実機レビュー: Xiaomi Redmi Note 10 Pro

Redmi Note 10 Proは日本でも発売されているスマートフォンで、6.67インチフルHD+ディスプレイを搭載し、Snapdragon 732Gを搭載しているのが特徴です。

投稿してくださった様、ありがとうございました。

Redmi Note 10 Proのスペック概要

基本スペック
ディスプレイ6.67インチ, 1080 x 2400, 有機ELディスプレイ, 395ppi
サイズ164 x 76.5 x 8.1mm, 193g
システム
OSAndroid 11
SocQualcomm Snapdragon 732G
CPUKryo 470 Gold x2 + Kryo 470 Silver x6 8コア, 2.3 GHz
メモリ(RAM) 6GB / 8GB
ストレージ 64GB / 128GB,  microSD最大【独立スロットかどうかは不明】512GBまで独立スロット
カメラ
メインカメラ 108 + 8 + 5 + 2MP, F値/1.9, クアッドカメラ, LEDフラッシュ, PDAF
メインカメラ特徴
前面カメラ 16MP, F値/2.45
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
機能防水 IPX3, 落下する水滴を受けても問題なし, イヤホンジャック あり
その他特徴ハイレゾ対応, デュアルスピーカー
バッテリーType-C, 5020mAh

購入について

購入の決め手

Xperia 1 IIの電池性能がわずか一年で80%未満になったので。

購入場所・購入時期・購入価格

Amazon.co.jpで購入、2021年/8月頃セールで30000万以下で買えた。

購入モデル

SIMフリー、メモリ6GB、グレイシャーブルー。

化粧箱・付属品

Xperia 1 IIと比べて付属品がとても充実しています! いつも国内機種しか購入してこなかった者としては驚きしかありません。 箱の大きさは、iPhoneXrと比べて大きく高級感がありました。 付属品は、電源アダプター/急速充電器/SIMピン/ケース/ユーザーガイド/保証書、です。

本体デザイン

背面は、うっすらとグラデーションがかかっていて光沢もあるため、非常に高級感を感じるデザインとなっています。ディスプレイ、背面ともに辺の部分が湾曲しているので、手になじむように感じます。カメラが中央上にあるのも特徴的です。

ディスプレイ

ディスプレイは有機ELのフルHD+でとても綺麗です。 「6.67インチ、20:9」の大きい画面でとても見やすいです。 コントラスト比が「4500000:1」とこの価格帯スマホとしてはとても高いです。

ソフトウェア・アプリ

初めてのMIUIで、とても設定項目等見ずらいです。 Androidに慣れている方ですが、MIUIは一生なれないレベルで分かりづらいです。 ゴリゴリのカスタムで遊び心あるOSですが、ピュアAndroidに慣れて私にとっては使いづらいです。 ジェスチャーナビゲーションは純正以外のランチャーでは動作しません。 タスクキルをすると、バックグラウンドの動作も停止するのでLINEの通知が一切来ないなど困ります。

動作・ゲーム性能

ハイエンドチップのSnapdragon865からSnapdragon732Gにグレードを下げたので、動作に不満を持つか不安でしたが、思っていたより快適でした。 原神はプレイすることはできますが、快適とは言えません。 ただ、簡単な動作やスクロールにカクついたりします。 人生初の120Hzは感動しました。 Xperia1IIの疑似90Hzとは段違いでヌルヌルです。

カメラ性能・写真サンプル

カメラ性能は、スペック表を見る限りすごそうですが実際は大したことはありませんでした。ただ、同価格帯のスマホよりは確実にいいと思いました。 108MPなので、トリミング耐性があります。 思いろいのがマクロ撮影。 被写体にものすごく近くでもピントが合うのでとても使ってて面白いです。 フィギュアのタイツのつなぎ目部分の繊維が見れたり、αのフルマグネシウム合金の質感までも見えます。

スピーカー・音質

Xperia 1 IIより左右のバランスがおかしいです。 Dolby Atmosに対応しているので、音の広がり方が変わるのでオススメです。(要アップデート) イヤホンジャックからの音質は駄目です。こちらはおまけ感覚と考えたほうがいいです。

電池持ち・充電速度の印象

120Hzを常時使用中なので電池がモリモリ減りますが、Xperia 1 IIよりは全然持ちます。

その他独自機能について

Xiaomiのスマホは、顔認証と指紋認証が同時に登録できるのでロック解除のときとても便利です。 起動音も変更することができるので、私はWindowsの起動音にしています。

まとめ

良い点

①価格の割に高性能  
②ディスプレイ性能が高い
③付属品が充実してる

気になる点

①カメラ性能が期待はずれ(マクロは面白い)  
②防水性能がIP53
③なれないMIUI 

全体的な感想

価格が安いので、初めての方にも購入しやすいとは思いますが、このカスタムしきっているMIUIのOSは扱いにくいです。この機種のいいところはディスプレイ性能が高いことです。有機ELなので焼付きの問題はありますが、ハイエンドに迫る画質の良さなのでおすすめです。 おサイフケータイや防水機能がほしい方は他の機種をおすすめします。

評価:3.5点/5点満点

価格・購入先

Redmi Note 10 Proの 6 GB/ 64 GB モデルの発売時の価格は日本円で約 30,000円でした。購入時の参考にどうぞ。

現在、通販サイトでの購入が可能です。

その他実機レビューはこちら

フォローする

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します