Galaxy Book S発表。軽量・長時間駆動でスマホとノートPCのいいとこ取り

Samsungは、Galaxy Note 10に続いて、”スマートフォンの良さを活かしたノートPC”であるLTE対応のGalaxy Book Sを発表しました。

Galaxy Book Sは、PC向けのSoC「Snapdragon 8cx」で動作する超薄型で軽量のノートPC。OSにWindows 10 Home / Proを採用しているため、本格的なノートPCとして使用することができます。

主な仕様

Snapdragon 8cxは、クアルコムがマイクロソフトと共同で開発した64ビットのオクタコアプロセッサです。Galaxy Book SはSnapdragon 855搭載のGalaxy Book 2に比べ、CPU性能が40%グラフィックス性能は80%アップしています。

RAMは8GB(LPDDR4X)。内部ストレージは256GBと512GBの2種です。最大1TBのmicro SDスロットがあります。

驚異的なバッテリー持続時間

バッテリーはQuick Charge 2.0およびPower Delivery 2.0に対応。容量は42Whで、バッテリー持続時間は動画再生時に23時間となっています。バッテリー切れを気にすることなく使えるノートPCに仕上がっています。

タッチ対応のディスプレイ

ディスプレイは13.3インチ、フルHD(1920×1080)TFT液晶。10ポイントマルチタッチスクリーンで、タッチ操作に対応していますが、Galaxy Noteのようなスタイラスペンなどはなく、またタブレット型で使用することはできません。

その他

LTE Cat.18、Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac(2.4 / 5GHz)に対応しています。

Windows Helloに対応した指紋センサーや、動画チャット用の720p HDカメラを搭載しています。

サイズ・重量

サイズは305.2×203.2×6.2~11.8ミリ、重さは0.96キロ。色はシルバーとローズゴールドの2色となっています。

価格・発売時期

米国では9月に999ドル(約10万6000円)で発売されます。

鍵になるのは内部ストレージか

Galaxy Book S: Unveiling

筆者はこれまで多くのWindowsタブレットやモバイルノートPCを使用してきましたが、毎回必ずぶつかる壁が「Windows Update」です。

Windowsの大規模アップデートのたびに、ストレージ容量不足でWindows Updateができないという事態に遭遇してきました。

現在筆者のPCでは、ほとんどのアプリを別ドライブにインストールした状態でも100GBほどが使用されています。ハードにPCを使いこなす方の場合、256GBの内部ストレージでは遠からずWindows Updateができなくなるのではないかと思われます。

Galaxy Note10より安いぐらいですので、購入するなら最低でも512GB版にするべきでしょう。

ほぼ同サイズで同じ13.3インチディスプレイのMacBook Airに対し、約300グラム軽くほぼ倍の駆動時間があるのは、用途によっては大きな魅力になるでしょう。

サムスンは本日、同社のフラッグシップスマートフォンGalaxy Note10シリーズを発表しました。 今回発表された新しいNo...

Source:Samsung

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.08.08 23:58 ID:3133b0c40 返信

    知識無いけどかなり良さげ