Mi 10 Ultraの公式ポスターらしき画像が流出【120倍ズーム】

以前よりリークのあったMi 10 Pro+、あるいはMi 10 Pro Super Cupと呼ばれるMi 10 Proの上位モデル。中国では小米 10 至尊纪念版(エクストリーム記念版)と呼ばれ、グローバルでは、Mi 10 Ultraと呼ばれるとCEOの雷軍氏が公表しています。その公式ポスターと見られる画像が流出し、そのカラーや一部のカメラ性能が明らかとなりました。

正式発表は8月11日を予定しています。

Xiaomiによるモデル番号「M2007J1SC」の端末が、Antutuベンチマークスコアで687,422点を記録したようです。著名...

最大120倍ズームに対応か

画像をよく見てみると、4つ並んだカメラの一番上右に「120X」の文字が。これは、その横にあるペリスコープカメラがあることもあり、120倍ズームを意味すると見て間違いないでしょう。

ズームと言えば、100倍ズームでおなじみのSamsungですが、Galaxy Note 20 Ultraではズームは最大50倍に。海外メディアではGalaxy S20 Ultraの100倍ズームの評価はあまり良くなく、ギミックと呼ばれていることを考えると、この120倍ズームも同じようなものなのではないかと心配になってしまいます。

こちらは実世界での写真

他に画像から分かることは、そのカラー。何より右側のものは、うっすらとNFCタグや基盤のようなものが見えており、Mi 8 Proを彷彿とさせます。

写真はMi 8 Pro。Mi 8 Proは2D赤外線顔認証なのに対し、Mi 8 Explorer Editionは3D顔認証と異なっている

しかしそのデザインはもともとMi 8 透明探索版(Explorer Edition)のものであり、Mi 10ではないと思われていたMi 10 Explorer Editionとなる可能性もないとは言えません。

もう片方は、シルバー、あるいは白といったところでしょうか。筆者としては、Mi 6で鏡面仕上げのMi 6 Silver Editionがあったため、10周年記念ということでそれを想起させるシルバーであると予想します。

Snapdragon 865搭載

その他のリークされたスペックとしては以下の通り。

  • Snapdragon 865
  • LPDDR5 RAM+UFS3.1 ROM
  • 120Hzリフレッシュレート 1080p AMOLEDディスプレイ
  • 次世代画面内指紋認証
  • 4500mAhバッテリー、100または120W有線、55Wワイヤレス充電対応
  • ハイレゾ対応

SoCは最新ではないSnapdragon 865となっていますが、Red Magic 5SのようにGPUカスタマイズでスコア的にはSnapdragon 865+以上の高性能を引き出している模様。有線充電も、120倍ズーム、120Hzリフレッシュレートときたら、120W充電と揃えてほしいところ。

来月発売が噂されているMi 10 Pro+にはGame Turboモードが存在し、GPUクロック数の変更ができるようです。Mi 10...

100W又は120W充電となった場合、8月17日発表予定のvivo iQOO5を抑えて、史上初の100W以上充電対応スマホとなります。

vivoはiQOO 5の発表を8月17日に行うことを明らかにしました。 iQOO 5は120W充電に対応したス...

アクセサリーのリークも

端末本体以外にも、ケースや55W対応のワイヤレス充電器のリークも。Mi 10 Ultraなどの価格については一切不明です。しかし、120倍ズーム、120Hzリフレッシュレート、100あるいは120W充電などといったスペックを考えると、Mi 10 Pro最安モデルの4999元(約7.8万円)よりは高いと見るべきではないでしょうか。

また、XiaomiはMi 10 Ultraに加え、Redmi K30 Ultraも同時に発表すると見られています。Redmi K30 Ultraの方では是非とも値段に期待したいところですね。

XiaomiからMi 10 Pro+(Super Cup)という新型機種の登場が噂されていますが、同時にRedmi K30 Ultr...
image:Xiaomi Mi 10 Xiaomiは、8月11日に設立10周年のオンラインイベントを行い、CEOの雷軍氏も登場...

Source:GSMArena

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.08.09 09:32 ID:607f4aade 返信

    AQUOS R5G並にカメラモジュールが長いのが気になる

  2. 匿名 2020.08.09 09:41 ID:e412917c2 返信

    なんじゃこりゃ

  3. 匿名 2020.08.09 10:16 ID:3f8a58139 返信

    120Xの部分銀色にするのダサくね?

  4. 匿名 2020.08.09 10:17 ID:717e180ed 返信

    相変わらず、糞重そうだな

  5. 匿名 2020.08.09 11:44 ID:7bb945adc 返信

    メインがisocell gn1ならいいけど…

    • 匿名 2020.08.09 21:28 ID:717e180ed 返信

      また、一億の載せるんじゃない?
      情弱つるにはちょうどいいしな

  6. 匿名 2020.08.09 12:04 ID:71b0c0b53 返信

    本体の1/6くらいカメラはデカすぎる
    イメージセンサーのサイズも大きいだろうから綺麗には取れそうだけど、重量と価格も凄いことになりそう

    • 匿名 2020.08.10 08:53 ID:4c03d02f1 返信

      この「カメラバンプをデカくしもいいんだ」って風潮作ったのはリンゴか?それともサムスンか?
      全くろくでもねえ流行作りやがる

  7. 匿名 2020.08.09 12:32 ID:520f72fd5 返信

    背面がダサすぎる

  8. 匿名 2020.08.09 12:56 ID:50198d46a 返信

    このガチャガチャしたガジェット感強い感じは好き

  9. 匿名 2020.08.09 14:51 ID:b912c715f 返信

    裏を見るだけで2桁万円を匂わせてる

  10. 匿名 2020.08.09 15:55 ID:571843d00 返信

    15万くらいしそう

    • 匿名 2020.08.09 17:57 ID:c9e3f9b64 返信

      最近のxiaomiならマジで否定できないよな。
      redmiすら格安路線から離れ始めてるし(スペック落とした機種はまだ格安だけど)、xiaomi自身が今年機種出しまくってる割に成長が微妙なのもある。
      そういえば直近だとSamsungとhuaweiは落ちて、Appleとxiaomiが確か上がってたわな。

  11. 匿名 2020.08.09 20:26 ID:85a8fa123 返信

    s20 ultraって確かに100倍までズームできるけど実際の所光学5バイズーム搭載のスマホと変わらんくね
    光学12倍とは別物になると思うが…
    値段は中華版が10万、グロ版が14万と予想

  12. 匿名 2020.08.10 10:03 ID:fc28a8200 返信

    ディスプレイ解像度が相変わらずフラッグシップモデルなのに低い

    • 匿名 2020.08.10 11:13 ID:9d0d5643f 返信

      スマホの画面サイズだとフルHDあれば十分

  13. 匿名 2020.08.11 11:46 ID:f7d0c4eee 返信

    カメラダサいな

  14. 匿名 2020.08.11 23:00 ID:accbe5002 返信

    899$だってよ