mineoがMNP転出時の解約金を撤廃。紹介特典なども変更へ

ITmediaの報道によるとMVNOのmineoを運営するオプテージは、2019年10月1日以降に申し込んだ新規ユーザーの違約金を撤廃することを決定したようです。政府の携帯料金値下げに向けた改正法の施行に合わせた措置とみられます。

mineoでは、これまで利用開始から12ヶ月以内にMNP転出した場合、9500円(税別)の契約解除料が発生していました。俗に「1年縛り」と呼ばれるものです。

改正電気通信事業法に伴う「mineo」のサービス変更

ImageSource:ITmedia

注意が必要なのは「9月30日以前に申し込んだユーザーは10月1日以降にMNP転出した場合でも解除料が発生してしまう」という点です。2020年3月からは新制度が始まり、以前からのユーザーの解除料も撤廃される見込みです。

解除料の撤廃は、10月1日から施行される改正電気通信事業法によるもので、「解除料は最大1000円までにすること」や「長期利用特典の年間付与上限は1カ月分の利用料金までとすること」と定められます。3大キャリアにも、「2年縛り」を撤廃、値下げする動きが広まっています。

同じMVNOのUQモバイルやNifMoも縛りのない新料金プランを発表しています。

UQモバイルが10月1日から開始する新料金プランを発表しました。政府の携帯料金値下げに向けた改正法の施行に合わせた解約手数料の廃止、...

これまでmineoは長期利用特典の「ファン∞とく」を行なっていましたが、こちらも改正法に沿ったサービス内容に変更されます。2020年3月以降は長期利用特典に加え、紹介特典なども新制度に置き換えられるとのこと。

2019年10月1日から2020年3月までは暫定的に、紹介したユーザー数に応じて抽選で1500円~3500円の電子マネーが送られるほか、落選しても2GBのパケットがもらえるキャンペーンが行われます。

10月1日からは増税に加え、電波法も改正されます。解除料の撤廃や値下げをきっかけにMVNOの利用者は増加するのでしょうか。

大手キャリアが行っている「通信の最適化」をMVNOであるmineoも行っていることが判明しました。 通信の最適化とは 通信の最適...

Source: itmedia.co.jp

フォローする

Writer

tokui
新人ライターtokuiです。海外ガジェットYouTuberが好きで、暇があればレビュー動画を見ています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します