HTC U19eとHTC Desire19+が正式発表【久々の新モデル】

HTCが最新型ミドルレンジスマートフォンU19eとDesire19+を発表しました。HTCが最後発売した通常のスマホは2018年3月に発売されたHTC U12+なので実に1年ぶりの新製品となります(ブロックチェーンスマホのExodus 1, 1sを除く)。

U19eは6.0インチの有機ELディスプレイ、Desire19+は6.2インチの有機ELディスプレイを搭載しています。解像度はU19eが2160×1080、Desire19+が1520×720と、U19eに比べてDesire19+がかなり低めです。

SocはU19eが6GBメモリのSnapdragon 710、Desire19+が4GB/6GBのメモリから選択可能なHelio P35を搭載しています。

価格はU19eが14900台湾ドル(約51400円) Desire19+の4GB/64GBモデルが9990台湾ドル(約35000円)、6GB/128GBモデルが10990台湾ドル(約38000円)となっています。

現在22000円でU19eと同じSnapdragon 710を搭載したVivo Z5Xを購入する事ができます。その為最近のスマホ相場からすると少々高すぎる気がします。優れた機種だとは思いますが、HTC復活の起爆剤とするには物足りないモデルです。

台湾のHTCが最後に発売したスマートフォンはHTC U12+。2018年3月のその発売からは1年以上経ってしまいました。約1年間新機種を発表...
一貫して優れたハードウェアが根強いファンを集めているHTC。OSアップデートの少なさがユーザーの不満でしたが、HTCはようやく重い腰...

Source: GSMArena

フォローする

Writer

gadgetmania
メインはiPhone Xs Maxを三色、 サブ機として最近Androidを購入しました。 どちらの製品も魅力があるのでそれを伝えていけたらなと思います。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します