Huawei Mate 20 X

image-source:gsmarena
  日本でも発売予定
7.2インチ
1080 x 2244
40 + 20 + 8MP
F値/1.8
6GBメモリ
Kirin 980
5000mAh
3.1, Type-C 1.0
Mate 20 XはHuaweiのスマートフォンで、2018年10月に 発売されました。7.2インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.15mm、重さは232gです。 Kirin 980を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 Mate 20 X
メーカー
Huawei
発売時期 2018年10月, 発売済み , 日本でも発売予定
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 800 / 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
4Gバンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 6(900), 7(2600), 8(900), 9(1800), 12(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 32(1500), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300)
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応
au, UQモバイル auプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 非対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド 完全対応
速度  Cat18 1200/150 Mbps
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 7.2インチ, 有機ELディスプレイ,  画面占有率: 87.6%
ディスプレイ解像度 1080 x 2244(フルHD+), アスペクト比18.7:9, 346ppi
ディスプレイ機能 Corning Gorilla Glass, HDR10
サイズ 174.6 x 85.4 x 8.15mm
重さ 232g
システム
OS Android 9.0 (Pie) , EMUI 9.0
Soc Hisilicon Kirin 980
CPU Cortex-A76(2.6GHz) x2 & Cortex-A55(1.92GHz) x4 & Cortex-A55 x4 8コア, 2.6 GHz
GPU Mali-G76 MP10
ベンチマーク Antutu: 356918
Geekbenchシングル:3390 Geekbenchマルチ: 10318
メモリ
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ 128GB,  microSD最大(NMカード)256GBまで(SIM2スロットを使用)
カメラ
メインカメラ  40 + 20 + 8MP, F値/1.8 , トリプルカメラ, OIS(光学手ぶれ補正), デュアルトーンLEDフラッシュ, レーザーAF, PDAF, 5x光学ズーム, ISO 102400
メインカメラ特徴 センサーサイズ(メインレンズ): 1/1.7インチ, 望遠レンズ80mm
前面カメラ  24MP, F値/2.0, 26mm広角レンズ
動画  最大画素数: 2160p  最大fps: 960fps , 電子手ぶれ補正
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS   A-GPS, GLONASS, BDS, GALILEO
ネットワーク機能   NFC, IRブラスター
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス, 気圧センサ, 顔認証ロック
防水   IPX3, 落下する水滴を受けても問題なし
イヤホンジャック   あり
その他特徴 スタイラス対応, GPU Turbo 2.0, HUAWEI Supercool(vapor chamber)
バッテリー
バッテリー容量  5000mAh
ポート  3.1, Type-C 1.0
その他
本体色 Midnight Blue, Phantom Silver
現地価格 899ユーロ
円換算価格 約120000円
公式サイト https://consumer.huawei.com/en/phones/mate20-x/
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

特徴・概要 - ゲーマーの心を奪う

Huawei Mate 20 Xは7.2インチの大画面スマートフォンで、特にゲーミング性能を重視したモデルです。現時点でAndroidスマホの最高性能を誇るチップセット、Kirin 980を搭載しています。

ゲームを快適にする機能がてんこもりで、「HUAWEI Supercool」と称されたパソコンのGPU等の冷却に使われるベイパーチャンバーという高性能ヒートパイプが積載されており、ゲーム中にパフォーマンスを強化する機能「GPU Turbo 2.0」も役に立ちそうです。

オーディオ面では高性能デュアルスピーカーを搭載している他に、音の遅延が致命的なゲームプレイのためにMate 20 Proでは省略されたイヤホンジャックもついています。

5000mAhという大容量バッテリーによって電池の消耗が激しい3Dゲームも長時間プレイできそうです。



防水等級や画面の解像度は劣るものの、性能は基本的に同時に発表されたMate 20 Proと同じ。

価格はMate 20 Proよりも150ユーロ(約20000円)程安く、ゲーマーでなくても心が奪われそうなスマートフォンです。日本バージョンの対応バンドが公式サイトに明記されているので、日本発売は確定です。なお、グローバル版でもDocomoやau、ソフトバンクのバンドに一通り対応していいます。

性能・ベンチマーク

Mate 20 Xは、チップセット(Soc)がKirin 980、メモリ(RAM)は 6GBです。一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。
ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、スマートフォンの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア: 356918

