Redmi Note 11T Pro / 11T Pro+が正式発表【Dimensity 8100搭載・Pro+は鉄腕アトム限定版も】

Redmi Noteシリーズ最新モデル、Redmi Note 11T Pro及び11T Pro+が中国にて正式発表。 11T Pro、11T Pro+ともにDimensity 8100をSoCに採用し、後者は鉄腕アトム限定版が用意されている点が特徴的です。

Redmi Noteシリーズ最新モデル、Redmi Note 11 5G、11 Pro、11 Pro+が正式発表。最上位モデルとなる...

Redmi Note 11T Pro+

  • Dimensity 8100
  • 6.6インチFHD+(2,460×1,080p 20.5:9)LCDディスプレイ(中央パンチホール)Dolby Vision 輝度650nits
  • Gorilla Glass
  • 144Hzリフレッシュレート・270Hzタッチサンプリングレート
  • 8GB LPDDR5 RAM+ 128/256/512GB UFS3.1 ROM
  • 4,400mAhバッテリー、120W有線充電、PD2.0/3.0に対応(19分で満充電が可能)
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン(ISOCELL GW1 1/1.72)+8MP超広角(120°)+2MPマクロ、最大4K30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:16MP、最大1,080p60FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー Dolby Atmos Hi-Res Audio/Wireless
  • イヤホンジャック
  • NFC
  • IRブラスター
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.3
  • IP53
  • MIUI 13
  • 163.64×74.29×8.9mm、198g
  • 充電器付属(120W)

SoCにDimensity 8100を採用

今回パフォーマンス重視となるRedmi Note 11Tシリーズですが、SoCには、Redmi K50同様のDimensity 8100を搭載。そのAntutuスコアは、836,317点とのこと。

冷却性能においては、Redmi Note 10 Pro(中国版)比で面積32%アップの2,268㎟のVC液冷や、7層のグラファイトシートなどを採用。

中国にて、Redmi Note 10 5Gおよび10 Proが正式発表。特に後者はDimensity 1100をSoCに搭載し、UF...

王者栄耀を30分プレイした際の平均フレームレートは117.3fps、端末最高温度は43.3℃となったとのこと。

フラッグシップ級LCDディスプレイ搭載

ディスプレイは、フラッグシップ級と謳うLCDとなっており、ダイヤモンド配列よりも字がくっきりと表示されるRGB配列を採用。

リフレッシュレートは、30/45/50/60/90/120/144Hzの7段階可変となり、270Hzタッチサンプリングレートに対応。

その他ディスプレイスペックとしては、DCI-P3、HDR10、Dolby Vision、最大輝度・最大リフレッシュレートにおけるDCディミング対応、ΔE≈0.44、JNCD≈0.36、10 Pro比で30%のブルーライト低減など。

またLCDディスプレイ搭載機では初となる、DisplayMate A+評価を取得しています。

4,400mAhバッテリー・120W超急速充電対応

バッテリーに関しては、Redmi K50 ProやXiaomi 12 Pro同様、Xiaomi独自開発の充電チップ、Surge P1を搭載し、シングルセル方式を採用

Xiaomiのフラッグシップモデル最新モデル、Xiaomi 12、12 Pro、12Xが中国にて正式発表。 Xiaomi 12...

120W超急速充電に対応し、容量は4,400mAhと他2機種よりも少ないですが、19分で満充電が可能としています。

カメラ性能においては、64MPメイン、8MP超広角、2MPマクロの3眼構成と、ミドルレンジモデルとしては一般的なものに。

またRedmi Noteシリーズとしては初の、ストレージが512GBのモデルが用意されています。

その他としては、X軸モーター、Dolby Atmos対応ステレオスピーカー、NFC、IRブラスター、イヤホンジャック搭載、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.3対応など。

対応バンド

  • 4G : B1/3/5/8/19/34/38/39/40/41(2496-2690 194MHz)/42
  • 5G : n1/3/5/8/28A/38/41/77/78

約4万円から

カラーは原子银(シルバー)、时光蓝(水色)、子夜黑(ブラック)の3色展開。予約受け付けは8GB+512GBモデル以外は既に開始されており、全モデルともに現地時間5月31日午後8時(日本時間同日午後9時)より販売開始。価格は以下の通りです。

  • 8GB+128GB 2,099元(約4万円)
  • 8GB+256GB 2,299元(約4.4万円)
  • 8GB+512GB 2,499元(約4.8万円)

