realme GT Neo3Tが正式発表【realme Q5 ProのリネームモデルでSD870搭載】

realme GTシリーズ最新モデル、realme GT Neo3Tがインドネシアにて正式発表。今年4月に中国で発表されたrealme Q5 Proのリネームモデルとなり、SoCにSnapdragon 870を採用し、5,000mAhバッテリー搭載、80W急速充電対応などが特徴のモデルとなっています。

realme Q5とrealme Q5 Proが中国市場向けに正式発表されました。高速充電が強みのシリーズとなっています。realm...

基本スペック

  • Snapdragon 870
  • 6.62インチFHD+(2,400×1,080p 397PPI)E4 AMOLEDディスプレイ(左上パンチホール)最大輝度1,300nit
  • 120Hzリフレッシュレート・360Hzタッチサンプリングレート
  • 8GB LPDDR4X RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、80W有線充電に対応(12分で50%充電可能)
  • 画面内指紋認証(光学)
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.79 80.5°)+8MP超広角(f/2.25 119°)+2MPマクロ
  • インカメラ:16MP(f/2.45 78° 1/3.09)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー Dolby Atmos Hi-Res Audio
  • Bluetooth 5.2
  • NFC
  • realme UI 3.0(Android 12)
  • 162.9×75.8×8.65mm、194.5g
  • 充電器付属(80W)

名前からしてrealme GTシリーズとはなるものの、今年4月中旬に中国で発表されたrealme Q5 Proのリネームモデルとなっており、Snapdragon 870搭載や120Hzリフレッシュレート対応、5,000mAhバッテリーに80W急速充電対応など、基本スペックは同モデルと変わりありません

またリフレッシュレートにおいては、30/60/90/120Hzの4段階可変となっているとのこと。

特徴的なその背面デザインについては、realmeは「レーシングフラッグデザイン」と呼んでいます。

冷却性能に関しては、ダイヤモンドサーマルジェルを採用し、4,129㎟のVC液冷などからなる8層の冷却機構を搭載

一般的な放熱設計と比べ、端末のコア部分の温度を最大で18℃低下させることが可能としています。

カメラについては、64MPメイン、8MP超広角、2MPマクロのトリプルカメラと、ザ・ミドルレンジといった構成に。

ソフトウェア面では、realme GT Master Editionシリーズより実装されたストリートフォトグラフィーモードに対応しています。

Realme GTシリーズの最新モデル、Realme GT Master Explorer EditionおよびMaster Edi...

対応バンド

  • 4G : B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/66/38/39/40/41(2496-2690MHz)
  • 5G SA : n77/78/38/40/41(2496-2690MHz)/1/3/5/7/8/20/28/66
  • 5G NSA : n77/78/38/40/41(2496-2690MHz)/1/3/5/7/8/20/28/66

約5.1万円

カラーはDash Yellow(イエロー)、Drifting White(ホワイト)、Shade Black(ブラック)の3色が用意されていますが、インドネシアではDrifting Whiteを除いた2色展開に。

既に予約受付は開始されており、現地時間6月25日午後0時(日本時間同日午後2時)より販売開始。

RAMストレージ構成は、公式サイトにはストレージが128/256GBとの記載がありますが、価格が公表されたのは8GB+128GBのみで、通常価格がRp5,499,000(約5.1万円)、予約購入価格は、Rp200,000引きのRp5,299,000(約4.9万円)です。

ちなみに同RAMストレージ構成の中国価格は、2,099元(約4.2万円)となっています。

realme GT Neoシリーズ最新モデル、realme GT Neo3が中国にて正式発表。Dimensity 8100をSoCに...

また、インドネシア向けにrealme GT Neo3、realme Buds Air 3も今回発表されており、価格は前者の8GB+256GB(80W)がRp6,999,000(約6.4万円)、12GB+256GB(150W)がRp7,999,000(約7.3万円)、そして後者がRp799,000(約7,300円)となっています。

realmeは、本日中国で行われた発表会にて、realme Pad Xとともに、realme GT Neo3 ナルト限定版を発表。う...
realmeのタブレット3機種目となる、realme Pad Xが中国にて正式発表。SoCにSnapdragon 695を搭載し、ク...

Source:発表会生放送, realme(1), (2)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2022.06.07 20:34 ID:4b7ffccf1 返信

    可変リフレッシュレートの機種はどれも自動で判断して周波数変化してくれるの?
    それならバッテリー持ちも結構違ってくるのかしら?
    自分で変えられるだけじゃないよね?

    • 匿名 2022.06.07 21:51 ID:68293551e 返信

      勝手に変えてくれる設定があるよ

  2. 匿名 2022.06.08 15:07 ID:e205c9268 返信

    日本でRealme vs Redmiのコスパ対決がみたい

  3. 匿名 2022.06.08 22:06 ID:fe022b10c 返信

    バンドは良いけど、VoLTEがどうだか・・・
    価額もあと5000円安ければ・・・

    • 匿名 2022.06.09 13:22 ID:73c24ff6e 返信

      どんなに良くても、realmeはVolte問題が
      発生した時点で選択肢から外れてるわ。
      高性能、高コスパで一世風靡した俺のGT5Gも
      android12に出来ず、もはや遺物と化してる。