GoogleとJioが共同開発したJioPhone Nextの価格は約5千円~か【9/10発売予定】

Jioの親会社のリライアンスインダストリー(RIL)がインド国内で6月に9月10日に発売することを表明したJioPhone Nextですが、現時点でも公式にスペックなどの情報は明かされていません。

先日になり同機種のスペックがリークされ、特にその価格設定が優れているとして話題を呼んでいます。

インドの大手通信キャリアであるJioの親会社のリライアンスインダストリー(RIL)は、イベント内でGoogleと共同開発をした国内市...

日本円で約5000円という低価格スマホが登場か

今回のリークのもととなったのはTwitter上の上記のツイートです。このリークによると、JioPhone Nextは5.5インチのHDディスプレイを搭載したスマートフォンとなるもようです。内蔵メモリとストレージは2/16GBモデルと3/32GBモデルが存在するもようです。

チップセットについてはSnapdragon 215が採用されているとされ、エントリーモデルとしては適切でしょう。

一番注目されているのはJioPhone Nextの価格設定です。インド国内での販売価格は3,499ルピー(約5,000円)になると同ツイートでは予想されています。

低価格機種の需要が強いインド市場

JioPhone Nextですが、インド市場のためにGoogleとJioが共同で開発をしたスマートフォンです。6月の発表の際にはインド国内のみならずグローバル市場で最も安い価格帯のスマートフォンとなることをアピールしており、日本円で約5,000円という価格であればそれも間違いではないでしょう。

インド市場では、日本円で1万円があればrealmeなどの大手メーカーの低価格エントリーモデルを購入することが可能です。それでも3,499ルピーという現地価格は多くのユーザーにとって魅力的なものになるでしょう。

中国のスマホ市場に並ぶ市場規模を誇るとされているインド。今となっては世界的にヒットしたRealmeも、もとはインド市場を攻略するため...
インドという新興マーケットのスマホ市場で勝負を始めたrealme。インドで始まったそのビジネスはアジアに留まらず世界各国に進出を果た...

Source: Twitter

フォローする

Writer

Sekey
Twitterでフォロワー募集中です。 アジアのガジェットネタをつぶやく予定です。 Sekey @sekeysm https://twitter.com/sekeysm

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.08.22 13:00 ID:c804cb169 返信

    確かに安いがインドの平均年収は
    20万円前後だから日本の15分の1で
    スマホは決して安いものでは無い。
    また通信料は300円前後だがこれも
    15倍すると4500円で日本とあまり
    変わらない。
    ただインドの新興中間層1億人の
    平均年収は500万円を越え日本より
    高い。