Apple iPhone X

image-source:gsmarena
  • 5.8インチ
    1125 x 2436
  • 12MP
    F値/1.8
  • 3GBメモリ
    A11 Bionic
  • 2716mAh
    Lightningコネクタ
iPhone XはAppleのスマートフォンで、2017年10月に発売されました。5.8インチディスプレイを搭載し、厚さは7.7mm、重さは174gです。A11 Bionicを搭載しており、サクサク動く処理性能を持つiOSスマートフォンです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 iPhone X
別名 日本版 - A1902
メーカー
Apple
発売時期 2017年10月, 発売済み , 日本で発売済み
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100
4Gバンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 11(1500), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 21(1500), 25(1900), 26(850), 28(700), 29(700), 30(2300), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応(例外あり)
au, UQモバイル auプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド 完全対応
ネットワーク最大速度  Cat12 600/150 Mbps
SIM  NanoSIM
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 5.8インチ, 有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度 1125 x 2436px , アスペクト比19.5:9
画素密度 とても高い(5cm離れる前にドットが識別できなくなる) , 458ppi
ディスプレイ機能 3Dタッチディスプレイ, True-toneディスプレイ, HDR10対応
サイズ 143.6 x 70.9 x 7.7mm , 画面占有率: 82.9%
重さ 174g
本体色 Space Gray, Silver
システム
OS iOS 11.1.1
Soc Apple A11 Bionic
CPU Monsoon x2 + Mistral x4 6コア, 2.39 GHz
GPU Apple GPU (3コア)
ベンチマーク Antutu7: 185147,  平均以上の性能スコア
Geekbench4.1 シングル:4256 マルチ: 10215
メモリ
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ 64GB / 256GB ,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  12MP, F値/1.8
デュアルカメラ, OIS(光学手ぶれ補正)
メインカメラ特徴  2xズーム, クアッドLEDフラッシュ
前面カメラ  7MP , F値/2.2
動画  最大画素数: 2160p  最大fps: 240fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS  GPS, GLONASS, GALILEO, QZSS
ネットワーク機能   NFC, Felica(おサイフケータイ)
センサ類 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス, 気圧センサ , Apple Pay, Face ID
防水   IPX 7, 水深1メートルにおいて30分間沈めても影響なし
イヤホンジャック   無し
バッテリー
バッテリー容量  2716mAh
ポート  Lightningコネクタ
価格
現地価格 122000円(2017/11)
円換算価格 約122000円
キャリアモデル ドコモ版公式ストア
キャリアモデル ソフトバンク版公式ストア
(日本) 国内版SIMフリー iPhone X 64GB [シルバー] MQAY2J/A 白ロム Apple 5.8インチ有機EL
その他
公式サイト https://www.apple.com/jp/iphone-x/
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

特徴・概要 - 意外と知られていないスペック

10周年モデルとして人気沸騰中の iPhone Xは全スマホ最高の処理性能、最高レベルのカメラ性能、高品質のディスプレイを搭載した文句無しのプレミアムモデルです。iPhone6から年々分厚くなっていること(iPhone6: 6.9mm iPhone X: 7.7mm)、年々重くなっていること(iPhone6: 129g iPhone X: 174g)は少々残念です。また、日本発売以外のモデルは、対応バンドが日本版とは違うので注意が必要です。

実機レビュー

このレビューは、Apple社より2017年10月に発売されたiPhone「Apple iPhone X」のテレクトリスト読者による実...

性能・ベンチマーク

iPhone Xは、チップセット(Soc)がA11 Bionic、メモリ(RAM)は 3GBです。 一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。

ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、スマートフォンの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア: 185147

iPhone Xは、2019年時点では平均以上の性能です。普段使いではサクサク使えて、ほぼ全てのゲームが快適に遊べるでしょう

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbenchシングルスコア: 4256
Geekbenchマルチスコア: 10215

対応バンド

ドコモ, IIJ,mineoDプラン等MVNO

LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3に対応、 さらに、地下や郊外を担当するプラチナバンド(バンド19)にも対応しており、ドコモ回線での4G/LTEの使用は全く問題ないでしょう。

