iQOO 7正式発表【約6.1万円~でSnapdragon 888機最安】

以前よりティザーされてきたiQOO 7が中国にて正式発表されました。リークで予想されていたほど安くはありませんが、それでも先日発表されたXiaomi Mi 11よりも少し安い約6.1万円からと、Snapdragon 888搭載機最安値を更新することとなりました。Snapdragon 888搭載機としてはMi 11に次ぐ2番乗りとなりました。

1月11日発表予定のゲーミングスマホ、iQOO 7の価格とスペックシートがリーク。Snapdragon 888搭載機で発売されている...

基本スペック

  • Snapdragon 888
  • 6.62インチ1080p AMOLEDディスプレイ(パンチホール)
  • 120Hzリフレッシュレート・300Hzタッチサンプリングレート・1,000Hz瞬間タッチサンプリングレート
  • 8/12GB LPDDR5(6,400Mbps) RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 4,000mAhバッテリー、120W有線充電、PD65W充電に対応
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(f/1.79 OIS)+13MP超広角(120° f/2.2)+13MPポートレート(f/2.46 光学2倍 最大20倍)
  • インカメラ:16MP(f/2.0)
  • ステレオスピーカー
  • OriginOS
  • 162.2×75.8×8.7mm、209.5g

Xiaomi Mi 11に続き、第2のSnapdragon 888搭載機となったiQOO 7。120Hzリフレッシュレート対応やMi 11同様の強化版LPDDR5(6,400Mbps)RAMを搭載など、近年のフラッグシップにおいてはスタンダードなスペックに。

バッテリーにおいては4,000mAhと、競合他機種と比べると少々心もとなさを感じる容量ですが、iQOO 5 Proと同じく120W有線充電に対応し、15分で満充電を可能としています。

またソフトウェアには、Vivoの新カスタムスキン、OriginOSを搭載しており、一応その名称は「OriginOS for iQOO」となってはいるものの、通常のOriginOSとの違いがあるのかは不明です。

vivoから新たに発表された、現行機種に採用されているFuntouch OSに代わるカスタムOSとして登場が予定されているOrigi...

その他特筆すべき点としては、一時期のiPhoneBlack Shark機に見られた感圧式タッチ対応や、4,096平方mmもの大きさを誇る冷却プレートなど。

約6.1万円から

カラーはブラックレルム、レーテントブルー、そしてBMW M モータースポーツの3色ストライプが入ったレジェンダリーエディションの3種類となっており、予約受付は既に開始、販売開始は1月15日からとなっています。また、気になるお値段は以下の通りです。

  • 8GB+128GB    3,798元(約6.1万円)
  • 12GB+256GB  4,198元(約6.8万円)

Xiaomi Mi 11の約6.3万円よりは確かに安いものの、同機種と比べディスプレイ解像度やタッチサンプリングレート、バッテリー容量など劣る点があるのもまた事実。

現状Snapdragon 888搭載機最安とはなりますが、例年通りであれば同じくiQOOより、同SoCを搭載しさらに安いiQOO Neoシリーズの登場が予想されます。またXiaomiのRedmi K40の存在もあるため、Snapdragon 888搭載機を最安で欲しい、という方は少し待ってみるべきではないでしょうか。

サムスンの5nmプロセス製造ミドルレンジSoC「Exynos 1080」初搭載となるVivo X60、X60 Proが正式発表されま...
vivo iQOO Z1は2020年6月に発売されたスマートフォンで、6.57インチディスプレイやMediatek Dimensit...

Source:iQOO

フォローする

Writer

Kohei
Vivo X60シリーズが気になる

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.01.12 01:38 ID:25304451f 返信

    ゲーミングスマホなのにデザインが良い。
    6.8インチで196gのMi11みたいに最近の軽量化の流れに乗れてないのは微妙だけど。

  2. 匿名 2021.01.12 02:47 ID:25304451f 返信

    重さもタッチサンプリングレートもMi11より悪いわけだが。
    Mi11の発熱とバッテリー持ちの悪さがなければワンチャン…?

    • 匿名 2021.01.12 08:07 ID:7ff58fd5a 返信

      480Hzは人類には早すぎたかもしれない

  3. 匿名 2021.01.12 07:21 ID:91f000b88 返信

    冷却はiQOOなんで大丈夫だとして、カメラがねぇ…どうなったか

  4. 匿名 2021.01.12 07:52 ID:aa72777be 返信

    120wでいいじゃん

  5. 匿名 2021.01.12 08:36 ID:c12266ed5 返信

    クソカス画素数のマクロとかをつけてないのポイント高い

    • 匿名 2021.01.12 09:24 ID:7ff58fd5a 返信

      マクロはノーカン

      • 匿名 2021.01.12 14:10 ID:c12266ed5 返信

        クアッドカメラ(4つカメラがあるとは言ってない)

    • 匿名 2021.01.12 10:09 ID:d1c61ba08 返信

      よし、マクロと深度センサーで2眼分プラスで申告したろ!

  6. 匿名 2021.01.12 10:24 ID:d6ed7d91d 返信

    価格競争が激しいわね。こっちの方が安いわ。
    https://simtaro.com/news-xiaomi-redmi-k40-series-launch-february/

    • 匿名 2021.01.12 15:05 ID:f3f6f3c44 返信

      バッテリ4000mahはねーだろw
      5000mahの間違いか?

      • 匿名 2021.01.12 15:24 ID:39d61a14b 返信

        电量绝对大于4000mAh
        だから4000以上じゃないの?

  7. 匿名 2021.01.12 14:01 ID:6b754d8c6 返信

    電源系専門情報サイトによるとこの機種は
    グラフェンリチウムバッテリー搭載機になるそう
    大電流を低発熱、長寿命で行えるようで
    Xaomiがプレミアムフラブシップ機Mi10 Uitraで120Wを採用した時に使われたようで
    まだコストが高いためMi11では見送られたらしい
    現時点での次世代バッテリーは高速充電手段のプレミア採用でしかないので
    iQOO 7は同様の価格帯なので選択基準にはなりそう

  8. 匿名 2021.01.12 20:38 ID:fbc53c285 返信

    中国のスマホ市場はコロナ要因があったものの販売台数は前年より20%ダウンだから、
    値下げ圧力で価格競争になりそうだな。
    待つのが吉か。

  9. 匿名 2021.01.13 15:45 ID:2cc815e05 返信

    Proの情報があんまり見当たらないけど、無印と別にpro版も出るんだろうか。