Meizu 16s Proのスペックがひっそり公式サイトに登場

Meizuは4月にフラッグシップモデルのMeizu 16sを発売しまが、今回その上位機種となるMeizu 16s Proのスペックが発表前に公式サイトにひっそり登場しました。公式のスペック表によると、Snapdragon 855 Plusや48MPカメラセンサーを搭載した高性能機になるようです。

Meizu 16s Proスペックシート

上のスペックシートからMeizu 16s ProはSocにSnapdragon 855 Plus、90Hzの高リフレッシュレートを持つAMOLEDディスプレイ、48MPのセンサーを含むトリプルカメラを搭載していることが分かります。メモリは8GB、12GBから選択できます。通常使用であれば8GBでも十分です。

また、本体ストレージは次世代のストレージ規格「UFS3.0」に対応しているようです。UFS 3.0はこれまでのスマホのストレージのデータアクセス速度の2倍と高速になっています。今後のスマートフォンの主流になっていくでしょう。

他にも、Meizu 16s Proは24Wの急速充電、18Wに対応した「mCharge Wireless」をサポートし、Android 9.0 PieをベースとしたFlymeOS 8を搭載します。画面内指紋認証システムにも対応するようです。その他にも独自の決済システム Meizu Payやナビゲーションバーを使ったSuper mTouchを搭載しているようです。

Source:GSMArena

フォローする

Writer

gadgetmania
メインはiPhone Xs Maxを三色、 サブ機として最近Androidを購入しました。 どちらの製品も魅力があるのでそれを伝えていけたらなと思います。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します