邪魔な広告を削除!スマホが快適になるiPhoneの広告ブロックアプリ

スマホでWebページを見ていると、画面下に固定されている広告やスクロールしてもくっついてくるストーカーのような広告に辟易している人も多いのではないでしょうか。

そんなユーザーの悩みを解決してくれるのが、広告ブロック(コンテンツブロック)アプリ。今回は、iPhoneに入れておくと便利なおすすめの広告ブロックアプリと使い方を紹介します。

Safariの速度が爆速に! 無料広告ブロックアプリの決定版

アプリ名:AdFilter – 広告ブロック
開発:Shinichiro Yamazaki
価格:無料
ダウンロードはこちら

AdFilter」は、日本国内のWebサイトであれば、ほとんどの広告をブロックできる広告ブロックアプリです。何と言っても無料で利用できるのは嬉しい限りです。

アプリのインストールが完了したら、まずは【設定】→【Safari】→【コンテンツブロッカー】→【AdFilter】をタップしましょう。AdFilterをオンにすれば、早速Safariの広告をブロックできます。

AdFilterの適用前は画面の半分以上が広告で占領されてしまっています。しかし、適用後は広告がブロックされてすっきりと見やすくなりました。本来のWebサイトの画面はこんな感じなのだと驚きを禁じ得ません。読み込み速度も、適用前と比べるとかなり速くなっています。

なお、本アプリはSafariのみの対応となっています。ChromeやFirefoxなど他のWebブラウザを使っている人には不向きです。

AdFilterのメリット

  • 無料で利用できる
  • 日本国内の大手アフィリエイトの広告やアクセス解析を、ほぼブロックできる
  • 特定のWebサイトの広告だけをブロックするように設定できる
  • SNSの共有ボタンをブロックできる
  • 読み込み速度が速くなる

×AdFilterのデメリット

  • 対応しているのはSafariのみ

アプリ内の広告もブロック! ゲームもまとめビューワも快適!

アプリ名:AdGuard Pro
開発:Performix
価格:250円
iPhone版のダウンロードはこちら

「AdGuard Pro」は、SafariやChromeなどのWebブラウザに加え、その他の広告が表示されるアプリにも対応した最強の広告ブロックアプリです。このアプリを利用するには、以下の3つの設定を行う必要があります。

  1. アプリのインストールが完了したら、まずは【設定】→【Safari】→【コンテンツブロッカー】→【AdGuard Pro】をタップしましょう。
  2. 続いて、AdGuard Proのメニューから【フィルタ】→各種フィルタ項目→【ステータス】をタップして、必要なフィルタをオンにしていきます。
  3. 最後に、AdGuard Proのメニューから【プライバシー設定】→【サブスクリプションを追加する】をタップします。名称と概要は好きなもので構いませんが、「URL」欄に「https://280blocker.net/files/280blocker_domain_ag.txt」を入力して、【完了】をタップします。

上図はChromeの画面です。適用前は画面の半分どころか8割以上も広告で占領されていて、何がなんだかわからないですね。適用後はしっかり広告がブロックされて見やすくなりました。

5chのまとめサイトアプリやゲームアプリなど一通り試してみましたが、ほとんどのアプリの広告をばっさりカットしてくれます。非常に強力です。

Android版もありますが、こちらはWebブラウジングのみと用途が限られているので、iPhone版より汎用性はありません。

○AdGuard Proメリット

  • 競合の有料アプリの中でも比較的安価でコスパが良い
  • Safari以外のアプリの広告もブロックできる
  • 国ごとの広告の有無を設定できる
  • ペアレンタルコントロール機能も搭載している

×AdGuard Proのデメリット

  • Safari以外の広告をブロックするには、AdGuard Proの【プライバシー設定】から上記のURLを追加する必要がある
  • 無料版やAndroid版もあるが機能制限があり、有料版ほど汎用性がない
  • Twitterの埋め込み広告やYouTubeの動画内広告は非表示にできない
  • VPNを使用するので、やや遅くなる

広告ブロックアプリで快適なスマホライフを実現しよう

広告ブロックアプリは邪魔な広告を消してくれるだけでなく、無駄なデータを読み込まないので読み込み速度をアップさせてくれるという利点もあります。近年のスマホは大型化が進んでいるのに、せっかくの大画面を広告で占領されてしまうのは勿体ないですよ。

快適なスマホライフを楽しみたいなら、入れておかない選択肢はありません。ですが、telektlistを読む時だけは、広告ブロックを解除していただけると嬉しいです…!

OLEDの黒は発光しないためバッテーを消費しません。主要なスマートフォンがディスプレイにOLEDを採用するにつれて、次々にアプリがダ...

フォローする

Writer

森野 沙織
スマホとパソコンが大好きなライター。ガジェット大好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.12.30 16:06 ID:1a01de938 返信

    なんJ AdGuard部 Wikiを見るといい

  2. 匿名 2019.12.30 17:08 ID:07bdbbe96 返信

    こういうくっそ怪しいアプリよりBeaverとか使うほうがまし

  3. 匿名 2019.12.30 18:00 ID:9cd55ce50 返信

    280 blockerがない!
    あれは最良の広告ブロックだと思います。
    有料ですが。

  4. 匿名 2019.12.30 18:17 ID:036b8130c 返信

    テレクトさん…やりますねぇ!

  5. 匿名 2019.12.30 18:18 ID:036b8130c 返信

    ブログの広告収入よりもユーザビリティを優先して広告ブロッカーを紹介するガジェットブログの鑑
    ここのサイトは広告ブロックのホワイトリストに入れますわ

  6. 匿名 2019.12.30 18:48 ID:5e86f553c 返信

    テレクトリストの広告が消えた…(゚ω゚)

  7. 匿名 2019.12.30 18:55 ID:cb64e3023 返信

    280blockerが最強やろ
    有料だけどそれに見合った効果あるし

  8. 匿名 2019.12.30 19:08 ID:a5238deb4 返信

    サムネが胡散臭い広告に見えるw

  9. 匿名 2019.12.30 19:32 ID:aaada56f5 返信

    Adguardはandroid版の方が強力だろ
    適当なこと書くなよ

  10. 匿名 2019.12.30 20:53 ID:7f96368b7 返信

    ブロガーがこんなことを書いていいのか?(いいのか?)
    ちな、Adaway

  11. 匿名 2019.12.31 00:07 ID:90baa1ea0 返信

    AdGuard有りと無しの表記逆じゃね?

  12. 匿名 2019.12.31 21:10 ID:3fd650d8d 返信

    iOS版のYouTubeアプリの広告の消し方も書いて欲しい