LGがG pad 5でAndroidタブレット再参入か

なぜこのタイミングなのでしょうか。

韓国のエレクトロニクスメーカー、LGが新たに「G pad 5」というタブレットを開発中とのリーク情報が入りました。LGは2年以上前にタブレット市場から撤退しており、この情報が本当であれば再参入ということになります。

LGのタブレットはJ:COMを介して国内でも販売されていましたが、そのアップデートも2017年で途切れています。

こちらはLM-T600LことG pad 5が韓国のRRAに認証された際の書類です。RRAとは日本でいう技適のようなものです。日付は2019-08-06となっており、つい先月であることがわかります。

また、GooglePlayの認証も受けており、大まかなスペックがわかっています。ディスプレイは1920×1200で10.1インチ、OSはAndroid 9.0 Pieとのこと。SoCはSnapdragon 821となっていますが、こちらは更新される見込みです。

現在タブレット市場はiPad一強状態。Android勢は折りたたみスマホで牙城に挑もうとしているところです。LG自身も、LG G8X ThinQというデュアルスクリーン機種を発表したばかりでもあります。

G pad 5はいまのところ、型番や認証などの情報が点在するまるで亡霊のような存在です。これから姿を表してくれるのでしょうか。

現在ドイツで開催中のIFA 2019。LGは、ケースを装着することで2画面スマホとして使用可能なLG G8X ThinQを発表しまし...
LGは、自社のスマートフォンに中国BOEの有機ELディスプレイを搭載する模様です。既にファーウェイが自社スマホにBOE製の有機ELデ...

  Source: GSMArena

フォローする

Writer

tokui
新人ライターtokuiです。海外ガジェットYouTuberが好きで、暇があればレビュー動画を見ています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します