Infinixというアフリカのダークホース【地場メーカーシリーズ】

アフリカや中東、東南アジアなど、限られたマーケットでしか名を聞くことができないInfinix。近年になり製品のクオリティを非常に上げており、さらにはコンセプトモデルとしてInfinix Concept Phone 2021を公にしています。アフリカで生まれ、すでに大手メーカーの一歩後を追うレベルのメーカーとなっているInfinixを特集します。

スマートフォン業界の中でもとても熱い(暑い)インド市場。2020年の今となっては中華メーカーにそのシェアをほとんど奪われてしまいまし...

2013年設立・アフリカの王者Tecnoと同じ起源をもつ

Infinixは2013年に上海に拠点を置くTranssion Holdings(伝音科技)の子会社として、アフリカでビジネスを始めました。Transsionとは、アフリカマーケットで絶対的な地位を誇るTecnoの親会社としても知られます。その翌年にはすでにヨーロッパ、アジア、中東で販売を始めるほどの勢いを見せました。

世界各国に4つの生産拠点と3つのR&D施設を所有しており、低価格でも品質の高い製品を34のマーケットで販売しています。

製品カテゴリは主力のスマホのほか、オーディオ関連、スマホ向けアクセサリも存在しています。現時点でスマホの製品ラインナップはZeroシリーズとNoteシリーズ、セルフィー強化のSシリーズ、低価格のHotシリーズ、Smartシリーズとなっています。

34の戦略的マーケット選定

現時点でInfinixが進出しているマーケットは上記の図の通りです。東南アジアではインドネシアやフィリピン、そしてアジア第二の大国であるインド、そしてアフリカ市場までを攻略しています。ドバイやメキシコといったマーケットでも製品を販売しています。

アジアに限る場合、インドとフィリピンでは製品ラインナップも非常に豊富で、オンラインに強い販売チャネルで販売台数も良いと予想されます。特にインドの場合は2017年の進出以降現地のメディアやYouTuberが製品をレビューしたりすることで、ユーザーの知名度が上がりつつあります。パキスタンでは2015年に進出していることもあり、現地でとても強い存在感を見せます。マレーシアについては2021年に進出して間もないマーケットですが、現地のメディアも製品に注目するなどセールスは好調を見せています。今後どのようなラインナップを投入してくるかに期待がされます。

上記のマーケットのうち、半分近くでは実店舗が存在しており、積極性を見せています。

他社との差別化はデザインから行われる

これは筆者の考察になりますが、Infinixはソフトウェアはもちろんハードウェアを非常に重視してきていることが感じられます。機種のデザインに力を入れる傾向はここ最近になり強くなっており、デザインにこだわるユーザーへの希求性は高いでしょう。

同社は製品デザインにフランススタイルを取り入れていることが特徴であり、実際に製品ラインナップを見てみても他社との違いに気づくことができます。

上の機種はInfinix Note 10 Proというものですが、iFデザインアワード2021を受賞した実績があります。背面バックパネルのデザイン性などを見ても、その美しさに誰もが納得をするでしょう。

低価格帯のラインナップに注力した戦略

Infinixは多くの製品ラインナップがあるものの、すべてが日本円で3万円を切る低価格帯に属しています。これは前述したように進出しているマーケットの消費者の購買力と需要に合わせているためでもあります。

低価格に抑えながらも、充電器はマーケット別に出荷、アクセサリもTPUカバーと保護フィルムの両方を付属させています。また、自社開発のカスタムOSであるXOSもInfinixのスマホ全てに搭載されます。

Infinixという日本のユーザーにとっては聞きなれないメーカーによるカスタムOSであるXOS。Infinix自体がフラッグシップを...

