!

      • 匿名 2020.10.18 22:30 ID:4a34ebdea 返信

        いやーこの連載始まった頃にはファーウェイとかシャオミはさっぱり、ってお話だったので…
        情報収集抜かりなしですね
        MIUIは12になってジェスチャーに左右スワイプで止めるとアプリの切り替えができるようになって便利になりました

        • Sekey 2020.10.18 22:53 ID:6cead5578 返信

          そうでしたか、長く見て楽しんでもらえているようでうれしいです。ありがとうございます!
          サムスンだけでは飽きてきてしまい・・・次はInfinixに手を伸ばします!

          • 匿名 2020.10.18 23:39 ID:4a34ebdea

            伝音系ですか、聞いたことはありますが…
            バングラデシュにでも異動されるのかしら

          • Sekey 2020.10.19 00:23 ID:93293d1cd

            頑張って手に入れますw

  4. 匿名 2020.10.18 20:35 ID:34497fb0b 返信

    ナビゲーションバーの画面回転が使えないのが不満だなぁ

    • 匿名 2020.10.18 22:29 ID:592cccea3 返信

      そんなOSあるとしたらどこだ?

      • 匿名 2020.10.18 23:46 ID:a9b14dd67 返信

        HUAWEIのEMUIですね。

      • 匿名 2020.10.19 08:40 ID:f70fb87af 返信

        泥9からの標準機能だと思ってたんだが違うのかな?

      • 匿名 2020.10.19 17:49 ID:8ab0161e4 返信

        Android OSは9.0 Pieからずっと積んでる

  5. 匿名 2020.10.18 20:49 ID:41238df0e 返信

    普通にしてくれ
    使いにくかったからかなりカスタマイズして嫁にあげた

    • Sekey 2020.10.18 22:00 ID:6cead5578 返信

      嫁孝行ですね!

  6. 匿名 2020.10.18 21:01 ID:3a2330dd9 返信

    使い勝手はAOSPからそれなりに変わるけど、かなり作り込まれてはいるから、AOSPをちょっとだけ中途半端に改変したUIよりいいなって感じてる。
    毎週β版が更新されてるとかでちゃんと開発もしてるんだなって。

  7. 匿名 2020.10.18 21:11 ID:6287dd6a1 返信

    ソフトウェアの作り込みはOxygenOsとEMUIの二強だろうな〜

    • 匿名 2020.10.18 21:33 ID:7edd17878 返信

      Oxygenは中華の括りなら優れてる感

      • 匿名 2020.10.18 23:49 ID:6287dd6a1 返信

        正直中華以外で使いやすいのiosくらい

        • 匿名 2020.10.19 11:24 ID:d494a2d8f 返信

          iosはまじで神。iPhoneもとりあえずノッチ卒業してほしい

    • 匿名 2020.10.19 17:51 ID:8ab0161e4 返信

      GalaxyとOnePlus、ノーマルのAndroidが好き
      個人的にはiQOO OSに手を出してみたい

  8. 匿名 2020.10.18 21:54 ID:ba7d7611d 返信

    やっぱ通知が届きにくいんだよなぁ

    • 匿名 2020.10.19 11:25 ID:d494a2d8f 返信

      多分それmiuiのバッテリーせーバーでアプリの動きが制御されてるからかと

  9. 匿名 2020.10.18 21:56 ID:a9f96cce3 返信

    どっちも持ってるけど最近のColorOSが急に使いやすくなってきてるからなんとなく影薄い
    というかColorOS7は別枠で記事書き直していいレベル

    • Sekey 2020.10.18 22:00 ID:6cead5578 返信

      Color OS6と7は全然違いますね。かなり完成度上がっています!

  10. 匿名 2020.10.18 22:03 ID:e26663057 返信

    >MIUIの独自機能として注目すべきは、ホーム画面設定の「ホーム画面のレイアウトをロック」というものです。

    この機能、今使ってるOne UI 2.1(国内版Note9)にもあるんだが…

    • Sekey 2020.10.18 22:57 ID:6cead5578 返信

      GalaxyにもExperienceぐらいの時代からあった機能ですね。

  11. 匿名 2020.10.18 22:42 ID:896e045b7 返信

    今xiaomi mi note 10 lite(miui12安定版)を使ってるのですがYou Tubeの通知で「後で見る」の項目が出ないのですがこれはmiuiだからですか?それとも自分のスマホだけですか?
    この機能使えないの個人的にかなり致命傷なので解決法があれば教えてほしいです。

    • Sekey 2020.10.18 22:56 ID:6cead5578 返信

      匿名さんのスマホの問題ではありません。MIUIは後で見るの項目が出ません!