618セールではそれぞれ100元引きの1,999元(約3.8万円)、2,199元(約4.2万円)、2,399元(約4.6万円)となっています。

Redmi Note 11T Pro

ProモデルとなるRedmi Note 11T Proですが、11T Pro+との違いは基本的にバッテリー、サイズ、RAMストレージ構成のみとなり、Dimensity 8100搭載やデザイン等、他スペックは同モデルと同じものに。以下相違点となっています。

  • 6/8GB RAM + 128/256GB ROM
  • 5,080mAhバッテリー、67W有線充電、PD2.0/3.0に対応
  • 163.64×74.29×8.87mm、200g
  • 充電器付属(67W)

約3.4万円から

カラーはPro+モデル同様の原子银(シルバー)、时光蓝(水色)、子夜黑(ブラック)の3色が用意。予約受け付けは全モデル既に開始されており、現地時間5月31日午後8時(日本時間同日午後9時)より販売開始。価格は以下の通りです。

  • 6GB+128GB 1,799元(約3.4万円)
  • 8GB+128GB 1,999元(約3.8万円)
  • 8GB+256GB 2,199元(約4.2万円)

また618セールでは、それぞれ100元引きの1,699元(約3.2万円)、1,899元(約3.6万円)、2,099元(約4万円)となっています。

Redmi Note 11T Pro+ アトム限定版

11T Pro+には、今年で誕生70周年となる、鉄腕アトムの限定版が用意。

背面には、右半分がスケルトンとなったアトムが描かれており、右上には鉄腕アトムの英名である「ASTRO BOY」の文字が見られます。

化粧箱や付属品も特別なものとなっており、専用ケースやアトムのステッカーなどが付属

ソフトウェア面でも、アイコンや充電アニメーションなど、専用のカスタムスキンが搭載されています。

RAMストレージ構成は8GB+256GBモデルのみとなり、現地時間6月18日午前0時(日本時間同日午前1時)より販売開始。全世界で1万台限定となり、価格は2,499元(約4.8万円)です。

また西安にあるXiaomiストアでは、6月1~7日の間、鉄腕アトムのラッピングが行われているとのこと。

ちなみに、OPPO Reno6 Pro+名探偵コナン限定版発表会において「運命のルーレット廻して」が流れていたこともあり、筆者は、今回、鉄腕アトムの主題歌が流れることを期待していたのですが、残念ながら流れることはありませんでした。

OPPOより、名探偵コナンとのコラボモデル、OPPO Reno6 Pro+名探偵コナン限定版が発表。端末の背面は毛利蘭、工藤新一(コ...

日本の作品とのコラボと言えば、最近はOPPOが目立っていますが、過去にはXiaomiも、Redmi Note 4XMi 6Xにて初音ミクとのコラボ、Mi 10 Youth 5Gではドラえもんとのコラボモデルを出していたりもするので、今後の更なるコラボに期待したいですね。

割とセンスいいのでは…! XiaomiのMi 10 Youth 5Gにドラえもん限定版が登場しました。これはドラえもんの連載開...

Redmi Note 11SE

  • Dimensity 700
  • 6.5インチFHD+(2,400×1,080p)ディスプレイ(中央パンチホール)
  • 90Hzリフレッシュレート・180Hzタッチサンプリングレート
  • 4/8GB LPPDR4X RAM+ 128GB UFS2.2 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、18W有線充電に対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(f/1.79)+2MP深度(f/2.4)、最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:8MP(f/2.0)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • イヤホンジャック Hi-Res Audio
  • Bluetooth 5.1
  • MIUI 12(Android 11)
  • 161.81×75.34×8.92mm、190g
  • 充電器付属(22.5W)

こちらはその見た目からも分かる通り、POCO M3 Pro 5Gのリブランド・マイナーチェンジモデルとなっています。

POCOは先日、新型であるPOCO M3 Proをグローバル向けに発表しました。先代のPOCO M3は高いコストパフォーマンスで発売...

主な違いとしては、リアカメラが3眼(48MPメイン+2MPマクロ+2MP深度)から2眼となっている点、対応Bluetooth規格が5.0から5.1となり、背面の「POCO」の文字が「Redmi」となっている、といったところ。

対応バンド

  • 4G : B1/3/5/7/8/34/38/39/40/41(2515-2675MHz)
  • 5G SA : n1/41/78
  • 5G NSA : n41/78

約2.1万円から

カラーは暗影黑(ブラック)、深空蓝(ブルー)の2色のみ。こちらも予約受け付けは既に開始されており、現地時間5月31日午後8時(日本時間同日午後9時)より販売開始。価格は以下の通りです。

  • 4GB+128GB 1,099元(約2.1万円)
  • 8GB+128GB 1,399元(約2.7万円)

こちらも618セールでは100元引きとなり、それぞれ999元(約1.9万円)、1,299元(約2.5万円)となっています。

Redmi K50シリーズに新色・K50には512GBモデルも

Redmi K50及びK50 Proに、新色の「晴雪」(ホワイト)が登場。2,399元(約4.6万円)からとなり、現地時間6月18日午前0時(日本時間同日午前1時)に販売開始。

Redmi K50及びK50 Proが中国にて正式発表。それぞれSoCにDimensity 8100 / 9000を採用し、どちらも...

