Galaxy Z Fold3・Z Flip3などが正式発表【IPX8防水対応で約19.9/11万円~】

サムスンの毎年恒例イベント、Galaxy Unpackedにて同社折りたたみスマホ最新モデル、Galaxy Z Fold3及びZ Flip3、そしてGalaxy Watch 4、Galaxy Buds 2が正式発表。

折りたたみスマホ2機種に関しては、IPX8の防水に対応となり、更にFold3はSペン対応、画面下インカメラ搭載となっています。

【更新終了】

サムスンが公式Instagramに投稿した画像の一部に、これまでに正式発表がされていない機種がデザインされているとして注目がされてい...

Galaxy Z Fold3

  • Snapdragon 888
  • 6.2インチ(2,268×832p)Dynamic AMOLEDディスプレイ(リア パンチホール)・7.6インチ(2,208×1,768p)Dynamic AMOLED 2Xディスプレイ(イン 画面下インカメラ)
  • Gorilla Glass Victus(リア・背面)
  • 120Hzリフレッシュレート(リア・イン)
  • 12GB RAM + 256/512GB UFS3.1 ROM
  • 4,400mAhバッテリー、25W有線、11Wワイヤレス、4.5Wリバースワイヤレス充電に対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:12MPメイン(f/1.8 1/1.76 1.8μm、Dual Pixel AF、OIS)+12MP超広角(f/2.2 1.12μm 123°)+12MP望遠(f/2.4 1.0μm 2倍光学ズーム、OIS)
  • インカメラ:10MP(リア f/2.2)・4MP(イン 画面下 f/1.8 2.0μm)
  • ステレオスピーカー Dolby Atmos
  • Wi-Fi 6E
  • IPX8対応
  • Sペン対応
  • One UI 3(Android 11)
  • 158.2×67.1/128.1×14.4-16/6.4mm(折りたたみ/非折りたたみ時)、271g

耐久性がアップ

第3世代となるZ Fold3及びZ Flip3は、折りたたみスマホで初となるIPX8防水に対応。アーマーアルミニウムフレームやGorilla Glass Victusを採用するなど、端末の耐久性も向上しており、折りたたみディスプレイの耐久性は前モデル比で約80%アップ

防水の仕組みについては、ボディ部分は通常のスマホ同様防水テープなどを使用。ヒンジ部分では、腐食耐性のある素材を採用し、長寿命のグリースでフィニッシュ。

また水によるメインボードのショートを防ぐために、軟性回路基板が両部分に接する箇所をラバーと液状ガスケットで密閉しているとのこと。

Sペン対応

当モデルに関しては、ディスプレイの明るさは前モデル比で最大29%アップとなり、更に画面下インカメラを搭載し、Sペンに対応(S Pen Pro及びS Pen Fold Edition、S Pen ProではZ Foldモードにする必要あり)

折りたたみスマホ用に開発されたS Pen Fold Editionは、S Pen Proより少し小さく、ペン先が丸くソフトなラバー製となり、内部には衝撃吸収のためのバネを搭載し、リスポンス性に関しては40%向上。Bluetoothは非対応ですが、エアコマンドには対応しています。

ディスプレイをスタイラスペン対応にするためには、デジタイザーと呼ばれるペンを検知するレイヤーを搭載する必要があるそうですが、今回そのデジタイザーも折りたたむのではなく、耐久性の観点から2枚のデジタイザーを搭載。

Wacomとの共同開発により、2枚のデジタイザーを繋げ1枚のデジタイザーとして機能させる方法を確立。その隙間に関しては、そのために作られた新たなアルゴリズムによりその位置を計算している模様です。

その他のスペックとしては、両ディスプレイともに120Hzリフレッシュレートに対応し、サイズもほんの少し小さく軽くなるなどと、前モデルからの向上が見られます。

一方で、バッテリーは100mAh減の4,400mAhとなり、充電速度やカメラ構成は変わらないといった点も。

ソフトウェアが大きなディスプレイに最適化

以前(左):Galaxy Z Fold3(右)

