iQOO 7 / 7 Legendがインド発表【約4.7/5.9万円~】

今年第1四半期に中国にて発表されたiQOO Neo5およびiQOO 7が、インドにてiQOO 7、7 Legendとして正式発表。これにより、同じiQOO 7という名前でも中国版とインド版によって違う機種となり、ややこしいネーミングとなってしまっています。

以前よりティザーされてきたiQOO 7が中国にて正式発表されました。リークで予想されていたほど安くはありませんが、それでも先日発表さ...

iQOO 7

  • Snapdragon 870
  • 6.62インチ1,080p AMOLEDディスプレイ(中央パンチホール)最大輝度1,300nit
  • 120Hzリフレッシュレート・300Hzタッチサンプリングレート・1,000Hz瞬間タッチサンプリングレート
  • 8/12GB LPDDR4X RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 4,400mAhバッテリー、66W有線充電に対応(30分で満充電が可能)
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(IMX598 f/1.8 OIS)+13MP超広角兼マクロ(120° f/2.2)+2MPモノクロ(f/2.4)
  • インカメラ:16MP(f/2.0)
  • ステレオスピーカー
  • Funtouch OS 11.1 Global(Android 11)
  • 163.34×76.37×8.43mm、196g
  • 充電器付属(66W)

こちらは今年3月中旬に中国で発表されたiQOO Neo5のインド版となり、主なスペックに相違はありません。

ただ、公式サイトにはカスタムスキンについてFuntouch OSの表記しかないため、件のOriginOSを期待している人はしばらく様子を見た方が良さそうです。

またカラーにおいては、ストームブラックとソリッドアイスブルーの2色のみとなっており、中国版にあった特徴的なピクセルオレンジはありません。

Vivoのゲーミングブランド「iQOO」の最新廉価モデル、iQOO Neo5が正式発表。Snapdragon 870を搭載し、個別に...

対応バンド

  • 4G : B1/3/5/8/38/40/41
  • 5G : n78

約4.7万円から

  • 8GB+128GB   ₹31,990(約4.7万円)
  • 8GB+256GB   ₹33,990(約5万円)
  • 12GB+256GB ₹35,990(約5.3万円)

iQOO 7 Legend

  • Snapdragon 888
  • 6.62インチ1,080p AMOLEDディスプレイ(中央パンチホール)
  • 120Hzリフレッシュレート・300Hzタッチサンプリングレート・1,000Hz瞬間タッチサンプリングレート
  • 8/12GB LPDDR5(6,400Mbps) RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 4,000mAhバッテリー、66W有線充電に対応(22分で満充電が可能)
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(IMX598 f/1.79 OIS)+13MPポートレート(f/2.46 光学2倍 最大20倍)+13MP超広角兼マクロ(120° f/2.2)
  • インカメラ:16MP(f/2.0)
  • ステレオスピーカー
  • Funtouch OS 11.1 Global(Android 11)
  • 162.2×75.8×8.7mm、209.5g
  • 充電器付属(66W)

こちらは今年初めに中国で発表されたiQOO 7のインド版となり、主な変更点としては、最高120W充電対応から66W充電対応にスペックダウンしています。

カスタムスキンについてはiQOO 7でも記した通り、こちらもFuntouch OSの表記しかありません。

またカラーについては、BMW Mの3色ストライプが入ったレジェンドの1色のみとなっています。

対応バンド

  • 4G : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/34/38/39/40/41
  • 5G SA : n1/n3/n28/n41/n78
  • 5G NSA : n41/n78

約5.9万円から

  • 8GB+128GB   ₹39,990(約5.9万円)
  • 12GB+256GB ₹43,990(約6.5万円)
Vivoのゲーミングブランド、iQOOより、Zシリーズ最新モデルであるiQOO Z3が登場。Snapdragon 768Gや55W急...

インド市場向けの高コスパなハイエンド機も、中国市場同様に出そろってきましたね。

Redmi K40 Gamingは、POCO F3 GTとしてインド発売されると、Xiaomiに強いリーカー、@kacskrzがツィ...

Source:iQOO(1), (2), Twitter

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.05.01 19:06 ID:4ac971d57 返信

    iQOO 7のフレーム補完で原神が120fpsでプレイできるというだけで選ぶ価値があるとかないとか

    • 匿名 2021.05.01 19:11 ID:400c991d2 返信

      そんな機能あるのか。やるやん

    • 匿名 2021.05.01 20:05 ID:72230b8bf 返信

      888で原神120fpsとかスマホ溶けね?

      • 匿名 2021.05.01 22:00 ID:bbb497fcb 返信

        溶けるわ。
        60でさえゲーミングじゃないと冷却追っつかないのに

    • 匿名 2021.05.02 21:53 ID:313d09553 返信

      フレーム補完ってPCモニタとかテレビでもある機能だけど
      前後フレームを参照してから補完フレーム挿し込む仕組み上、遅延が発生してゲームに向かないってのが原則なんだが、そこらへん解決されてるのかねぇ

      • 匿名 2021.05.02 22:48 ID:1b6b8a8d4 返信

        昔より多少はマシになってたとしても、解決してるわけないべ
        解決してたら高リフレッシュレートにネイティブ対応する意味がないし
        まぁスマホゲー程度なら遅延あっても気にしない人もいるかも知れんがね

  2. 匿名 2021.05.02 00:41 ID:d8edb0c45 返信

    IMX598って、
    1年前くらいから使ってるVivo専用のソニーイメージセンサーだっけ

    • 匿名 2021.05.02 15:31 ID:4fd4a642f 返信

      x50 proから積まれてるよね

  3. 匿名 2021.05.02 16:52 ID:4b7f17673 返信

    OSの在り方は変えられましたか…?

  4. 匿名 2021.05.02 23:18 ID:519125765 返信

    ultraの次はlegendかよ、、、w