マーケットによっては現地の芸能人も起用する

Infinixは一部のマーケットで現地の芸能人を起用したマーケティングも行っています。こういったマーケットは同社にとって非常に重要な存在でいますが、その分市民からのブランド認知にも繋がっています。

コンセプトフォンが世界的な話題に

2021年の6月にInfinixはそのコンセプトフォンであるInfinix Concept Phone 2021を発表しています。わずか10分で充電が完了する160W超高速充電に50Wのワイヤレス充電機能、背面に備わるカラーエフェクト付きのバックパネルなど、同社の技術が多くつまった機種です。

Infinixのラインナップにはフラッグシップモデルは存在しておらず、これが初のフラッグシップスマホとして製品化されることが期待されています。

Infinixよりコンセプトモデル、Infinix Concept Phone 2021が発表されました。10分で満充電が可能な16...

注目したいのはInfinix Noteシリーズ

アフリカや一部アジア地域をメインターゲットとしていることから、日本人には馴染みのないInfinix。そんなInfinixが送り出...

上にもあったInfinix Concept Phoneで高価格帯ジャンルでも勝負を図ろうとしているInfinixですが、筆者としては現行のInfinix Noteシリーズに刮目しています。

筆者はInfinix Note 8を実際に購入した上でレビューをしています。低価格でありながら非常に満足できるスペックとなっており、デザイン面でも優れた高いクオリティの一台でした。その後継に登場したのはInfinix Note 10シリーズであり、シリーズ初のProモデルも存在していました。このように、Infinix Noteシリーズは急成長しており、この先もさらに人気が高まると予想されます。

フォローする

Writer

Sekey
Twitterでフォロワー募集中です。 アジアのガジェットネタをつぶやく予定です。 Sekey @sekeysm https://twitter.com/sekeysm

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.07.26 19:11 ID:8a566e24b 返信

    おおinfinix!何気に好きなメーカーだから取り上げられるのは嬉しい( ´꒳​` )

    • 匿名 2021.07.27 10:22 ID:58fb70964 返信

      マイナーなメーカー知ってる俺かっけー
      イキリガジェヲタキッズって感じ
      好きなメーカーだけど端末所持してなさそう

      • 匿名 2021.07.27 14:21 ID:09a338a4f 返信

        お前キモイな

      • 匿名 2021.07.27 15:44 ID:c8a71584b 返信

        なんか哀れだな

      • 匿名 2021.07.27 17:03 ID:b1f24bc65 返信

        お前だれかれ構わずそんなことばっか言ってるから友達いないんだぞ

        • 匿名 2021.07.31 19:02 ID:b3f82204d 返信

          そんな友達いるかどうかが気になる人生送ってるのか

      • 匿名 2021.07.28 23:57 ID:a995696a1 返信

        さっさと昇れ

  2. 匿名 2021.07.26 20:00 ID:b3447d411 返信

    TecnoのPhantomXは普通にコスパ良いと思う

  3. 匿名 2021.07.26 20:49 ID:1690af352 返信

    Zero 8のデザイン好き

    • 匿名 2021.07.27 12:38 ID:685d9a820 返信

      すっげーわかる

  4. 匿名 2021.07.26 21:56 ID:19334c61c 返信

    Hot10sNFCを試したがAliでは13,000円~14,000台で入手可能。OSが日本語対応していないため日本語ロケールも通用しないのが玉に傷だが、ギリギリ片手持ち操作が出来、おしゃれでバッテリー持ちがすこぶる良く解像度は低いがNetflixやアマゾンプライムの動画再生なら高解像度機と比べても違いは分からないので(他の動画配信では粗さが目立つものがある)サブスク動画観賞用機としては最高のバランスかつ低価格。Xosの弱点はbuluetooth接続を一発で確認できず、More conectionsの5段目に配置されていて階層が深いところにあるような操作感に陥っているところぐらいで他には見当たらない。(ショートカット作成で回避できる)

  5. 匿名 2021.07.26 23:09 ID:7dba98e9a 返信

    デカイスマホがスコ人向け(ただし日本語非対応)

  6. 匿名 2021.07.27 00:56 ID:89d2b1d10 返信

    日本受けも良さそうなデザインなのに日本語非対応なのが本当に残念

  7. 匿名 2021.07.27 18:09 ID:10eb8bb11 返信

    AliExpressで一時期ルーレットの無料景品だったよねw
    AliExpressじゃなかったかもだけど