ソフトウェア面では、純正アプリや一部アプリがその大きなディスプレイに合った使い方ができるよう最適化が施されています。

対応アプリは、上画像の通りYouTubeやGmailなどのGoogle系から、TikTokやNetflix、SpotifyにSlackなどメジャーなものなど。

またタスクバー(画像端末右端)により、アプリを開いたままで、他のアプリを開くことが可能に。画像のように、複数アプリ、タブを開いたマルチタスクが可能となっています。

ペン収納付きケースも

純正アクセサリーとして、Sペン収納付きのケースが$79.99(約8,800円)、S Pen Fold Editionが$49.99(約5,500円)、S Pen Proが$99.99(約1.1万円)で用意。

約19.9万円から

カラーはファントムグリーン、ファントムブラック、ファントムシルバーの3色展開となり、既に予約受付を開始しており、8月27日より販売開始。その価格は以下の通りとなっています。

  • 12GB+256GB $1,799.99(約19.9万円)
  • 12GB+512GB $1,899.99(約21万円)

ちなみに、前モデルGalaxy ZGalaxy Z Fold2の発売価格は$1,999.99(約22.1万円)からであったため、$200安くなっています。

Samsungは日本時間で9月2日未明開催の発表会「Galaxy Unpacked 2」で同社の新型折りたたみスマホのGalaxy ...

Thom Browne Edition

前モデル同様に、数量限定のThom Browne Editionも用意。こちらはRAMストレージ構成が12GB+512GBのみとなり、既に予約受付が開始。価格は$3,449.99(約38.1万円)となっています。

Galaxy Z Flip3

  • Snapdragon 888
  • 1.9インチ(260×512p)Super AMOLEDディスプレイ(リア)・6.7インチFHD+(2,640×1,080p)Dynamic AMOLEDディスプレイ(イン パンチホール)
  • Gorilla Glass Victus(背面)
  • 120Hzリフレッシュレート(イン)
  • 8GB RAM + 256/512GB UFS3.1 ROM
  • 3,300mAhバッテリー、15W有線充電に対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:12MPメイン(f/1.8 1.4μm、Dual Pixel AF、OIS)+12MP超広角(f/2.2 1.12μm 123°)
  • インカメラ:10MP(イン f/2.4)
  • ステレオスピーカー Dolby Atmos
  • IPX8対応
  • One UI 3(Android 11)
  • 86.4/166×72.2×15.9-17.1/6.9mm(折りたたみ/非折りたたみ時)、183g

前述の通り、こちらもIPX8防水対応となり、耐久性がアップ。前モデルと比べ、カメラは縦配置となり、120Hzリフレッシュレートに対応。

リアディスプレイは4倍の大きさとなり、メッセージのチェックや、ボタンをシャッターボタンとし、開かずに自撮りが可能となっています。

オシャレなケースいろいろ

純正ケースは豊富な品揃えとなり、シリコン+リング(5色・画像左上3つ)、シリコン+ストラップ(2色・画像右下2つ)が$39.99(約4,400円)、クリアカバー+リングが$29.99(約3,300円)、レザー(3色)が$79.99(約8,800円)、アラミドが$69.99(約7,700円)となっています。

約11万円から

カラーはクリーム、グリーン、ラベンダー、ブラック、そしてサムスン公式サイト限定のグレー、ホワイト、ピンクの計7色展開。

サムスン公式サイト限定色のグレー、ホワイト、ピンク

こちらもFold3同様既に予約受付開始となっており、8月27日より販売開始。その価格は以下の通りです。

  • 8GB+128GB $999.99(約11万円)
  • 8GB+256GB $1,049.99(約11.6万円)

ちなみに、前モデルのGalaxy Z Flip 5Gの発売価格は$1,449.99(約16万円)であったため、$450安くなっています。

Galazy Z Flip 5Gが7月22日に正式発表されました。Galazy Z Flipは8月5日のGalaxy Unpacke...