それに加えRedmi K50は、RAMストレージ構成が12GB+512GBのモデルが今回発表されており、現地時間5月26日午前10時(日本時間同日午前11時)より予約受付開始、5月31日午後8時(日本時間同日午後9時)より販売開始となっています。

通常価格が3,099元(約5.9万円)、618セール価格は2,899元(約5.5万円)です。Redmi K50 Proの512GBモデルについては、端末発売時より既に販売しています。

ちなみに、無印モデルのRedmi Note 11Tに関しては、発表及び予告はありませんでした

Redmi Note 11シリーズの新型となるRedmi Note 11T 5Gがインドで発表されました。Redmi Note 11...

インドにて既にRedmi Note 11T 5Gなる機種が発売されていますが、そちらは中国ではRedmi Note 11 5Gとして発売されているため、中国で発表されるであろうRedmi Note 11Tは異なるモデルとなることでしょう。

またXiaomiのスマートバンド最新モデル、Xiaomi Band 7及び、RedmiブランドのTWSイヤホン最新モデル、Redmi Buds 4 / 4 Proが同時発表されています。

Xiaomiの最新スマートバンド、Xiaomi Band 7、そしてRedmiブランドTWSイヤホン最新モデル、Redmi Buds...
XiaomiはRedmi Note 10Tを4月26日から発売します。SIMフリー機の価格は税込34,800円で4月14日から公式サ...

Source:発表会生放送, Xiaomi(1), (2)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2022.05.24 23:31 ID:c6de53963 返信

    激アツ

  2. 匿名 2022.05.24 23:34 ID:c6de53963 返信

    なかなかいいじゃん

  3. 匿名 2022.05.25 00:29 ID:3aa55659d 返信

    強すぎる
    これX4 GT?

  4. 匿名 2022.05.25 00:40 ID:3aa55659d 返信

    アトム!?

  5. 匿名 2022.05.25 01:25 ID:3aa55659d 返信

    Redmi noteシリーズだから日本発売とかもあったりするかな
    xiaomi 12t proとかとはディスプレイとか8gen1とかで差別化できるだろうし、値段差作れそう

  6. 匿名 2022.05.25 01:35 ID:3aa55659d 返信

    てか気になったんだけど…
    Display MateでA+って凄くない?LCDはLCDで別にランク付けされてたりしたらわかる

    • 匿名 2022.05.25 01:44 ID:3aa55659d 返信

      LCDのくせに高級有機elと張り合えるの凄い

  7. 匿名 2022.05.25 01:39 ID:19e1a7e12 返信

    やたらに日本のアニメコラボ多いな

  8. 匿名 2022.05.25 03:35 ID:19e1a7e12 返信

    後はMIUIの糞ささえどうにかすれば神
    ROM焼きめんどくさいから素でも十分に使えるようになってほしい

  9. 匿名 2022.05.25 03:57 ID:19e1a7e12 返信

    久々に本気を見た

  10. 匿名 2022.05.25 04:34 ID:3aa55659d 返信

    600nitは夏の外で見にくいけど何とか使えるかなぁって感じか
    iPhone7とかこれくらいだったよね確か

  11. 匿名 2022.05.25 06:47 ID:3aa55659d 返信

    何か好評だけど
    有機EL、IMX766、フレーム補間あるRealmeで良くないっすか

    • 匿名 2022.05.25 06:57 ID:19e1a7e12 返信

      勝手にすれば良くないっすか

    • 匿名 2022.05.25 07:46 ID:3aa55659d 返信

      価格、イヤホンジャック、Volteがの面でこっちのほうがそそられる

      • 匿名 2022.05.25 09:20 ID:3aa55659d 返信

        価格もNeo3と11TProの最低価格で比較しても200元しか差がない
        液晶なのはゲーム目的ではメリットと捉える人もいるが今度はフレーム補間機能が無い
        ならカメラで勝負と言いたいところだがメインセンサーでもNeo3のIMX766の方が魅力的
        総じて中途半端な端末って印象
        これに限らず今年のXiaomiは競合他社と比較すると割高に感じるな

        • 匿名 2022.05.25 09:44 ID:3aa55659d 返信

          すごいね!

