Huawei Mate XはKirin 990を搭載【折りたたみスマホ】

Huaweiの新型折りたたみスマートフォンであるMate Xは、チップセットにKirin 990を搭載することで間違いないとTechRadarが報じました。

TechRadarによると、ニューヨークで行われたイベント内で、HuaweiのYanmin Wang氏からMate XにはKirin 990が採用されるという情報を直接聞きだすことに成功したといいます。

Kirin 980ではなく更に優れた990へ

Mate Xが正式発表されたのはMWCイベント内でのことでしたが、その当時はチップセットにKirin 980を採用することも伝えられていました。つまり、Huaweiは現時点で最も性能の高いチップセットをMate Xに搭載することにしたのでしょう。

また、Yanmin Wang氏が2020年登場のフラッグシップスマートフォンにもKirin 990が使用されると言っていたことから、TechRadarはMate XだけでなくHuawei Mate 30とHuawei P40にもKirin 990が搭載されることになると予想しています。

Kirin 990と5G

HuaweiCentralのレポートによると、Huaweiは二つの異なるKirin 990をIFA 2019で発表すると言われています。一つは通常仕様のものと、5Gモデム内蔵のものが存在するということですが、これについては現在は詳しく分かっていません。

しかし、Yanmin Wang氏がTechRadarにKirin 990が5G対応であると伝えていたのは事実です。

Kirin 990は7nmチップセットになり、Kirin 980よりも電力消費を抑えることができると言われています。Kirin 990が5G時代の勢いに乗ろうとしていることは確実です。

実機を拝める日がなかなか来ません。HUAWEIの広報担当者は、これまで9月とされていたHUAWEI Mate Xの発売が11月まで延...

Source:TechRadar

フォローする

Writer

Sekey
ポップアップ式カメラで顔認証中に落下させてしまい、カメラにキズがついてしまった2019年の夏

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します