Xiaomi Redmi K50 Gaming

image-source:gsmarena
  • [wp_ulike]
  • 6.67インチ
    1,080 x 2,400
  • 64MP
    F値/1.9
  • 12GBメモリ
    Snapdragon 8 Gen 1
  • 4,700mAh
    USB Type-C 2.0, USB On-The-Go
スマホコーティング【秋葉原か大手町の店舗で約15分で施工】

[広告]https://telektlist.com/smartphone-coating/


Xiaomi Redmi K50 GamingはXiaomiのスマートフォンで、2022年2月に発売されました。6.67インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.5mm、重さは210gです。Snapdragon 8 Gen 1を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

Xiaomi Redmi K50 Gamingを3行で紹介

  • 物理ショルダートリガー搭載
  • VC液冷を2つ搭載
  • Android史上最強のバイブレーション

スペック・性能詳細表

基本情報
名称Xiaomi Redmi K50 Gaming
メーカー
Xiaomi
発売時期2022年2月, 発売済み , 日本では未発売
先代モデル Xiaomi Redmi K40 Gaming
ネットワーク
3GバンドHSDPA 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
4Gバンド
キャリア別対応バンド
LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 26(850), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 42(3500)
5Gバンド 1, 3, 5, 8, 28, 38, 40, 41, 77, 78 SA/NSA/Sub6
ドコモ, ドコモ系mvno4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応(例外あり)
au, UQモバイルauプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 対応
ソフトバンク, Yモバイルプラチナバンド Band8のみ対応
ネットワーク最大速度 HSPA 42.2/5.76 Mbps
ネットワーク備考VoLTE、5G対応
SIM NanoSIM ,デュアルSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/6e
ハードウェア
ディスプレイ6.67インチ, 有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度 1,080 x 2,400px (フルHD+), アスペクト比20:9
画素密度 高い画素密度(20cm離れる前にドットが識別できなくなる) , 395ppi
ディスプレイ機能120Hzリフレッシュレート, 480Hzタッチサンプリングレート, Corning Gorilla Glass Victus, HDR10/10+, MEMC
サイズ162.5 x 76.7 x 8.5mm
重さ210g
本体色暗影(ブラック), 银翼(シルバー), 冰斩(ブルー), 冠军版(AMG F1)
システム
OSAndroid 12 , MIUI 13
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 1
CPU1x3.00 GHz Cortex-X2 & 3x2.50 GHz Cortex-A710 & 4x1.80 GHz Cortex-A510 8コア, 3.00 GHz
GPUAdreno 730
ベンチマーク Antutu9 : 952000,  最高レベルの性能スコア
Geekbench5  シングル:1,200 マルチ: 3,600
メモリ
メモリ(RAM) 8GB / 12GB
ストレージ 128GB / 256GB ,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ 64+8+2MP, F値/1.9
トリプルカメラ, デュアルトーンLEDフラッシュ ,  フリッカセンサー, HDR, パノラマ
メインカメラ特徴 IMX686, 1/1.73
前面カメラ 20MP , F値/2.4
HDR
動画 最大画素数: 2,160pp  最大fps: 60fps ,  120/240/960fpsスローモーション撮影, HDR
機能・センサ
Bluetooth Bluetooth 5.2, A2DP, LE
GPS Baidou:B1I+B1C+B2a|GPS:L1+L5|Galileo:E1+E5a GLONASS:G1|QZSS:L1+L5|NavIC:L5|AGNSS:A-GPS
ネットワーク機能  NFC, IRブラスター
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, ジャイロ, コンパス , 超音波距離センサー, 360°周囲光センサー, 周囲色温度センサー
防水  非対応
イヤホンジャック  なし
その他特徴JBLステレオスピーカー(Dolby Atmos対応)
バッテリー
バッテリー容量 4,700mAh
充電 120W超急速充電, QC3+ / PD2.0 / PD3.0
ポート USB Type-C 2.0, USB On-The-Go
価格
現地価格8GB+128GB:3,299元, 12GB+128GB:3,599元, 12GB+256GB:3,899元, 12GB+256GB(冠军版):4,199元
円換算価格約60,000円
Xiaomi Redmi K50 Gaming
その他
公式サイトXiaomi Redmi K50 Gaming
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

