realme GT Neo3が正式発表【Dimensity 8100搭載・80/150W充電対応で約3.8/5.1万円~】

realme GT Neoシリーズ最新モデル、realme GT Neo3が中国にて正式発表。Dimensity 8100をSoCに採用し、80Wないし150Wの超急速充電に対応している点が特徴的なモデルとなっています。

【2021/09/23/22:22・詳細スペック、対応バンド等追記】 Realmeより、GTシリーズ最新モデルとなる、Real...

基本スペック

  • Dimensity 8100
  • 6.7インチFHD+(2,412×1,080p)AMOLEDディスプレイ(中央パンチホール)
  • Gorilla Glass 5
  • 120Hzリフレッシュレート・?Hzタッチサンプリングレート
  • 6/8/12GB LPDDR5 RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 5,000/4,500mAhバッテリー、80/150W有線充電に対応
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:50MPメイン(IMX766 84.4° f/1.88 1/1.56 OIS)+8MP超広角(119.7° f/2.25)+2MPマクロ(88.8° f/2.4)、最大4K60FPS動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(Samsung S5K3P9 82.3° f/2.45)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー Dolby Atmos Hi-Res Audio
  • NFC
  • realme UI 3.0(Android 12)
  • 163.3×75.6×8.2mm、188g
  • 充電器付属

先日発表されたRedmi K50に次いで、SoCにはTSMCの5nmプロセス製造のDimensity 8100を採用。

Redmi K50及びK50 Proが中国にて正式発表。それぞれSoCにDimensity 8100 / 9000を採用し、どちらも...

世界初150W超急速充電に対応

バッテリー周りに関しては、該当モデルにおいて世界初となる150W超急速充電に対応5分で50%充電が可能としています。

安全性については、38層のセキュリティ保護を備え、独立した充電制御チップを搭載。また150W急速充電製品では初となる、TÜVの安全急速充電認証も取得しています。

バッテリーの寿命においては、1,600回の充電サイクル後でも容量は80%以上となるとのこと。毎日1回充電しても、4年は持つ計算です。

150W対応充電器は重さ172gとなり、PD/PPS/QCにも対応

80W充電対応でバッテリー容量増のモデルも用意

150W超急速充電対応が大きな特徴となるrealme GT Neo3ですが、別に80W充電対応のモデルも用意

バッテリー容量は150W対応モデルが4,500mAhである一方で、80W対応モデルは500mAh増の5,000mAhとなっています。

厚さ、重さに関しては両モデル同じで、8.2mm・188gと、比較的薄く軽めなものに。

独立グラフィック用チップを搭載

独立したグラフィック用チップを搭載し、第五人格や王者栄耀など20種以上の対応ゲームにおいてフレームレートを倍増してのプレイに対応。

それにより、王者栄耀で通常の120fpsでのプレイ時と比べた際、消費電力は22%低下するとのこと。

冷却性能においては、4,129㎟のVC液冷など9層からなる冷却機構を搭載し、総冷却面積はrealme史上最大の39,606㎟に。伝熱効率は25%向上しており、核部分の温度は最大で19℃低くすることが可能としています。

また王者栄耀を上記の疑似120fpsモードで1時間プレイした際、端末温度は40.4℃となったとのこと。

メインレンズはIMX766を採用しOISに対応

リアカメラ構成は、50MPメイン、8MP超広角、2MPマクロのトリプルカメラと、ミドルレンジモデルでも見られるものに。ただ、メインレンズはSony IMX766を採用し、OISにも対応しています。

対応バンド

  • 4G : B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28a/34/38/39/40/41(2515~2675MHz)
  • 5G NSA : n77/78/40/41(2496-2690MHz)/1/3/5/8
  • 5G SA : n78/40/41(2496-2690MHz)/1/3/5/8/28a

