Sharp AQUOS zero

image-source:gsmarena
  • 6.2インチ
    1440 x 2992
  • 22MP
    F値/-
  • 6GBメモリ
    Snapdragon 845
  • 3130mAh
    Type-C 1.0
AQUOS zeroはSharpのスマートフォンで、2018年11月に発売されました。6.2インチ2K+,WQHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.8mm、重さは146gです。Snapdragon 845を搭載しており、かなり良い処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 AQUOS zero
メーカー
Sharp
発売時期 2018年11月, 発売済み , 日本で発売済み
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド -
SIM  NanoSIM
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.2インチ, 有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度 1440 x 2992px (2K+,WQHD+), アスペクト比
画素密度 低い画素密度(60cm離れる前にドットが識別できなくなる) , -ppi
ディスプレイ機能 Dolby Vision, ラウンドフォルム, 国産有機ELディスプレイ
サイズ 154 x 73 x 8.8mm , 画面占有率: -%
重さ 146g
本体色 アドバンスドブラック
システム
OS Android 9.0 (Pie)
Soc Qualcomm Snapdragon 845
CPU Kryo 385 Gold x4 & Kryo 385 Silver x4 8コア, 2.7 GHz
GPU Adreno 630
ベンチマーク Antutu7: 270000,  高い性能スコア
Geekbench4.1 シングル:2400 マルチ: 8700
メモリ
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ 128GB ,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  22.6MP, F値/-
OIS(光学手ぶれ補正)
前面カメラ  8MP , F値/-
動画  最大画素数: -p  最大fps: -fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS  GPS, GLONASS, GALILEO
ネットワーク機能   なし
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス, 顔認証ロック
防水   IPX 8, 水面下での使用が可能
イヤホンジャック   なし
その他特徴 エモパー
バッテリー
バッテリー容量  3130mAh
ポート  Type-C 1.0
価格
現地価格 -
円換算価格 約-円
キャリアモデル ソフトバンク版公式ストア
その他
公式サイト http://www.sharp.co.jp/k-tai/aquos-zero/
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

特徴・概要 - 国産有機EL、世界最軽量

シャープのAQUOS zeroは自社で国内生産した初の有機ELディスプレイを搭載しています。解像度やコントラスト比といった基本性能でサムスンのディスプレイ以上であるとアピールされていますが、実力は未知数です。ディスプレイが緩やかに左右にカーブしていることで、より操作しやすくなっています。



重量は146gで、6.2インチスマートフォンとしては世界最軽量です。最近は端末の軽量化を追うトレンドは下火になっており他社のスマホは高級感をもたせるために意図的に重くしていることも多いので、AQUOS zeroは端末の厚みが8.8mmとやや分厚いことも考えると、長所になるかは微妙です。ただ、200g近いXperia XZ3などのソニーのスマホと比較すると持ちやすさは際立っているでしょう。

なお、ソフトバンク版以外にSIMフリー版も販売が開始されています。

レビュー募集中

実機レビューをAQUOS zeroをお持ちの読者から募集中です。
1000円分のAmazonギフトカードを差し上げます。
興味のある方はこちらのフォームまで。

性能・ベンチマーク

AQUOS zeroは、チップセット(Soc)がSnapdragon 845、メモリ(RAM)は 6GBです。 一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。

ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、スマートフォンの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア: 270000

AQUOS zeroは、2019年時点ではトップクラスの性能です。普段使いで処理が詰まることはほぼ無く、最新の3Dゲームも快適に遊べるでしょう。

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbenchシングルスコア: 2400
Geekbenchマルチスコア: 8700

対応バンド

最新機種であるため、対応バンドは不明です。情報のアップデートをお待ち下さい。

格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2018.10.07 10:20 ID:965112c92 返信

    タッチ性能の高さとか充電しながらの使用とか
    快適なゲーミング環境をかなり意識してるっぽいんですが
    ならなんでイヤホンジャック省いたのかと・・・
    xperiaがあまりにもパッとしない中で一瞬すごく期待したのに・・・

    • 匿名 2019.04.05 19:37 ID:915918c67 返信

      否定ばかりのパヨクさん…

  2. 匿名 2018.10.07 20:38 ID:5627f058c 返信

    スペックは魅力的ですけどフラッグシップモデルってことはSIMフリー機種としての展開はないんでしょうね。
    今までもSIMフリーはミドルハイクラスの機種しか出してないし。

  3. 匿名 2019.04.05 19:46 ID:2881198db 返信

    日本でもとうとうsimフリーで発売して嬉しいです。

  4. 匿名 2019.04.07 13:07 ID:e758b90c4 返信

    今年のボーナスでこれ買います!!
    今から楽しみです( ´ ▽ ` )

  5. 匿名 2019.06.15 10:53 ID:b89ef0734 返信

    ここまでやってなんでワイヤレス充電つけなかったんだろう。
    ついてればPixel3考えた人も買える端末になってたのに。