Google Camera 7.0がリーク。Pixel 4のカメラの機能ほぼ全てが丸裸に。

Pixel 3がシングルカメラにも関わらずエゲツない描写性能を誇るのは、Googleのカメラアプリ「Google Camera」のおかげです。ソフトウェア企業として世界最大級の規模・技術を持つGoogleは、カメラにおいても持ち前のAI技術で素晴らしい写真を生成します。

そんなGoogle Cameraアプリの最新バージョン、「Google Camera 7.0」についての情報がリークされました。これで10月15日に発表を控えたPixel 4のカメラ部分についてほぼ全てが明らかになったといえるでしょう。

GoogleのイベントMade by Googleが今年も10月15日にニューヨークで行われることが、正式に決定しました。 昨...

リーク元はリーカーのHANI_4k氏とベトナムのYouTuber、ReLab氏。Google Camera 7.0のAPKファイルとソースコードを入手しているということです。

目を引く新機能をいくつか紹介していきます。

注目のモーションモード機能

モーションブラー(流し撮り)の例

9to5Googleのリークにより、Pixel 4のカメラには「モーションモード」が搭載されるということが明らかになっています。今回はそれに加えてGoogle Cameraのソースコードからもモーションモードのものとみられる部分が発見されました。

モーションモードでは、スポーツ選手などの動いている被写体を撮影した際に、背景を躍動感があるように適切にぼかしてくれます。いわゆる「流し撮り」と似たような写真が簡単に撮影できるということです。

Google Cameraのソースコードには「Paneer」の文字列が。この「Paneer」が、今回のモーションモードの開発コードネームではないかといわれています。

Google Camera内のコードネームには明確な規則性がありません。Paneerというのは中央アジア地域のチーズの名称で、夜景モードは「cuttlefish(イカ)」、タイムラプスは「cheetah(チーター)」など、不思議な名前が多いです。

夜景モードがより高速に

Pixel 4XLの夜景モードで撮影したとされる画像

Pixelのカメラはどの機能も非常に強力ですが、やはり一番評価が高いのは夜景モードでしょう。

なるべく多くの光をセンサーに取り込むため、通常よりも長く数秒間の露光が必要になります。それでも、あまりブレずにきれいな写真が取れるのが魅力です。

Google Camera 7.0では、より短い時間で同じレベルの夜景写真が撮影できるようになるといいます。この機能は「ゼロシャッターラグ」と表現され、Google Camera 7.0のソースコードに初めて具体的に登場しました。シャッターラグという単語自体には、シャッターボタンを押してから実際に写真が撮影されるまでのラグ(遅延)全てが含まれています。

ライブHDR(HDRnet)モード、メッシュワーピング

GoogleとMITのエンジニアにより開発された、「HDRnet」というアルゴリズムがあります。通常多くの処理が必要なHDR化処理を、機械学習によりリアルタイムで行うものです。これにより、カメラアプリのプレビューファインダーにもリアルタイムでHDR化された映像を映すことができます。また、撮影後にたった数ミリ秒でHDR化させて保存することも可能になります。

Deep Bilateral Learning for Real-Time Image Enhancement

メッシュワーピングは、広角レンズの歪みを補正するための技術。こちらはGoogleのエンジニアによって発案されたものです。

右が補正前の写真で、左が補正後の写真です。写真の端のほうがだいぶ見やすくなっているように感じます。

Google Camera 7.0にメッシュワープ技術が実装されるというのは、Pixel 4に広角カメラが搭載されているという噂と一致します。

オーディオズーム機能

オーディオズームは、動画撮影時にある一部をズームすると、それにあわせて的確な音に焦点を合わせて録音する機能です。LGやHTCの一部の端末には数年前から搭載されてきました。Pixelの開発部門には多くのHTC出身エンジニアが在籍しています。

つい最近発表されたiPhone 11にもこの機能が搭載されているので、この機能が搭載されるのは必然でしょう。

動的深度フォーマット(Dynamic Depth Format)のサポート

Android 10では、Dynamic Depth Format(DDF)という新しい画像フォーマットがサポートされています。DDFにはJPGベースの画像データに深度情報が追加記録されており、その深度データを利用して後からぼかしを追加することができるようになります。

Googleフォトアプリが、このDDFフォーマットをサポートする可能性もあります。

ソースコードから見るその他新機能

流出したデータ中のconfigファイルなどから、他にもいくつかGoogle Camera 7.0で追加される予定の新機能が読み取れます。以下は、追加されるかもしれない機能です。

  • 望遠レンズの搭載(ほぼ確実)
  • Google Lensでドキュメントモードが新しくなる?
  • PhotoboothとPlaygroundの機能が統合?
  • 夜景モードに天体写真特化部分が追加?

まとめ

さて、Google Camera 7.0の情報がリークされ、Pixel 4のカメラに関してソフトウェアの面でも機能の予測ができるようになりました。

明らかにダサい(※個人の感想です)iPhone 11の四角いカメラユニットを真似したり、(HTCが先行していた技術とはいえ)iPhone 11にならってオーディオズーム機能を搭載するなど、今回のPixel 4はかなりiPhoneを意識しているようです。

以前はGalaxyがiPhoneをベンチマークしているといわれていましたが、最近はそれぞれ独自の路線を歩んでいる印象です。その点、Pixel 4は外観からiPhone 11に似ています。

発表は10月15日に正式決定しましたが、まだ一ヶ月弱残っています。既にわざとじゃないかというほど大量の情報が流出していますが、この様子だとまだまだ色々な情報が出てきそうです。

Pixel 3aの時もそうでしたが、Googleはリークを防ぐのがあまりにも下手な気がしてなりません。

2019年10月に発表予定のGoogle Pixel 4に関する情報流出が止まりません。いよいよ発表がせまってきましたが、ここまで判...

Source:XDADevelopers

フォローする

Writer

sekken
6月から記事を書き始めた新人ライター。Xiaomiを推していきます(^^ゞ

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.09.18 10:26 ID:ecfea632d 返信

    ソフトウェアでこれだけ素晴らしいカメラ性能なら、他のAndroid端末にも積んでほしいと願うのはワイだけか…
    まあ無理な話とはわかってるがね(´・ω・`)

    • 匿名 2019.09.18 10:54 ID:354241840 返信

      pixelはカメラ性能が別格だからねぇ

  2. 匿名 2019.09.18 10:41 ID:3b2f89e0e 返信

    GCAM以外でおすすめのカメラってなったらやっぱ各メーカー純正がいいのかな

    • 匿名 2019.09.18 13:38 ID:dd470a7c1 返信

      SONY、SHARP、ASUSなどなら純正が良さそうです。マイナーメーカーならOpenCameraというアプリを入れたほうがいいと思います。

      • 匿名 2019.09.18 15:28 ID:3b2f89e0e 返信

        ちなみにLENOVO
        ちょっとぐぐると有志がLENOVO端末でも使えるGCAMをアップしてはくれてる