Thom Browne Edition

こちらもまたFold3同様、数量限定のThom Browne Editionが用意。RAMストレージ構成は8GB+256GBのみとなり、既に予約受付が開始。その価格は$2,349.99(約26万円)となっています。

Galaxy Watch 4・Watch 4 Classic

Galaxy Watch 4(右):Watch 4 Classic(左)

サムスンのスマートウォッチ最新モデルとなるGalaxy Watch 4・Watch 4 Classicは、SoCに最新の5nmプロセス製造Exynos W920、OSにWear OS Powerd by Samsungを採用。

Watch 4とWatch 4 Classicの違いとしては、前者がアーマーアルミニウム製となり、ラバーバンド付きの普通のスマートウォッチである一方、後者はステンレススチール製となり、サムスン特有の回転ベゼルを搭載。

サイズは前者が44mm(1.36インチSuper AMOLEDディスプレイ)と40mm(1.19インチ)、後者が46mm、42mmとなっています(スクリーンの直径は同じ・画素数は330PPI)。

今回のモデルはヘルスケアに重点を置いており、1つのセンサーでPPG、ECG、BIAの計測が可能。また右の2つのボタンをそれぞれ指で触れることにより、体組成測定が可能。その小さいサイズなれど、現場で使用される機器と比べ、98%の精度を誇っています。

ソフトウェア面では、One UI(Wear OS)を採用し、サムスン製他製品との互換性が向上。ヨガやエアロビクスといったエクササイズはサムスンTVと連携が可能となり、スマホのDNDモードとの同期も可能に。他には睡眠中のいびきなどを検知したり、95種類の運動モード、ジェスチャー操作対応など。

その他スペックとしては、1.5GB RAM+16GB ROM、LTE&Bluetooth、5ATM、IP68防水防塵、MIL-STD-810G、最大40時間のバッテリー持ち(小さい方が247mAh、大きい方は361mAh)、2時間以内で満充電など。

約2.8万円から

カラーはGalaxy Watch 4がブラック、シルバー、ピンクゴールド(40mm限定)、グリーン(44mm限定)の4色、Watch 4 Classicがブラック、シルバーの2色のみとなっています。

予約受付は既に開始しており、8月27日より販売開始。その価格は以下の通りです。

Galaxy Watch 4・40mm

  • Wi-Fiモデル $249.99(約2.8万円)
  • LTEモデル   $299.99(約3.3万円)

Galaxy Watch 4・44mm

  • Wi-Fiモデル $279.99(約3.1万円)
  • LTEモデル   $329.99(約3.6万円)

Galaxy Watch 4 Classic・42mm

  • Wi-Fiモデル $349.99(約3.9万円)
  • LTEモデル   $399.99(約4.4万円)

Galaxy Watch 4 Classic・46mm

  • Wi-Fiモデル $379.99(約4.2万円)
  • LTEモデル   $429.99(約4.7万円)

Thom Browne Edition

Galaxy Watch 4 ClassicにはThom Browne Editionが用意され、こちらについては9月後半発売とのこと。

Galaxy Buds 2

サムスンの最新TWSイヤホンとなるGalaxy Buds 2は、98%のノイズをブロックできるとするANC(アクティブノイズキャンセリング)に対応

イヤホンの形状

その他の機能としては、3段階のアンビエントモードや、ウーファーとツイーターによるツーウェイスピーカー、3つのマイクとVPU(Voice Pickup Unit)&マシンラーニングによる通話品質向上、Galaxy製品間(スマホ・タブレット・ノートパソコン)でのオートスイッチなど。

実際に付けた様子

重さとしては、イヤホン単体でそれぞれ5g、ケースが41.2gバッテリー持ちに関しては、ANCオンでイヤホン単体(61mAh)5時間、ケース(472mAh)含めて20時間、オフでイヤホン単体7.5時間となっています。

