Matebook Linux版販売開始

HUAWEIはOSとしてDeepin OSを搭載したMatebook 13/14/X Proを中国で発売しました。

Deepin OSはDebianベースのLinuxディストリビューションです。

シンプルで美しい、そしてWindowsユーザーにも使いやすいGUIや非常に高い機能性が特徴で中国国内で最も活発なLinux ディストリビューションとされています。「初心者の苦痛を無くし、ベテランの時間を節約する」が設計理念です。

Matebook 13/Matebook X Proに関しては日本でも発売されています。Macbookを意識したかのようなデザインや高いコストパフォーマンス、ユニークなカメラ配置で見覚えのある方もいるでしょう。

F6キーとF7キーの間に配置された押すと飛び出すカメラ。ディスプレイのベゼルレス化やセキュリティの向上に貢献しています。

今回新たに発売されたMatebook 13/14は、Windows版の最下位モデルから仕様はそのまま300元(約4500円)値下げされています。そのため、Linuxディストリビューションを使う方やWindowsのプロダクトキーを持っている方にとってはお得でしょう。

また、Matebook X ProのみWindows版からGeForce MX150(2GB GDDR5)からMX250(2GB GDDR5)、ストレージは256GBから512GBに。他にもBluetoothのバージョンが4.1から4.2などといった小さなアップグレードが一部行われ、価格は11元上乗せされました。

主な仕様と価格は

  • Matebook 13 – 8世代i5・8GBメモリ・512GBストレージ・2160×1440ピクセルの13インチディスプレイで5399元(約8万円)
  • Matebook 14 – Matebook 13と主なスペックはそのまま14インチディスプレイで5699元(約8万5千円)
  • Matebook X Pro – 8世代Intel i5およびGeForce MX250・8GB・512GBストレージ・3000×2000ピクセルの13.9インチディスプレイで8699元(約13万円)

となっています。

注意点としてはのちにWindowsをインストールした際、指紋認証といった機能を有効にするためには別途HUAWEIのドライバーをインストールする必要があるようです。

Linuxについて、HUAWEI公式は「オープンソースに基づいたOSで、開発者や比較的システムについて詳しい人々が使用する」と説明しています。

HUAWEIはパソコンやスマートウォッチ、スマートスクリーン用にHongmeng OSを開発・使用していますが、未だWindowほど成熟していません。Linux版のMatebookを販売開始したのは、アメリカの制裁によってWindowsの標準搭載が不可能となったとき、未熟なHongmeng OSを使用せずうまく販売継続するための予防策と見られています。

Huaweiは、現在中国広東省東莞市にて開催中のHDC2019(ファーウェイディベロッパーカンファレンス2019)にて、Harmon...

Source:HUAWEI Official

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します