Nokia 7.2 / 6.2が発表される。低価格でカメラ重視

Nokia 7.2

ドイツのベルリンで行われているエレクトロニクスショー、IFA 2019にてNokia 7.2 / 6.2が発表されました。どちらも9月末に発売される予定です。

Nokia 6.2 

リークされていたレンダリング画像の通り、円形のカメラモジュールにトリプルカメラが搭載されています。カメラだけでなくガラスのバックパネルや背面の指紋認証、水滴ノッチなど似ている箇所は多数。しかしどちらもNokiaらしい美しい仕上がりとなっています。

Nokiaが発売を予定している最新機種、Nokia 7.2のレンダリング画像がリークされました。Nokia 7.2はトリプルカメラと...

Nokia 7.2 / 6.2のスペック

Nokia 7.2にはSnapdragon 660が搭載され、4GB/6GBのメモリと64GB/128GBのストレージというバリエーションがあります。また、デュアルSIMに対応しています。

トリプルカメラですが、ZEISSブランドのレンズが採用されています。メインカメラは48MPの1/2インチセンサー、サブカメラは8MPの超広角レンズ、三つ目の深度センサーは様々なボケ感を出すことができます。また、インカメラは20MPで、ソフトウェア処理によって高画質化される仕様です。

カラーは、シアングリーン、チャコール、アイスの三色。価格は300ユーロ、約35000円です。

Nokia 6.2はSnapdragon 636を搭載、メモリは3GB/4GBと32GB/64GBのストレージを備えています。 Nokia 6.2にはZEISS製のレンズは使われておらず、16MP+8MP+5MPという編成です。ZEISSブランドのロゴの刻印がないため、Nokia 7.2と見分けるポイントになるでしょう。

カラーはセラミックブラックとアイスの二色。価格は200ユーロ、約25000円からとなっています。どちらも涼しげな「アイス」の色合いが美しいですね。メカニックなデザインの機種が増えるなかで、ブレのないNokiaらしさを感じさせます。


様々なブランドから新機種が発表されるIFA 2019。Nokiaからは二つのミッドレンジ機が登場しましたね。価格を抑えながらも、充実したレンズの編成を実現しています。円形のカメラモジュールはこれからのトレンドになりそうです。

Nokiaは日本で正式に展開されていないため手にする機会がないのが残念なところ。さて、この後も引き続きIFA 2019で発表される新機種についてお伝えしてまいります。

ソニーは現在ドイツで開催中のIFA 2019でXperia 5を発表しました。Xperia 1の性能をそのままにひと回りコンパクトに...

Source: IFA2019

フォローする

Writer

tokui
新人ライターtokuiです。海外ガジェットYouTuberが好きで、暇があればレビュー動画を見ています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します