Huawei Y5 Prime (2018)

image-source:gsmarena
  日本では未発売
5.45インチ
720 x 1440
13MP
F値/
2GBメモリ
MT6739
3020mAh
microUSB 2.0
Huawei Y5 Prime (2018)はHuaweiのスマートフォンで、2018年6月に 発売されました。5.45インチHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.3mm、重さは142gです。 MT6739を搭載しており、ローエンド級の処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 Huawei Y5 Prime (2018)
メーカー
Huawei
発売時期 2018年6月, 発売済み , 日本では未発売
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド -
速度  Cat4 150/50 Mbps
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 b/g/n
ハードウェア
ディスプレイ 5.45インチ, IPSディスプレイ,  画面占有率: 73.8%
ディスプレイ解像度 720 x 1440(HD+), アスペクト比18:9, 295ppi
サイズ 146.5 x 70.9 x 8.3mm
重さ 142g
システム
OS Android 8.1 (Oreo) , EMUI 8.0
Soc Mediatek MT6739
CPU Cortex-A53 4コア, 1.3 GHz
GPU PowerVR GE8100
ベンチマーク Antutu: 36253
Geekbenchシングル:- Geekbenchマルチ: -
メモリ
メモリ(RAM) 2GB
ストレージ 16GB,  microSD最大256GBまで
カメラ
メインカメラ  13MP, F値/
前面カメラ  5MP
動画  最大画素数: 1080p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 4.2
GPS   GPS, GLONASS
ネットワーク機能   なし
センサ類 加速度センサ, 近接センサ, 環境光センサ, 顔認証ロック
防水   非対応
イヤホンジャック   有り
バッテリー
バッテリー容量  3020mAh
ポート  microUSB 2.0
その他
本体色 Black, Gold, Blue
現地価格 -
円換算価格 約-円
公式サイト https://consumer.huawei.com/en/phones/y5-prime-2018/
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

特徴・概要 - 極限までコストカット

Huawei Y5 Prime(2018)は新興国向けエントリーモデルということもあって、必要最低限のスペックとなっているスマートフォンです。指紋認証センサーは無く、顔認証ロックで代替されており、ギリギリ日常使用に耐えるSocと2GBメモリを搭載しています。また、画像を見ればわかるようにベゼルが極太です。とは言うものの元々画面が小さい端末なので持ちやすいと思います。



microSDスロットがsimカードスロットと独立しているので、16GBしかない容量を増やすこと自体は簡単です。

性能・ベンチマーク

Huawei Y5 Prime (2018)は、チップセット(Soc)がMT6739、メモリ(RAM)は 2GBです。一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。
ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、スマートフォンの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア: 36253

Huawei Y5 Prime (2018)は、2018年時点では やや不満を感じる性能です。ゲームをプレイせず、動作が遅くてもいいからできるだけ安い端末を買いたい、という人にはおすすめです。

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbenchシングルスコア: -
Geekbenchマルチスコア: -

対応バンド

最新機種であるため、対応バンドは不明です。情報のアップデートをお待ち下さい。


注意: au、au系mvnoは通信規格がやや特殊で、日本未発売の端末はバンドが対応していても繋がらない場合が多々あります。購入時は動作報告が既になされているかどうか確認することを強く推奨します。

関連記事