OPPO Find X2のリーク続々。ソニー製新型センサーに2K120Hzディスプレイ

image:OPPO Find X

発表と発売が待たれているOPPO、Find Xの後継機、OPPO Find X2。新たに入ったリーク情報により、メインカメラに搭載されるのはソニー製イメージセンサー、IMX689IMX708、インカメラにIMX616。そして120Hzのリフレッシュレートに1440 x 3168ピクセルの解像度を持つディスプレイを搭載すると噂されています。

新型CMOSのIMX689とIMX708

OPPO Find X2はトリプルカメラで、ソニーが手掛ける新型イメージセンサーが採用されます。IMX689とIMX708は1/1.3のセンサーサイズ、48MPの解像度を1/1.3のセンサーサイズを有しております。

実際に手にとって撮影してみないことにはわかりませんが、撮影時のフィーリングはかなり変わってくるでしょう。

去年7月に発表、インカメラもアウトカメラも内部に収納する美しいデザインで話題になったFind X。新型にあたるFind X2の情報も登場し始...

そこに13MP、5倍のハイブリッド光学ズームの望遠レンズがメインレンズをサポートする形で搭載されると予想されています。インカメラは32MPのIMX616と、カメラ評価の高いHuawei Mate 30 Proにも採用されているものです。

スマホカメラの解像度やセンサーサイズの関係についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

image: Xiaomi-Mi-CC9-Pro HUAWEIの子会社であるHonorのマーケティングマネージャー、申开朗氏は...

6.5インチ、1440 x 3168ピクセルのディスプレイ

OPPO Find X2に搭載されるディスプレイは6.5インチで、エッジの角度は80°湾曲した仕様になる予定。このディスプレイは2K、1440 x 3168ピクセルという超高画質になると予想されています。リフレッシュレートも120Hzと、現行最高ともいえるディスプレイ性能となりそうです。

さらに、フレームレートが少ない動画をMEMCチップ(Motion Estimation Motion Com-pensation)で補正し、滑らかな映像に変換してくれます。JNCDは、iPhone 11 Pro Maxの0.9を超える0.8となる予定です。この数値は低ければ低いほど色彩の再現性が高くなります。

「謎のハイスペック機」というだけでアガりますね。 AnTuTu.v8.1.9において「Realme RMX2071」という名称...

SoCには非常に高いスコアが期待されるSnapdragon 865が搭載され、OPPOが独自開発したOPPO M1コプロセッサにより消費電力の削減が可能になるそうです。50Wものワイヤレスチャージャー付属の噂もあり、非常にハイスペックで魅力的な端末になりそうなOPPO Find X2。発表は2020年の第1四半期中に行われると見られています。

Source:Weibo

フォローする

Writer

tokui
「ウチはな、曽祖父の代からiPhoneを使ってるんだ、これからもそうさ」

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.01.26 22:47 ID:265e36900 返信

    こいつもパンチになるわをやな。

  2. 匿名 2020.01.26 23:16 ID:60618a315 返信

    カメラをどう始末してくるのか
    お姿を早く拝ませていただきたいものですな
    価格は12万円かな

  3. 匿名 2020.01.27 00:53 ID:c9b582374 返信

    FindXじゃなくてR17proを選んだけど新型のFindが50w充電になるなら機種変するつもり。
    まぢに50W充電は速い
    これに慣れたらそれ以下のスマホは使えないわ

    • 匿名 2020.01.27 00:56 ID:c9b582374 返信

      Findも50w充電だわ
      間違うなよ

    • 匿名 2020.01.27 12:18 ID:e4007808b 返信

      関係なくてすまんが、まぢって使う人メチャクチャ久々に見たわw

  4. 匿名 2020.01.27 15:48 ID:2245a9145 返信

    1/1.3で48MP(多分実使用時は12MP)て凄いな

  5. 匿名 2020.01.28 05:32 ID:2b6c4b665 返信

    湾曲ディスプレイ嫌いなのにどんどん増えていくw