Huawei MatePad Pro

image-source:gsmarena
  • 10.8インチ
    1600 x 2560
  • 13MP
    F値/1.8
  • 8GBメモリ
    Kirin 990
  • 7250mAh
    3.1, Type-C 1.0
MatePad ProはHuaweiのタブレットで、2019年12月に発売予定です。なお、日本では未発売です。10.8インチ2K+,WQHD+ディスプレイを搭載し、厚さは7.2mm、重さは460gです。Kirin 990を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidタブレットです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称MatePad Pro
別名MRX-W09, MRX-W19 (Wi-Fiモデル), MRX-AL09, MRX-AL19 (LTEモデル)
メーカー
Huawei
発売時期2019年12月, 今月発売 , 日本では未発売
ネットワーク
3GバンドHSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド
キャリア別対応バンド
-
ネットワーク最大速度 HSPA 42.2/5.76 Mbps
SIM NanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ10.8インチ, IPSディスプレイ
ディスプレイ解像度 1600 x 2560px (2K+,WQHD+), アスペクト比16:10
画素密度 普通の画素密度(40cm離れる前にドットが識別できなくなる) , 280ppi
ディスプレイ機能DCI-P3, 540ニット
サイズ246.0 x 159.0 x 7.2mm , 画面占有率: 90%
重さ460g
本体色グレー, ホワイト, オレンジ, グリーン
システム
OSAndroid 10 , EMUI 10
SoCHisilicon Kirin 990
CPUCortex-A76 x4 + Cortex-A55 x4 8コア, 2.86 GHz
GPUMali-G76 MP16
ベンチマーク Antutu8 : 450000,  最高レベルの性能スコア
Geekbench4  シングル:3800 マルチ: 12000
メモリ
メモリ(RAM) 6GB / 8GB
ストレージ 128GB / 256GB / 512GB ,  microSD最大256GBまで(SIM2スロットを使用)
カメラ
メインカメラ 13MP, F値/1.8
LEDフラッシュ, PDAF
前面カメラ 8MP , F値/2.0
動画 最大画素数: 2160p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth Bluetooth 5.1, A2DP, LE
GPS A-GPS (LTEモデルのみ), GLONASS, GALILEO, BDS, QZSS
ネットワーク機能  なし
センサ類 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水  非対応
イヤホンジャック  なし
その他特徴クアッドスピーカー, 専用スタイラスペン(M-Pencil)・スマートキーボード対応
バッテリー
バッテリー容量 7250mAh
充電 40W急速充電, 15W急速ワイヤレス充電, 7.5Wリバースチャージ
ポート 3.1, Type-C 1.0
価格
現地価格Wi-Fi 6+128GB:3299元, Wi-Fi 8+256GB:3999元, Wi-Fi 8+256GB(専用キーボード・ペン付属):4999元, LTE 6+128GB:3799元, LTE 8+256GB:4499元, LTE 8+512GB(専用キーボード・ペン付属):5999元
円換算価格約51,000円
その他
公式サイトMatePad Pro
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

MatePad Proの特徴・概要

パンチホール採用タブレット

Huawei MatePad Proは、Huaweiが発売するAndroidタブレットです。

同社のタブレットと言えば、これまでMediaPadシリーズが有名でしたが、今回は「MatePad」の名を冠したモデルとして初登場。
SoCの高い処理性能に、iPad Proを彷彿とさせるスタイラスペン(M-Pencil)・スマートキーボード対応など、ハイエンドモデルにふさわしいスペックとなっています。

 

 



タブレットとしての性能に疑いの余地はありませんが、Google系サービスへの対応が不明な点は痛いところ。

Wi-Fiモデル・LTE対応モデルが用意され、RAM+ROMの構成と併せて多くのバリエーションがあります。
価格は、最安の構成であるRAM 6GB+ROM 128GB(Wi-Fi)モデルが3,299元(約51,000円)です。

レビュー募集中

実機レビューを MatePad Proをお持ちの読者から募集中です。
1000円分のAmazonギフトカードを差し上げます。
興味のある方はこちらのフォームまで。

性能・ベンチマーク

MatePad Proは、チップセット(SoC)が Kirin 990、メモリ(RAM)は 6GB / 8GBです。 タブレットの場合、使用用途にもよりますが、画像編集や複数アプリを同時使用するビジネス用途だとメモリはできるだけ大容量が望ましいです。少なくとも4GBは必要でしょう。
ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、タブレットの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア(バージョン 8): 450000

MatePad Proは、2019年時点ではトップクラスの性能です。普段使いで処理が詰まることはほぼ無く、最新の3Dゲームも快適に遊べるでしょう。

Antutuベンチマークスコア、Soc別総まとめ

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbench4
シングルスコア: 3800
マルチスコア: 12000

Geekbenchスコア、スマホSoC別総まとめ

対応バンド

最新機種であるため、対応バンドは不明です。情報のアップデートをお待ち下さい。

価格・購入先

MatePad Proの 6 GB/ 128 GB モデルの発売時の価格は日本円で約 51,000円でした。購入時の参考にどうぞ。


格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?
関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.11.26 23:48 ID:f2ac81c25 返信

    安さだけだな

    • 匿名 2019.11.27 00:21 ID:6368ca0a7 返信

      それは悪い意味?良い意味?

  2. 匿名 2019.11.27 01:14 ID:6557e7c60 返信

    もうiPadなんてこれに比べたら塵同然だな。
    iPadProは9万以上するし、iPad miniのコスパとかこれと比べたら霞んで見えるわw
    Appleも終わったな。

    MatePad ProでGoogle系が使えればな。

    • 匿名 2019.11.27 10:07 ID:3cec45864 返信

      用途違うんちゃうんか・・・ええんか・・・
      トヨタのグランエースを家庭乗用車みたいに語るようなもんやんけ・・・

  3. 匿名 2019.12.03 08:08 ID:e4ce4a214 返信

    いや車で例えるのはおかしい