Mate 20 Xは、2018年時点では トップクラスの性能で、普段使いで処理が詰まることはほぼ無く、最新の3Dゲームも快適に遊べるでしょう。

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbenchシングルスコア: 3390
Geekbenchマルチスコア: 10318

対応バンド

ドコモ, IIJ,mineoDプラン等MVNO

LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3に対応、 さらに、地下や郊外を担当するプラチナバンド(バンド19)にも対応しており、ドコモ回線での4G/LTEの使用は全く問題ないでしょう。

3Gはメインバンドのバンド1 、山間部や郊外をカバーするFOMAプラスエリア3G(バンド6,19)に対応しており、3Gの必須のバンドは全て対応しているのでドコモ系のSIMで安心して利用できます。

ソフトバンク, ワイモバイル

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。

3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8に対応しており、3G回線の必須バンドに全て対応しているので安心して利用できます。

au, UQmobile

LTEは主力となるプラチナバンド26,18のいずれかに対応して おり、補助バンドの1にも対応、

3G回線には非対応ですが、通話もデータ通信もLTEで行うau VoLTE SIMが利用できるバンド構成です(相互接続性試験を通過していないモデルはVoLTEが使用できないので、必ずauのページで確認してください)。

注意: au、au系mvnoは通信規格がやや特殊で、日本未発売の端末はバンドが対応していても繋がらない場合が多々あります。購入時は動作報告が既になされているかどうか確認することを強く推奨します。

価格

Mate 20 Xの 6GB/ 128GB モデルの価格(発売時)は日本円で約120000円です。購入時の参考にどうぞ。

関連記事

『Huawei Mate 20 X』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/10/17(水) 02:38:05 ID:937669d69 返信

    いつも参考にさせていただいております。
    お値段の方が円換算一桁足りないような気がしますのでご報告します。

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/10/17(水) 13:23:45 ID:7ffd98e8d 返信

    「日本で発売予定」ってソースを示してください。
    妄想?

    • 名前:匿名 投稿日:2018/10/17(水) 14:00:42 ID:cb4e8f1cf 返信

      書いてあるよ
      >日本バージョンの対応バンドが公式サイトに明記されているので、日本発売は確定です。なお、グローバル版でもDocomoやau、ソフトバンクのバンドに一通り対応していいます。

      • 名前:匿名 投稿日:2018/10/17(水) 17:16:00 ID:a22055963 返信

        ファーウェイは発表段階で(Japan)表記しておきながら、国内販売しなかったモデルは腐るほどあるの。にわかは黙っててくれる?

        • 名前:匿名 投稿日:2018/10/17(水) 17:28:30 ID:157653076 返信

          ソースは?

        • 名前:匿名 投稿日:2018/10/20(土) 21:08:02 ID:b32400f7a 返信

          >ファーウェイは発表段階で(Japan)表記しておきながら、国内販売しなかったモデルは腐るほどあるの。

          発売予定をキャンセルするのはメーカーの意思ですし
          情報サイトは最新のメーカー公式表記を信じるしかないです。
          裏切られた時には「telektlistめガセのせやがって」ではなく
          「またかよファーウェイ」となるわけです。

          そんなこともわからないにわか人間にも
          ファーウェイを信じるかどうかの自由がちゃんとあるので
          どうするかはご自分で判断なされば良いですよ。

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/10/17(水) 22:16:58 ID:cf58f4ed0 返信

    まとめありがとうございます。
    一点質問があります。
    動画 最大fps: 960fps
    とありますが、これのソースはどこでしょうか?
    公式サイトには動画のfpsまでは書いてなかったと思うのですが。

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/10/18(木) 03:32:18 ID:c892d7877 返信

    IP53でしょ…防水はないよ

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/10/20(土) 21:13:06 ID:b32400f7a 返信

    Androidのファブレット、タブレットってハイエンドなSOCは
    なぜか全然積んでもらえないんですよね。
    そこに風穴を開けてきたのがファーウェイっつーのが
    なんか現在の勢いを象徴してる感じです。

  6. 名前:匿名 投稿日:2018/10/21(日) 18:15:12 ID:ec93bd4c4 返信

    防水だったらAQUOS PADから完全移行なんやけど
    MATE 20 Proと04Fの二台にしよう
    05Gは処分で