中国版Xiaomi Mi 10Tは「Redmi K30S」?中国移動公式Weiboが投稿

先月末にXiaomiがヨーロッパ市場向けに発表した新しいハイコスパスマホ、Xiaomi Mi 10Tの中国市場における販売についての情報が入ってきました。中国版の名称は、主にその名前のみが噂されていた「Redmi K30S」。今までの流れから考えると、少し予想外です。

また、このRedmi K30SはTENNAにも登場しています。

中国移動公式Weiboがうっかりリーク

中国最大のモバイルキャリアである中国移動の公式Weiboは15日、以下のような投稿を行いました。

XiaomiのRedmi K30Sが発表されましたが、みなさんはどう思いますか?

と言いつつも、もちろんRedmi K30Sなどという端末は未だ発表されていません。Xiaomi及び中国移動が中国国内での「Redmi K30S」の発売に向け準備を進めているところなのでしょう。中国移動はこの後該当のWeiboを削除したようですが、すぐにそのスクリーンショットがインターネット上に拡散されました。

添付された写真にあるのは、どうやらヨーロッパ版のMi 10Tと同じ端末のようです。あいにくスクリーンショットの解像度が荒く、64MPカメラを搭載したMi 10Tなのか、108MPカメラを搭載した上位モデルのMi 10T Proなのかはわかりません。ただし、写真の端末に映っているグラフィックは、基本的にはMi 10Tの販促用に使われていたものです。

ネーミングの観点からも、Redmi K30S = Mi 10Tと考えるのが妥当でしょう(K30S = 10T Proではおかしい)。

なお、TENNAにもRedmi K30Sが登場しています。中国移動が投稿した画像とはほぼ一致します。

どんなスマホになる?

XiaomiのMi Tシリーズ及びRedmi Kシリーズのネーミングから考えると、今回の命名は少しだけ予想外です。今までの各シリーズの名称は以下のようになっています。

国際版中国版
Mi 9T / Mi 9T ProRedmi K20 / Redmi K20 Pro
国際版なし(一部ではPoco F2として発売)Redmi K30 / Redmi K30 Pro
Mi 10T / Mi 10T ProRedmi K30S / Redmi K30S Pro(?)

今まではナンバリングが更新されるたび、Redmi Kシリーズの新世代として扱われていましたが、Mi 10Tの中国版は何故か「Redmi K30シリーズの小規模アップグレード版」のような扱いになっています。(ネーミングの上では)

噂では、Xiaomiは中国市場に向けたRedmi K30Sの発表を10月末から11月上旬にかけて開催すると言われています。11月11日に控える中国最大の独身の日ビッグセールに備え、Xiaomiはハイコスパ機になるとみられるRedmi K30Sで勝負を仕掛ける可能性が高いです。

現在、中国版のRedmi K30Sの価格についての情報は出てきていませんが、ヨーロッパ版の499ユーロ(約6万2000円)、人民元換算でおよそ3900元という価格と同等か、もしくは少し下回る程度になるのではないでしょうか。

先月末に発表されたMi 10T、10T Pro、10T Lite。Xiaomiらしいコスパに優れたモデルですが、その内Mi 10T、...

Via:Weibo,GSMArena,TENNA

フォローする

Writer

sekken
Pixel 4a 5G or iPhone 12、買うタイミングを完全に逃す Twitterフォローしてね:@sekkenthewriter

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.10.17 13:30 ID:f150afee5 返信

    うっかりでもなんでも無くないか()

  2. 匿名 2020.10.17 14:14 ID:310a2629d 返信

    band追加してくれ

    • 匿名 2020.10.18 00:07 ID:592cccea3 返信

      だーからー ソフトバンクSIMでやれや!

      • 匿名 2020.10.18 02:18 ID:ba7d7611d 返信

        ソフトバンクSIMは格安のプリペイド系のが全滅しただろ
        ゴミしか残ってねーだろーが

      • 匿名 2020.10.18 09:39 ID:47c922ced 返信

        イライラで草