Redmi 8Aはカラバリ8色。2万2千円で5000mAhの大容量バッテリー

Xiaomiが開発しているRedmi 8AのスペックがTENAA(中国の電気通信機器認証センター)のリストから明らかになりました。シンプルなデザインと豊富なカラバリに加え、5000mAhもの大容量バッテリーが特徴です。

Redmi 8Aは水滴ノッチのある、720 x 1,520ピクセルの6.217インチディスプレイを搭載。OSはAndroid 9をベースにしたMIUI 10です。SoCの型番までははっきりしていないのですが、オクタコアで2GHzとのこと。

メモリは2GB、3GB、4GB、ストレージは16GB、32GB、64GBと細かく分かれており、それぞれ3モデルがリリースされると予想されます。また、MicroSDカードは512GBまで対応しています。

リアカメラは12MPのシングルカメラ。インカメラは8MPとなります。指紋センサーがないため、インカメラでの顔認証でロック解除を行います。

バッテリー容量は5,000mAhと大型。SNSなどを長時間楽しみたいというニーズに応えるためでしょう。カラーがブラック、ホワイト、グレー、ブルー、グリーン、パープル、レッド、ピンクと豊富なことも親しみやすいローエンド機種としての魅力を感じさせます。

価格はRs7,999、日本円で約22000円となる予定です。

躯体デザインはこちら。背面はセンターラインが特徴的。ブルーカラーと合間って非常にすっきりした印象です。ケースをつけずに使用しても良いかもしれませんね。

Redmi 8Aは10月3に発売が予定されています。もちろん日本では販売されませんが、個人輸入などで入手することは可能です。対応バンドによっては魅力的なサブ機になるでしょう。

Redmiのスマートフォン、Redmi Note8の公式画像が発表直前にリークされました。 Redmi Note8にはMediaT...
BanggoodやAliExpressにGearbestなどなど、これらの海外通販サイト、ご存知ですか? これらは、知る人ぞ知るスマ...

Source: 91mobiles.com

フォローする

Writer

tokui
新人ライターtokuiです。海外ガジェットYouTuberが好きで、暇があればレビュー動画を見ています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します