約1.7万円

カラーはグラファイト、オリーブ、ラベンダー、ホワイトの4色展開。既に予約受付を開始しており、8月27日より販売開始。その価格は$149.99(約1.7万円)となっています。また、Galaxy Tagを$5(約550円)で同時購入も可能の模様です。

【更新終了】

サムスン今年初となるフラッグシップモデル、Galaxy S21シリーズが遂に正式発表となりました。中でも、最上位モデルGal...
Samsung毎年恒例の発表会イベント「Galaxy Unpacked」にてGalaxy Note 20、Note 20 Ultra...

Source:発表会生放送, Samsung(1), (2), (3), (4), (5), (6) Via:GSMArena(1), (2), (3), (4)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.08.12 01:24 ID:8319ba1d1 返信

    少しずつ値段が下がってきたな
    それでも普及にはまだコストダウンが必要だろうけど

  2. 匿名 2021.08.12 01:41 ID:3f4782aa5 返信

    FlipはSoC性能そんなに上げなくてもいいと思うんだよな
    SoCを安くして、そのぶんカメラ性能を上げて欲しかった
    F2.4のインカメラは室内で使うとめちゃ暗い写真しか撮れんのよ;;
    2019年以降のミドル以上のスマホの中で一番暗いんじゃないかってくらい暗くてノイズ乗る

    • 匿名 2021.08.12 08:04 ID:9f58d3c40 返信

      同感すね。
      ハイエンドSoCじゃないと折りたたみ出来んのかな?
      値段落とせばかなり売れると思うんだ。

    • 匿名 2021.08.12 08:36 ID:7d9b16116 返信

      半端なプロセッサだと価格の割りにスペックが…みたいなことになるから

      • 匿名 2021.08.14 01:59 ID:ac8c81f96 返信

        だろうねw
        プレミアモデルなんだから欲しい奴が買う

  3. 匿名 2021.08.12 02:06 ID:326fa723a 返信

    Foldの背面画面って必要なの?

    細長くて微妙なサイズだし、畳んだまま使わないだろ
    両面に画面あるとなんか無駄で勿体無い

    • 匿名 2021.08.12 10:05 ID:1c6aaa59d 返信

      無茶使うよ。
      まあ人によるかもだけど。
      開けば大画面と言う心の余裕があると、小さい画面で見る動画もまた一興になる。

  4. 匿名 2021.08.12 02:10 ID:aca7153e9 返信

    折り畳みで水没対応とはたまげた
    どんなヒンジ構造なんだろう

    • Kohei 2021.08.12 03:45 ID:ec892edd4 返信

      その点追記しました!一応発表会のその説明部分から始まるリンクもここに貼っておきますね。
      https://youtu.be/V7ixp-XwqGI?t=1886

      • 匿名 2021.08.12 11:38 ID:43f5be1b9 返信

        コメ主です。
        ありがとうございます。
        なるほど、ヒンジの中に水は入るけどCIPGで本体基盤だけはしっかり守れるから大丈夫、っていう設計なんですね。

  5. 匿名 2021.08.12 02:35 ID:937bef25f 返信

    初代Flipの新品は、マレーシアでなら72000円ぐらいで買えるけど、爪で傷がつくほどやわいスクリーンなので買う気になれない。スクリーンの耐久性はどうなったんだろう。

  6. 匿名 2021.08.12 03:26 ID:dc1992583 返信

    S-Penの駆動方式が、AESじゃなくてEMRペン互換というので疑問だったけど
    予想以上に力技だった…
    これができるならFoldはNote後継で方向性固まりそうだな