        • 匿名 2022.05.25 12:04 ID:19e1a7e12 返信

          そうですか

        • 匿名 2022.05.25 18:13 ID:19e1a7e12 返信

          Neo3のカメラ性能スペックの割にゴミやで。

          • 匿名 2022.05.26 10:36 ID:5729feaed

            某ちゃんねるで比較画像挙がってたけど普通に頑張ってたぞ

    • 匿名 2022.05.25 08:41 ID:3aa55659d 返信

      中華の有機ELは

      • 匿名 2022.05.25 14:48 ID:3aa55659d 返信

        まー台湾もだめだわ
        ASUSも質低くて暗いとき上半分緑色だぜおれのZenfone
        これPixel6とかのカスELの仕様らしいし最悪だよ
        LCDなら色の異常は故障だから補償対象だし嫌な思いしないで済むわ

    • 匿名 2022.05.26 06:24 ID:b1c87964c 返信

      じゃあ勝手にそれ買えよ

  12. 匿名 2022.05.25 07:19 ID:3aa55659d 返信

    うーんまー性能そんなに考えなけりゃX3GTでいいかな?てかデザインRealmeっぽいな。

  13. 匿名 2022.05.25 08:31 ID:3aa55659d 返信

    欲しいけど対応バンドがね…

    • 匿名 2022.05.25 09:46 ID:3aa55659d 返信

      Poco X3 GTが全キャリア対応の前科あるしX4 GTには期待していいんじゃ

  14. 匿名 2022.05.25 08:47 ID:3aa55659d 返信

    中華スマホって何故かわからないけど日本のアニメとかとのコラボ多いよね
    中国に日本アニメのファンが多いのだろうか?

    • 匿名 2022.05.25 13:42 ID:19e1a7e12 返信

      めちゃクソ多いぞ
      ビリビリ見ればわかる

  15. 匿名 2022.05.25 10:54 ID:19e1a7e12 返信

    今年のコスパ機大賞はX4GTになりそうだね

  16. 匿名 2022.05.25 11:15 ID:3aa55659d 返信

    冬か来年ぐらいには日本仕様に防水やFeliCaなどのいらんカスタムがされた11t note発売コースかな

  17. 匿名 2022.05.25 11:24 ID:3aa55659d 返信

    アトム使うなら日本にも出してくれればいいのに
    Dimensity 8100入ってこないな

  18. 匿名 2022.05.25 12:20 ID:19e1a7e12 返信

    どうせ日本仕様はDimensityじゃなくてスナドラの中途半端なのに置き換えられる未来

    • 匿名 2022.05.25 12:53 ID:19e1a7e12 返信

      んだんだ!

      • 匿名 2022.05.25 18:10 ID:3aa55659d 返信

        ほんとこの謎システムやめて欲しい

  19. 匿名 2022.05.25 13:07 ID:19e1a7e12 返信

    Xiaomi 11T Proとスペック差はあんま無いだろうけど
    デザインはかなり良くなったな
    まぁもう少し命名規則どうにかしろよって思うけど

  20. 匿名 2022.05.25 13:43 ID:19e1a7e12 返信

    これミドルレンジじゃないよね
    準ハイエンドだよね(驚愕)

    • 匿名 2022.05.25 14:48 ID:3aa55659d 返信

      ミドル(レンジ)ハイじゃなくて、ミドルハイ(エンド)

  21. 匿名 2022.05.25 23:13 ID:19e1a7e12 返信

    メモリ少なくね?

    • 匿名 2022.05.26 11:56 ID:b1c87964c 返信

      グロ版出たら買うかなあPOCOF4待ってるけどグロ版出るの遅そうだし

  22. 匿名 2022.05.26 03:43 ID:5729feaed 返信

    中華企業が今更アトムとか子供向け漫画とかのキャラクターで限定版出すの意味わからんわ
    こどもっぽいし昭和臭い

    • 匿名 2022.05.26 17:15 ID:b1c87964c 返信

      昭和末期から平成一桁あたりの年齢層が言いそうなコメント

      • 匿名 2022.05.26 19:40 ID:5729feaed 返信

        作ってんのが、その世代のアニヲタだろw
        リアルタイム世代はとっくにリタイヤか鬼籍だしw

  23. 匿名 2022.05.26 15:21 ID:5729feaed 返信

    POCOはアプリ開いたり閉じたりする時のアニメーションがgmだから好きじゃなかったけど、社員がリークしたPOCO Launcher 4.36から普通のMIUIと同じくらい滑らかになったからX4 GTめっちゃ欲しい

  24. 匿名 2022.05.31 10:49 ID:be07334d3 返信

    MediaTekはタッチ遅延が解消されれば完璧なんだけどな。