Honor V30 / V30 Pro発表【5G対応】

Huaweiのサブブランド「Honor」は新機種のHonor V30V30 Proを中国国内のイベントで発表しました。

Honor V30とV30 Proは5Gに対応したフラッグシップモデルのスマートフォン。前面と背面で合計5つのカメラレンズを搭載していることが特徴です。

中国国内での先行予約はすでに始まっており、発売日は2019年12月5日となっています。

スペックをチェック ₋ どちらもKirin 990を搭載

Honor V30とV30 Proの共通点

Honor V30とV30 Proはどちらも共通で6.57インチFHD+ (2400 x 1080)のLCDディスプレイを搭載します。チップセットにKirin 990が採用されている点も変わりありません

Honor V30 Proに採用されるKirin 990 5Gは、5Gモデムを含んでいるチップセットです。Honor V30ではKirin 990とは別にBalong 5000という5Gモデムを搭載する形で5G通信に対応します。これら二機種からHonorの5Gスマートフォン展開が徐々に進んでいくと予想できます。

「0%から70%までの充電を30分」で可能とする40Wの高速充電に対応しているほか、最新のMagic UI 3.0.1(Android 10)が搭載されていることも分かっています。

Honor V30とV30 Proで異なる点

二機種の違いは内蔵メモリやバッテリー、カメラなどに大きく表れています。

Honor V30は6GB+128GBのバリエーションと8GB+128GBのバリエーションから選ぶことができます。バッテリーサイズは4,200mAhとなっています。

一方、Honor V30 Proは8GB+128GBもしくは8GB+256GBのバリエーションから選べるようになっています。バッテリーサイズは4,100mAhとHonor V30よりもやや小さめとなっています。

カメラ - Honor V30とV30 Proの違い

Honor V30とV30 Proですが、どちらの機種も背面にトリプルカメラを搭載していますが、レンズの構成が異なっています。

Honor V30は40MP(f/1.8)、8MP(f/2.4)の広角レンズ、8MP(f/2.4)の望遠レンズを搭載。

一方、Honor V30 Proは背面40MP(f/1.6)、12MP(f/2.2)の広角レンズ、8MP(f/2.4)の望遠レンズという構成になっています。40MPレンズには、SONYのIMX 600センサーが使われています。

フロントカメラのスペックは両社同じで、32MP(f/2.0)と8MP(f/2.2)のダブルレンズです。

価格

Honor V30の価格は

  • 3299元=約51000円(6GB+128GB)
  • 3699元=約57000円(8GB+128GB)

Honor V30 Proは

  • 3999元=約62000円(8GB+128GB)
  • 4199元=約65000円(8GB+256GB)

となっています。

カラーバリエーション

Honor V30とV30 Proはセランディックファンタジーとマジックナイトスターリバー、チャームスターブルー、トワイライトオレンジの4色が展開されます。

Google Playについての情報は不明

これらの二機種がグローバル展開される場合、Google Playが搭載されることになるのかは不明です。Mate 30シリーズがGoogle Playなしで発売されていることから、Honor V30とV30 Proがそうなったとしても不思議ではありません。

現時点ではグローバル展開についてはアナウンスされていないため、このまま中国国内向けの機種となる場合も考えられます。

Huawei最後のGoogleアプリ対応スマホになるのでしょうか。 11/14、HUAWEIは都内で新製品発表会を行い、その中...

Source:xda-developers

フォローする

Writer

Sekey
ブラウザのタブが50個を超えているダラシナイ男

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します