  12. 匿名 2020.10.18 22:42 ID:9f6f2b419 返信

    ずっとピュアのAndroidを使って来たけどXiaomiに乗り換えたらスマホを使っててより楽しく感じる様になった、何かネガキャンが多いけど

    • 匿名 2020.10.19 01:56 ID:9cc3bd8bc 返信

      確かに細かいビジュアルについては優れてると思う
      ただ通知は届かん

      • 匿名 2020.10.19 11:26 ID:d494a2d8f 返信

        バッテリーせーバーオフにすべし

  13. 匿名 2020.10.18 23:15 ID:fd9e931e7 返信

    ホーム画面のアイコンロックは別に珍しくないですね
    広告も表示されないようにする事が可能です(一括で出来なくて面倒くさいけど)
    MIUIでイライラするのは普段使いではなく最初の設定だと思います。AOSP系とはかなり違っていて、バッテリーの最適化からアプリを除外するのもMIUIに慣れてないと項目に辿り着けません
    ただ履歴ボタン長押しで画面消灯のような機能はかなり便利です

  14. 匿名 2020.10.18 23:48 ID:8e52bac5d 返信

    ホーム画面のアイコンが5×6までしか増やせないのがあかん。
    10×12くらい置きたいからノバランチャー使ってるよ。

  15. 匿名 2020.10.19 00:23 ID:a9c007995 返信

    何気にフローティングウィンドウ機能がめっちゃ好き
    画面分割サポートしてないゲームもフローティングなら普通に動いて同時周回できるし
    アプリ窓を画面上の好きなところに動かして置けるし。
    なんというか、パソコンのような感触で操作できるからかな

    画面触らなくても電源ボタン素早く2回でライト付けられるのも重宝してる

    • 匿名 2020.10.19 00:47 ID:ec1c1872d 返信

      フローティングウインドウ便利よね

  16. 匿名 2020.10.19 01:11 ID:cf80fa8d9 返信

    MIUIの最適化を無効にしないとVanced入れられないのがちょいめんどい

  17. 匿名 2020.10.19 01:26 ID:9ed9a1e82 返信

    1年前は調べても透かしは取れんよってネットに書いてあった気がするけど今確認したらちゃんと透かし取れるようになってた。ネット記事が間違ってたのかな…

    • 匿名 2020.10.19 04:16 ID:9cc3bd8bc 返信

      最初から透かしは取れるよ
      デマだな

    • 匿名 2020.10.19 08:59 ID:f2a9013b0 返信

      設定でオフにするか編集で取れる

  18. 匿名 2020.10.19 07:57 ID:43848d4fb 返信

    普通の人が使いやすいのはPureとOne
    ちょっと詳しい人が使うと楽しいのがOxygenとMi
    若干癖ありけりがEMとcolor
    癖大ありでマニアが使ってて楽しいのがiQOO

    ってイメージ

    • 匿名 2020.10.19 16:26 ID:0cb3633b6 返信

      話題にもならんZenUIとZUI
      どっちも使ったけど特に不満もなかったで

      • 匿名 2020.10.19 17:53 ID:8ab0161e4 返信

        知名度が低いだけで普通に良いと思う

        • 匿名 2020.10.20 15:27 ID:4f4969445 返信

          ランチャーをデフォに戻されるとか変更不可とかなら話は変わるけど、基本的にそんなことされなければだいたい似たような感じで使えるもんなぁ

  19. 匿名 2020.10.19 17:07 ID:e6eb2f417 返信

    3GSからiPhone使ってるのでiOSライクなmiuiとemuiは使いやすい
    個人的にナビゲーションキーとドロワーが嫌いなんだけど、ジェスチャー操作対応が両OSは早かったのも良かった

    miuiの広告はグロ版は出ないんじゃなかったかな(poco f1,mi mix 2s,9T proでは見てない)
    miミュージックがyoutubeでバックグラウンド再生出来るのも便利(google様の規約的にはどうかは知らないけどね)

  20. 匿名 2020.10.19 18:17 ID:e079f73f0 返信

    使いこなすまでが大変
    使いこなしたら最強

    • 匿名 2020.10.19 23:34 ID:dd2327949 返信

      同感
      その過程を楽しめるかどうかだと感じてる

    • 匿名 2020.10.21 13:23 ID:4592094de 返信

      正直使いこなすってどのレベルからになるもんなん?

  21. 匿名 2020.10.19 21:07 ID:8cca4c7aa 返信

    透かし オフにしました。
    たしかにデフォルト オン はよくない。