iOS13がリリースから一週間で脱獄されてしまう

iOS13がリリースされてから一週間(ツイッター投稿時)にして、脱獄されました。ツイッターではその様子を見せる投稿が2000近くのいいねがあり、高い注目を集めています。

今回、iOS13初の脱獄に成功したのはイギリス在住のsparkey氏(PsychoTea)。彼は以前にも、iOS 10からiOS 10.3.3搭載デバイス向けのPC不要脱獄ツールの開発にも成功した実力派デベロッパーとして知られています。

Cydiaの起動に成功しているスクリーンには、「iPhone10,4, iOS13」の文字が右下に確認できます。

sparkey氏が脱獄させたデバイスはiPhone7や8などのノッチがない機種と予想できますが、同時にSIMカードが使用されていないデバイスであることが分かります。通常、SIMカードが挿入されていない状態のiPhoneでは「No SIM」とステータスバーに表示されます。

しかし、このデバイスでは「…No SIM」というiOS13で新たに変更された文字表示になっています。sparkey氏が使用したデバイスは最新のiOS13を搭載しているものであると言えるでしょう。

今回iOS13デバイスの脱獄に成功したsparkey氏が脱獄ツールを開発し、それを一般公開するという可能性は絶対ではありません。iOS13が脱獄可能であるということをsparkey氏が証明してから、世界の有名デベロッパーチームらが脱獄ツールの開発を開始しており、すでにいくつかのツールが出回っているようです。

iOS13も早速脱獄されてしまったApple。脱獄犯との厳しいバトルは終わりそうにありません。

Source:spaerkey氏Twitter

フォローする

Writer

Sekey
水道水をお気に入りのキーボードにこぼしたことで壊してしまった。悲しみの中、新しく買うスマホを考え中。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.06.23 20:10 ID:923c8cdf8 返信

    iPadOSが登場するから脱獄する人も減りそうだね。端末が高くなっていく度にリスクが増えるから。

    • Sekey 2019.06.24 20:45 ID:fa1176ded 返信

      そうですね。
      iPhoneでも脱獄する人はどんどん減っていますね。私の場合はiOS7あたりから脱獄の必要性を感じなくなりました。アップルの努力です。