約3.8/5.1万円から

カラーは勒芒(ル・マン(ブルー))、狂飙黑(ブラック)、银石(ホワイト)の3色展開。予約は既に受付開始となっており、現地時間3月30日午前0時(日本時間同日午前1時)より販売開始。その価格は以下の通りです。

realme GT Neo3 (80W)

  • 6GB+128GB   1,999元(約3.8万円)
  • 8GB+128GB   2,299元(約4.4万円)
  • 12GB+256GB 2,599元(約4.9万円)

realme GT Neo3 (150W)

  • 8GB+256GB   2,699元(約5.1万円)
  • 12GB+256GB 2,899元(約5.5万円)

また150W対応モデルにおいては、初回限定価格は100元引きとなり、それぞれ2,599元(約4.9万円)、2,799元(約5.3万円)となっています。

realme Buds Air 3

先月末のMWCにてグローバル発表されたrealme Buds Air 3が、中国向けに発表。

世界初となるTÜVの高性能ノイズリダクション認証を得た42dBノイズリダクション、10mmドライバー、合計30時間のバッテリー持ち、IPX5防水、レイテンシー88ms、Dolby Atmos対応などが特徴となっています。

カラーは星夜蓝(紺)、勒芒(ル・マン(ブルー))、流光白(ホワイト)の3色が用意。

こちらも予約は既に受付開始となっており、現地時間3月30日午前0時(日本時間同日午前1時)より販売開始。通常価格が399元(約7,600円)、初回限定価格は349元(約6,600円)となっています。

realme GT 2シリーズと同時に、realme GT Neo2ドラゴンボールカスタムエディションが発表。悟空の道着を模したデザ...
Realme GTシリーズ最新モデル、Realme GT Neo2Tと、Q3のマイナーアップグレードモデル、Realme Q3sが正...

Source : 発表会生放送, realme

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2022.03.22 18:44 ID:cb7939498 返信

    Redmi k50越えちゃった!?

