Huawei Mate X2がTENNAに登場

Huawei Mate X2がTENNAで確認できるようになりました。Huaweiのプレミアムラインとして位置づけられているMate (X)シリーズですが、そこに新たな機種が加わる日が近づいているもようです。

折りたたみスマホのSamsung W21 5Gが正式発表されました(Galaxyブランドではありません。)中国の携大手キャリア、中国...

Huawei Mate X2がTENNAに登場

TET-AN10

今回TENNAに登場したのは、Huaweiによるモデルナンバー「TET-AN00/TET-AN10」という製品で、これはHuawei Mate X2という新型スマートフォンであると予想がされています。過去にWeibo上でDigital Chat Station氏がHuawei Mate X2のモデルナンバーが「TET-AN00」であるとリークしており、今回実際にそのモデルナンバーと一致する製品がTENNAに現れたということになります。

TET-AN00

Huawei Mate X2ですが、Huawei Mate Xの後継機種にあたる折りたたみ型スマートフォンであると見られています。これまでのリーク情報では、メインのディスプレイが8.0インチでサブのディスプレイは4.5インチと伝えられてきました。チップセットにはKirin 9000が採用されるという予想です。Huawei Mate Xは2019年2月に発表がされた機種です。同機種はその特徴的なディスプレイから、品質の理由で一般向けへの発売の延期がされたことがありました。その後継機種の登場した場合、実に2年ぶりとなります。

米国政府から制裁を受けているHuaweiはKirin 9000を700〜800万個しか生産できなかったと言われています。Huawei Mate 40シリーズもKirin 9000を搭載しているため、Mate 40の(主に中国での)販売成績次第では、Mate X2は生産台数限定モデルになるかもしれませんね。

今年2月にその正体明かされてから長らく発売の延期がなされてきたHuawei Mate Xがいよいよ11月15日に中国国内で発売されます。 ...

Mate X2以外にも6.5インチディスプレイのスマホを準備中

また、同時にモデルナンバー「CDL-AN50」という製品の存在も判明しています。TENNAの登録情報によると、この製品は5Gに対応したスマートフォンであり、6.5インチのディスプレイを搭載、バッテリー容量は3,900mAh、そしてデュアルSIMに対応していることが分かります。このモデルについてのスペックのリークは多くはされておらず、40Wの超高速充電に対応することのみが3Cの認証情報から判明しています。ミッドレンジかフラッグシップスマートフォンかということは今後分かっていくでしょう。

Huawei Mate Xsは2020年3月に発売されたスマートフォンで、8.0インチディスプレイやKirin 990 5Gを搭載し...

Source: 91mobiles

フォローする

Writer

Sekey
Twitterでフォロワー募集中です。 アジアのガジェットネタをつぶやく予定です。 Sekey @sekeysm https://twitter.com/sekeysm

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.11.24 08:24 ID:a6e85c4b1 返信

    チップはどうすんのかね

    • 匿名 2020.11.24 09:09 ID:6f3244ec9 返信

      本文嫁
      生産台数限定モデルとなる場合もある
      搭載チップはkirin9000だぞ

  2. 匿名 2020.11.24 13:46 ID:7d73094e3 返信

    開幕から打ち間違ってる何だ「ぷてみあむ」ってwww
    曲がるのGalaxy・Huawei
    伸びるのTTCL・OPPO
    どこのメーカーで映す要素の新しく画面の大きさが変わるスマホ作ってくれ

    • 匿名 2020.11.24 14:12 ID:e146c4fd6 返信

      何だ「TTCL」ってwww

    • 匿名 2020.11.24 20:59 ID:ae4cefb7b 返信

      プロジェクター機能ならGalaxy beamってのがあって…