3Gはメインバンドのバンド1 には対応していますが、山間部や郊外をカバーするFOMAプラスエリア3G(バンド6,19)には対応しているかどうか不確実です。中華スマホの場合は、使用するために端末のプラスエリア化が必要となるでしょう。

au, UQmobile

LTEは主力となるプラチナバンド26,18のいずれかに対応して おり、補助バンドの1にも対応、 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3G回線はCDMA2000に対応しているので、おそらく利用できるでしょう。
注意: au、au系mvnoは通信規格がやや特殊で、日本未発売の端末はバンドが対応していても繋がらない場合が多々あります。購入時は動作報告が既になされているかどうか確認することを強く推奨します。

ソフトバンク, ワイモバイル

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8に対応しており、3G回線の必須バンドに全て対応しているので安心して利用できます。

注意: ソフトバンクは通常のAndroid用SIMだとSIMフリースマホが利用できず、マルチUSIMへの交換が必須です。日本未発売のスマホはマルチUSIMでも利用できません。現状海外スマホはiPhone用SIMのみで動作することに留意してください。

価格・購入先

iPhone Xの 3 GB/ 64 GB 最小構成 モデルの発売時の価格は日本円で約122000円です。購入時の参考にどうぞ。

キャリアモデルが発売されています。手間がかからない公式オンラインストアでの購入をぜひご検討ください。
現在、通販サイトでの購入が可能です。
Amazon(日本): 国内版SIMフリー iPhone X 64GB [シルバー] MQAY2J/A 白ロム Apple 5.8インチ有機EL

格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?
関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2018.12.04 19:11 ID:fafe8b413 返信

    ベンチ、Xsにほぼダブルスコア食らってて
    >2018年時点では トップクラスの性能で
    はさすがに違和感が・・・
    A12勢がすごすぎるだけでAndroid込みだと間違いなくトップ「クラス」ではあるんですが。

    最新のハイエンドには及ばないけど十分な性能があり実用上での支障はまずない、みたいな表現が出来ればいいんでしょうけどね。

    • 匿名 2019.01.25 21:35 ID:bdb68bd90 返信

      Geekは間違いなくトップクラスだと思いますがXはAntutuでは現状androidにぼろ負けですね。
      実際用途によってどちらを選ぶかというのは変わってくるでしょうが、アップルが中国企業から中国人技術者を引き抜いてから半年、アップルの行動は早くA12Xを開発しそれを搭載し両方の利点を確保した新型iPadProであれば8コア+7コア+ニュートラルエンジンといった周期を狂わせるようなベンチマークをたたき出しているのでandroid端末をひれ伏せれるでしょう。
      私は現在android端末を使っていますが、ここでまたも性能面でIOSがトップに立つとスマートフォンからのパラダイムシフトは遠のいてしまったのかなぁとアップルの急な技術の向上にうれしいような悲しいような…

  2. 匿名ザッパー 2018.12.24 08:51 ID:e8c21060f 返信

    ヤフーとの相性が悪い?ヤフー地図を多用しますが、スクロールするとカクカクして、指をかざしていると勝手に到着地点をポイントしてしまいます。またインターネットで検索する時、グーグルは問題無いのですが、ドコモで検索する時、クリックの反応が酷く悪いです。サイトを開く速度も遅いです。ストレス製造機ですね。それから文字変換がトンチンカンなので、メールするの億劫になってしまいました。ユーチューブ見る時も勝手に音量が低くなるし。一度修理に出して機器を取り替えてもらったのですが、依然として治りません。早い所機種変更するつもりです。

    • 匿名 2019.01.25 21:44 ID:bdb68bd90 返信

      サイトを開く速度まで遅いですか?
      それは恐らく本当に運が悪かっただけだと思います。実際に使ってみてもサイトを開く速度や動画を見る程度であればあまり遅れてないように感じました。

  3. 匿名 2019.05.06 12:29 ID:6d2c064bc 返信

    iPhone x持ってて今も使ってるけど何か故障すると修理代がバカ高いFace idだけで6万とかほんとに高い