Xiaomi Redmi K50 Gamingの特徴・概要

物理ショルダートリガー搭載

前モデルのRedmi K40 Gamingに引き続き、磁力式の物理ショルダートリガーを搭載。ゲーミングに限らず、フラッシュライトをオンにしたり、カメラを起動するなどといったショートカットの割り当てが可能と、日常使用でも役立つものとなっています。

VC液冷を2つ搭載

主な熱源となるSoCと充電ICチップが左右に分けて配置されており、それぞれの部分にVC液冷を搭載。

VC液冷の総冷却面積は4,860㎟となり、王者栄耀を30分プレイした際の平均fpsが119.88fps、端末の最高温度は43.5℃、原神を30分プレイした際の平均fpsが57.2fps、端末の最高温度は44.1℃とのこと。

Android史上最強のバイブレーション

競合機種搭載のモーターよりも一回り大きいモーター、CyberEngineを世界初採用そのバイブレーションはAndroid史上最強と謳っており、振動量はiPhone 13の5.05Gppを上回る、5.12Gppとなっています。

計4つのスピーカーユニットを搭載

スピーカーは前モデルに引き続き、JBLのチューニングが施されたステレオスピーカーとなっていますが、今回は左右それぞれに高音と中低音のユニットを搭載し、計4つのスピーカーユニット搭載となっています。

メルセデスAMG F1とのコラボモデルも

メルセデス・ベンツのF1チームである、メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チームとのコラボとして、AMG F1 冠军版(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team Edition)が用意。

スペックは通常モデルと変わりありませんが、特別なデザイン、パッケージとなり、全世界1万台限定となっています。

レビュー募集中

実機レビューを Xiaomi Redmi K50 Gamingをお持ちの読者から募集中です。
1000円分のAmazonギフトカードを差し上げます。
興味のある方はこちらのフォームまで。

性能・ベンチマーク

Xiaomi Redmi K50 Gamingは、チップセット(SoC)が Snapdragon 8 Gen 1、メモリ(RAM)は 8GB / 12GBです。 一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。

ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、スマートフォンの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア(バージョン 9): 952000

Xiaomi Redmi K50 Gamingは、2021年時点ではトップクラスの性能です。普段使いで処理が詰まることはほぼ無く、最新の3Dゲームも快適に遊べるでしょう。

Antutuベンチマークスコア、Soc別総まとめ

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbench5
シングルスコア: 1,200
マルチスコア: 3,600

Geekbenchスコア、スマホSoC別総まとめ

対応バンド

ドコモ, IIJ,mineoDプラン等MVNO

LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3に対応、 さらに、地下や郊外を担当するプラチナバンド(バンド19)にも対応しており、ドコモ回線での4G/LTEの使用は全く問題ないでしょう。

3Gはメインバンドのバンド1 には対応していますが、山間部や郊外をカバーするFOMAプラスエリア3G(バンド6,19)には対応しているかどうか不確実です。中華スマホの場合は、使用するために端末のプラスエリア化が必要となるでしょう。

au, UQmobile

LTEは主力となるプラチナバンド26,18のいずれかに対応して おり、補助バンドの1にも対応、 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3G回線はCDMA2000に対応しているので、おそらく利用できるでしょう。
注意: au、au系mvnoは通信規格がやや特殊で、日本未発売の端末はバンドが対応していても繋がらない場合が多々あります。購入時は動作報告が既になされているかどうか確認することを強く推奨します。

ソフトバンク, ワイモバイル

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8に対応しており、3G回線の必須バンドに全て対応しているので安心して利用できます。

注意: ソフトバンクは通常のAndroid用SIMだとSIMフリースマホが利用できず、マルチUSIMへの交換が必須です。日本未発売のスマホはマルチUSIMでも利用できません。現状海外スマホはiPhone用SIMのみで動作することに留意してください。

価格・購入先

Xiaomi Redmi K50 Gamingの 8 GB/ 128 GB モデルの発売時の価格は日本円で約 60,000円でした。購入時の参考にどうぞ。


格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?
関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します