Redmi 8がTENAAに登場、フルスペック判明

画像はRedmi 7

Redmi 8は、XiaomiのサブブランドRedmiから発売される予定の低価格帯スマホです。そのRedmi 8についての情報が、中国版技適に相当するTENAAに登録されました。Redmi Note 7とRedmi 7のように、Redmi Note 8のダウングレード版のような扱いになるとみられます。

TENAAのデータベースに登録された情報

基本スペック

基本性能は2GB/3GB/4GBのRAMに16GB/32GB/64GBのROM、OSはAndroid 9でSoCが「2.0GHz駆動のオクタコアプロセッサ」となっています。SoCの詳細は不明です。RAMとROMがどちらも三段階ずつのラインナップなので、2/16GB、3/32GB、4/64GBの組み合わせになる可能性が高いです。

MicroSDカードも最大512GBまで対応しているようです。これはRedmi 7そのままですね。

ディスプレイは6.21インチ、解像度1520×720のTFT液晶で、HD+となのでやはり廉価版といった印象です。

レンダリング画像も

同時にRedmi 8のレンダリング画像とみられるものも登録されていました。カラーはブラックですが、「黒色、赤色、藍色、粉色(ピンク色)、白色、緑色、紫色、灰色」と、カラーバリエーションは比較的多いようです。最近のXiaomiの女性を狙った戦略の一環かもしれません。

画像を見ると、12MPカメラをメインとするデュアルカメラが縦に、その下に指紋センサーが配置されています。もっと下にはDesigned by Xiaomiの文字が。わかりにくいですが、インカメラはRedmi 7同様ウォータードロップ型になっているようです。

バッテリーが驚異の5000mAh

個人的に気になったのはバッテリー。TENAAに登録されている情報によればバッテリー容量は5000mAhとなっています。

前機種のRedmi 7やRedmi Note 7はバッテリー容量が4000mAhあるものの、XiaomiのMiシリーズをはじめ各社とも3000mAh台が標準です。

Redmi 8の5000mAhは、かなりバッテリー容量が大きい部類に入ります。高速充電にも対応しているとのことですが、速度は不明です。

XiaomiのサブブランドRedmiから発売されているRedmi Note 7シリーズの後継機、Redmi Note 8。先日、Re...
母体であるXiaomiから分離したRedmiは、Redmi Note 7/Note 7 Proの後継機を開発しています。Xiaomi...

Source:GSMArena,TENAA

フォローする

Writer

sekken
6月から記事を書き始めた新人ライター。Xiaomiを推していきます(^^ゞ

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.08.18 18:01 ID:cf4b39cf3 返信

    フルスペック判明?

  2. 匿名 2019.08.18 18:39 ID:72a2c5c86 返信

    フルスペック判明したのに全部はまだ分からんのか(笑)

    • 匿名 2019.08.18 22:26 ID:8025ff36d 返信

      チラッと見たらgsmarenaの元記事が
      ~full spec unvaled みたいなタイトルだったみたいやわ

  3. 匿名 2019.08.18 22:23 ID:8025ff36d 返信

    Socはよ 一番そこが気になる 
    7でantutuで10万越えたけど今回は何採用するのか

    Redmiのほぼ最低ラインとは言えもう普段使い出来そうな感じかな