Lenovo Legion Y90が正式発表【SD8 Gen 1・デュアル冷却ファン搭載】

Lenovo Legionより最新ゲーミングスマホ、Lenovo Legion Y90が正式発表。Snapdragon 8 Gen 1をSoCに採用し、デュアル冷却ファン、デュアルUSB Type-Cポート、フロントステレオスピーカー搭載などが特徴のモデルとなっています。

nubiaのゲーミングブランド、Red Magicより最新モデル、Red Magic 7、7 Proが中国にて正式発表。Proモデル...

基本スペック

  • Snapdragon 8 Gen 1
  • 6.92インチFHD+(2,460×1,080p 388PPI)Samsung AMOLED E4ディスプレイ Dolby Vison 感圧式タッチ対応 最高輝度1,300nits
  • 144Hzリフレッシュレート・720Hzタッチサンプリングレート
  • 12/16/18GB LPDDR5 RAM + 128/256/512(+128)GB UFS3.1(+SSD) ROM
  • 5,600mAhバッテリー、68W有線充電(35分で満充電可能)、QC4.0、PD3.0に対応
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン+13MP超広角
  • インカメラ:16MP
  • フロントステレオスピーカー Dolby Atmos
  • ショルダーセンサー
  • 冷却ファン×2
  • USB Type-C×2
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.2
  • ZUI 13
  • 177×78.4×10.14mm、252g

SoCには最新のSnapdragon 8 Gen 1を採用し、144Hzリフレッシュレート、感圧式タッチ対応AMOLEDディスプレイ搭載と、ディスプレイにおいては前モデルから大きな変更はなく。

Lenovoが手掛けるゲーミングスマホ2機種目となる、Lenovo Legion Phone Duel 2(中国ではLenovo L...

バッテリー容量は100mAh増の5,600mAhとなるも、充電W数は90Wから68Wにダウンしています。

2つのUSB Type-Cポートはどちらもバイパス充電に対応

ただUSB Type-Cポートは引き続き、縦持ちと横持ちした際それぞれの下部、計2つ搭載しており、どちらにおいても、バッテリーを充電せず直接電力を供給するバイパス充電に対応

RAMストレージにおいては、仮想メモリとSSD搭載(おそらく512GBモデルのみ)により、通常・ランダムの書き込み性能が30・50%、読み込み性能が40・11%増加

冷却ファンの吸気口・排気口がそれぞれ2つに

冷却性能に関しては、前モデルに引き続きデュアル冷却ファン、VC液冷など12層からなる冷却機構を搭載し、総冷却面積は66,849㎟に。

PCレベルの冷却フィン32個を搭載しており、吸気口、排気口はそれぞれ2つに増加しています。

3DMark Wild Life Extremeを20回行うストレステストでは、上画像の通り競合機種と比べより安定したパフォーマンスを発揮(Legion Y90は赤線)。

実際のゲームプレイでは、競合機種と同等かそれ以下の端末表面温度で、より安定したfpsを記録しています。

通常のタッチ入力以外に6つのインプットが可能

操作面では、ショルダーセンサーは左右がそれぞれ2つ、L/R1、L/R2に分かれており、スライドなどの操作にも対応ディスプレイは3段階調節可能な感圧式タッチ対応となっており、これらを合わせ、通常のタッチ入力以外に6つのインプットが可能に。

フロントステレオスピーカーを搭載

スピーカーについては、最近ではあまり見なくなったフロントステレオスピーカーとなり、Dolby Atmosに対応

バイブレーションのもととなるモーターは、前モデルに引き続きX軸のものを2つ搭載。

またソフトウェアでは、Lenovoによるカスタムスキンの最新バージョン、ZUI 13を搭載しています。

アクセサリー類

アクセサリー類は既に販売開始となり、スマホ用外付けショルダートリガーが99元(約1,800円)、保護フィルム・ガラスがそれぞれ59元(約1,100円)、専用ケースが69元(約1,300円)が用意。

初回販売価格はそれぞれ69元(約1,300円)、49元(約900円)、59元(約1,100円)となっています。

約7.9万円から

予約は既に受付開始となっており、現地時間3月10日午前0時(日本時間同日午前1時)より販売開始。価格は以下の通りです。

  • 12GB+256GB 4,299元(約7.9万円)
  • 16GB+256GB 4,599元(約8.4万円)
  • 18GB+640GB(512GB UFS+128GB SSD)5,299元(約9.7万円)

初回販売価格はそれぞれ300元引きの3,999元(約7.3万円)、4,299元(約7.9万円)、4,999元(約9.1万円)となっています。

またSnapdragon 870搭載の8.8インチゲーミングタブレット、Lenovo Legion Y700も同時に発表されています。

Lenovo Legionよりゲーミングタブレット、Lenovo Legion Y700が正式発表。Snapdragon 870をS...
【2022/04/26:追記】 グローバル向けに、Redmi K50 Gamingのリブランドモデル、POCO F4 GTが発...

Source : 発表会生放送 Via:GIZMOCHINA

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2022.03.01 00:07 ID:75aa1ec3c 返信

    252グラムってヤバ

  2. 匿名 2022.03.01 00:16 ID:5ef3b24ac 返信

    気になってたんだけど、こういうファン付きのスマホって掃除どうすんの?
    PCはフタ開けてブラシ掛けるなりスプレー吹くなりできるけどさ

  3. 匿名 2022.03.01 00:36 ID:75aa1ec3c 返信

    いや、冷却気持ち悪っ!!

  4. 匿名 2022.03.01 02:51 ID:5ef3b24ac 返信

    UFS3.1+SSDでRAID0を構築すると公式で言ってるけど
    スマホのNANDストレージでストライピングするなんてデメリットばかりで意味不明
    とりあえずやりたいだけだろ
    1st_Type-C/USB3.1Gen2、2nd_Type-C/USB3.Oという点は豪華でよろしい

  5. 匿名 2022.03.01 10:43 ID:75aa1ec3c 返信

    あのさぁ、ここまでしてスマホでゲームやる意味ある?タブでええやん

    • 匿名 2022.03.01 11:05 ID:5ef3b24ac 返信

      夏場はどうすんのwバッテリー温度上がっていいことある?

      • 匿名 2022.03.01 17:13 ID:75aa1ec3c 返信

        問題になるほど上がることある?

    • 匿名 2022.03.06 22:20 ID:92642ee7e 返信

      タブレットとか1番いらんわw
      家でやるならPC、出先でやるならスマホ

  6. 匿名 2022.03.01 11:21 ID:5ef3b24ac 返信

    日本発売するのかな?

  7. 匿名 2022.03.01 12:53 ID:5ef3b24ac 返信

    最上位640gbってtwitterで流れてきて、珍しい数字だったからびっくりしたけど。512+128で640gbなのか。面白いな。

  8. 匿名 2022.03.02 07:24 ID:982b4ba1c 返信

    SD8 gen1は良いけどフレームレートは変わらず144かー
    他のスマホにも言えるけどCPUだけ上がってその他がついてきていない感じ。
    モニターに繋げばフレームレートは上限なし、みたいなのできないんかね?

    • 匿名 2022.03.03 07:25 ID:32abcc354 返信

      ゲーミングモニターの平均?が144Hzだからそれ以上はまだ必要ないってことなんじゃね?
      高くても165Hzあれば高い方って認識だしそれ以上ってなると温度の処理できなさそう

    • 匿名 2022.03.03 12:10 ID:a0fad3d2b 返信

      処理うんぬん以前にUSBポートが10Gbpsしかない