    • 匿名 2022.03.22 22:24 ID:cb7939498 返信

      越えてない VC面積書かれてない

      • 匿名 2022.03.22 23:01 ID:298a9095d 返信

        VC面積公表されてますよ。
        公式を確認して下さい。

        • 匿名 2022.03.23 09:34 ID:c26ab2366 返信

          了解しました

  2. 匿名 2022.03.22 20:35 ID:298a9095d 返信

    良いなぁこれ

  3. 匿名 2022.03.22 20:45 ID:cb7939498 返信

    カメラも良さげでこの価格。
    爆熱でバッテリー鬼喰いのスナドラ888に嫌気さしてるんで買い替えたい。

  4. 匿名 2022.03.22 22:12 ID:cb7939498 返信

    祭りだぁああああ

  5. 匿名 2022.03.22 22:40 ID:cb7939498 返信

    重さ、冷却、充電スピード、カメラ
    今年一番時代を感じるスマホだわ

  6. 匿名 2022.03.22 23:11 ID:298a9095d 返信

    80Wの6GBモデルコスパよすぎない?
    Xiaomiは好きだけどOSが嫌いだからコッチ乗り換えるのもアリかなあ

    • 匿名 2022.03.23 00:37 ID:c26ab2366 返信

      グローバル版出るのかなぁ

  7. 匿名 2022.03.22 23:39 ID:298a9095d 返信

    Volte 次第だなあ

  8. 匿名 2022.03.23 01:51 ID:b5d4eff69 返信

    原神覇権キター

  9. 匿名 2022.03.23 06:35 ID:c26ab2366 返信

    グローバル版出たら買う。つくづく円安が憎い

    • 匿名 2022.03.23 19:32 ID:b5d4eff69 返信

      プーチンを恨め。あのクソが戦争始めたから
      紛争時の安パイであるドルが買われ過ぎた
      結果だよ。

      • 匿名 2022.03.23 20:32 ID:c26ab2366 返信

        みなさん一緒に「FUCKPUTIN」

  10. 匿名 2022.03.23 08:58 ID:c26ab2366 返信

    スマホでもdGPUの流れになるのかね

  11. 匿名 2022.03.23 09:45 ID:c26ab2366 返信

    スペック的には今年イチオシのコスパ最強機になりえそうだけど、
    結局はプラチナバンドフル対応してても、「VoLTE」次第なんだよなぁ・・・

  12. 匿名 2022.03.23 10:03 ID:b5d4eff69 返信

    ガキに人気出そうだな

    • 匿名 2022.03.23 12:22 ID:b5d4eff69 返信

      ガキには買えないし、マクロもない、ショルダーボタンもない
      blackShark待ちだわ

  13. 匿名 2022.03.23 10:32 ID:b5d4eff69 返信

    Volte復活するなら買います。Realmeスマホ触ってみたい!

  14. 匿名 2022.03.23 11:22 ID:c26ab2366 返信

    グラフィックチップってゲーム側が対応してないと腐るのかな?

    • 匿名 2022.03.23 12:21 ID:b5d4eff69 返信

      意味が分かりません
      ゲーム会社はMTKに最適化すればいいだけでは

  15. 匿名 2022.03.23 12:53 ID:b5d4eff69 返信

    Realmeの日本参入からそろそろ一年
    これ引っさげてスマホも発売開始して
    くんないかな
    日本向けにカスタマイズして

    • 匿名 2022.03.23 19:25 ID:c26ab2366 返信

      lotだけでスマホは出さないだろ。

      • 匿名 2022.03.23 20:24 ID:b5d4eff69 返信

        いつか日本でも何かしらのスマホを発売できるように努力してまいりますと言っていましたがどうなるんでしょうね

    • 匿名 2022.03.23 20:33 ID:c26ab2366 返信

      そんな赤字確定なことはまあせんやろ
      Xiaomiもそう
      日本市場の難しいところ

  16. 匿名 2022.03.23 15:15 ID:b5d4eff69 返信

    同じグループ会社のOppoと価格競争帯がモロ食い合うからどうだろうね…(特に日本では)。現状気を遣って遠慮してるようにしか見えない

    そこそこの性能で高コスパの勉強してまっせ価格の端末(つまりRenoAシリーズ)しか売れてないし売れる気配もない

    もしRealmeが来たらお互いが同じ層の客を奪い合う未来しか見えない

    OneplusがOpooの傘下に入ったけどそうするのがRealmeだったら(Realが日本でスマホ出す可能性としては)まだ良かったかも知れない。でもRaalmeの業績自体は好調みたいだから無いか

  17. 匿名 2022.03.23 15:18 ID:c26ab2366 返信

    OppoでしたゴメンねOpoo

    • 匿名 2022.03.23 19:59 ID:b5d4eff69 返信

      おぽー

  18. 匿名 2022.03.23 15:20 ID:b5d4eff69 返信

    RealmeでしたゴメンねRaalme

  19. 匿名 2022.03.23 19:23 ID:c26ab2366 返信

    どうせVOLTE塞ぐだろ。

  20. 匿名 2022.03.23 22:33 ID:c26ab2366 返信

    カメラ性能もうちょっと頑張れなかったのかなあ
    すげー期待して待ってたが、がっかりだ

    X7 Proを超えてくれー

  21. 匿名 2022.03.24 10:34 ID:b25e3c0ee 返信

    VOLTEだけよな懸念は

    • 匿名 2022.03.24 13:18 ID:f7caafd4a 返信

      ほんとそれに尽きる

      • 匿名 2022.03.24 14:27 ID:f7caafd4a 返信

        VOLTE塞ぎ・・日本人にはグロ版realmeを買わせず
        オマ国価格で国内版のoppoを買わせるための策略?

  22. 匿名 2022.03.27 08:03 ID:407716801 返信

    realmeをメイン使いに考えるのは絶対にやめとけ
    1111で買って以降一度もアプデできなくなったGTユーザーより