  7. 匿名 2021.08.12 03:53 ID:085751144 返信

    Xiaomiに続きSamsungも画面下インカメラきたね
    来年にはSシリーズにもきてほしいな

  8. 匿名 2021.08.12 03:56 ID:166141094 返信

    最初FlexPaiとかMateX見たときは折りたたみすげえ!って思ってたけどいい加減熱も冷めてきたな
    広げて畳んで無駄にワンアクション増えるだけじゃんとしか思わねえや

  9. 匿名 2021.08.12 08:32 ID:c134701fc 返信

    スタイラスは本体に格納できるべき主義者だからスタイラスは本体に格納できるべきって思っちゃうな

    • 匿名 2021.08.12 09:13 ID:a709dfe2e 返信

      小泉構文に近いものを感じた

  10. 匿名 2021.08.12 09:12 ID:c211e8e73 返信

    おー普及に近づいて来たな。でもまだ町中でフォルダブル持ってる人見たことないしここからやな。

  11. 匿名 2021.08.12 09:16 ID:a709dfe2e 返信

    防水タブレット自体なかなかないから
    防水対応はかなり大きい
    Sペンも使えるしさらに価格が下がればNoteシリーズの代わりになり得る…かも

  12. 匿名 2021.08.12 09:21 ID:b024b9a2f 返信

    箱がすごいですね。箱ほしい。箱

  13. 匿名 2021.08.12 10:39 ID:423cabcd7 返信

    (その値段じゃ)ダメー
    って言われないレベルになってきたな

  14. 匿名 2021.08.12 11:34 ID:5b391de11 返信

    Z Flip3は折り畳める意味?意義?を少し考えてしまうな…
    もう少し縦に長くしないのかな?展開したらスマホ界ダントツの縦長スマホ!てなる位に
    ほぼ普通サイズのスマホが半分になってる感じで技術や労力の勿体なさ感が

    縦が190mm位有っても良いんじゃない?それ位なら最近のAndroidにある画面分割機能の活用意義が俄然出て来る(現状普通サイズのスマホだと一部の人しか使ってない機能の様なので>画面分割)

    折り畳めるのが単にコンパクトになり携帯性が高まるというメリットだけだと、そら折り畳める(=拡げないとならない)というデメリットと相殺されてるやんけ…て思う向きも出る

    • 匿名 2021.08.12 12:56 ID:3f4782aa5 返信

      私も実際に使ってみるまでは折り畳めることの優位性に疑問を持っていました。
      スマホをバッグにしまう女性はともかく、ズボンのポケットに入れる事が多い男性なら
      折り畳んだほうがイスに座った時に邪魔になりません。
      開く動作が毎度面倒に感じるのも最初のうちだけで、そのうち慣れますし。
      ただ現行のFlipは改善されていない不具合もいくつかあり、それがクリアにならないと3を買うのは躊躇せざるをえないかも。

      • 匿名 2021.08.12 13:48 ID:166141094 返信

        面倒に慣れるってそれ慣れてるだけで面倒じゃん。折りたたみじゃないスマホに戻ったら感動しそう

        • 匿名 2021.08.12 14:14 ID:3f4782aa5 返信

          面倒に感じるのはサブディスプレイが小さく情報量が少ない、
          サブディスプレイの操作だけで解決できることが少ない点があるためです。
          今回のサブディスプレイ大型化は、それを改善するためと思われます。
          旧型にしろ新型にしろ実際に数日間使ってみない事には何も分かりませんよ。
          私は12miniと6.8インチスマホも併用していますが、どれにもそれぞれの感動があります。

  15. 匿名 2021.08.12 18:42 ID:59a4b9b55 返信

    Flip3ベゼル太くなってね?

  16. 匿名 2021.08.14 23:28 ID:1fee32fd0 返信

    もちろん外側のディスプレイもsペン対応かな?
    内側の画面に使えるのはわかるけど。

  17. 匿名 2021.08.16 08:29 ID:97a99e6d7 返信

    マルチタスク性はどうなんだろう
    surface duoみたいなシームレスなマルチタスクができるならめっちゃ買いたい