LG G8X ThinQ発表。IFA 2019で触ってみた【2画面スマホ】

現在ドイツで開催中のIFA 2019。LGは、ケースを装着することで2画面スマホとして使用可能なLG G8X ThinQを発表しました。一見してどういうスマホなのか解りづらいG8X ThinQについて、現地から触ってみた感想を交えつつお伝えします。

折りたたみスマホ?

G8X ThinQは、LG Dual Screenという専用アクセサリを利用して2画面化できるスマートフォンです。厳密にいれば、いわゆる折りたたみスマホではありません。

スマートフォンを折りたたみ可能なスクリーン付きケースに装着して、2画面スマートフォンとして使用できるもので、商品としてはGalaxy Foldというより、ROG Phoneのアレにちかいものです。

変態スマホROG Phoneのアレ。POG Phoneを2つ使い、アクセサリで2画面化が可能。

ただしROG Phoneの合体アクセサリと比べると、LG Dual Screenはケース側にディプレイがあり、2つのスマートフォンを必要とするわけではありません。そのためとても薄く、軽量に仕上がっています。

同様にLG Dual Screenを採用したスマートフォンとしてLG V50 ThinQがあります。

フリーストップヒンジ

360°折り曲がるフリーストップヒンジを採用しているため、表裏どちらに折り曲げることもできます。ただし、ブースで触ってみたところ上の写真のようにスマホを表側に折り曲げた際に「パキッ」と不吉な音がしたため、強度に若干の不安を覚えます。

上の画像はスマホを表画面にしない通常の折りたたみ状態です。表面はガラスでタッチパネルではありませんが、ガラケーのように時計部分だけ小さなモノクロディスプレイになっています。

時計の時刻表示は展示されていた状態だと極めて視認性が悪く、おまけ程度のディスプレイです。

意外に軽い

画面が2つあるため重そうに見ますが、軽量で薄いOLEDのせいか見た目ほどの重量は感じません。持ち比べてみたところ、210gのOPPO Reno 10x Zoomよりやや重いかなという程度でした。

スペック上の重量は単体で192g。LG Dual Screenを装着した状態でも226gと軽量です。

ただし、持ちやすいかといわれれば、かなり持ちにくいと感じました。操作してみると、そのまんま「スマートフォンを2つ持っているような感じ」です。

本体サイズは159.3 x 75.8 x 8.4mmですが、LG Dual Screenを装着した状態では165​​.96 x 84.63 x 14.99mmになります。

用途は多様

OLEDで広いシェアを持つLGだけに画面は非常に美しいです。

また上の画像のように画面ごとに異なるアプリを表示することができます。下画面をキーボードにしたりゲームのコントローラーとして活用するなど、場面に応じた様々な使い方が可能です。

基本スペック

スマホ側の背面。

SoCはSnapdragon 855。6GBのRAM、128GBのストレージです。背面カメラはデュアルカメラで、12MPの標準カメラ+13MPの広角カメラ。前面カメラは32MP。バッテリー容量は4000mAhの大容量です。

価格次第ではありますが、Galaxy FoldやMate Xよりも案外実用的なスマートフォンかもしれません。

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.09.08 01:31 ID:8dd58afab 返信

    素で幅8.4にケース付けて14.99とか太過ぎるわ…

  2. 匿名 2019.09.15 15:01 ID:4b9f62638 返信

    完成度の低そうな無骨な感じかなぁ…
    パキッて一番聞きたくない音じゃん!