上空30キロから落とされても動くスマホ現る【究極の耐久テスト】

iQOOの耐久テストが中国国内で行われ、そのテストの様子がweiboにて公開されました。

今回のテストでは、vivoから発売されたiQOO(アクー)というゲーミングスマートフォンを気球と一緒に空まで飛ばし、目標地点に到達してから地上へ落下をさせるという流れになっています。

iQOOと気球は上空31,540メートル(103,000フィート)まで飛ばされることになっています。スタート地点から上空へ運ばれる間、iQOOの紹介ムービーをスクリーンに映した状態で進んでいきます。

スタートして間もない状態。野原がはっきりと確認できる高度にいます。

目標の高さに到達。スクリーン中の動画は正常に再生されていることから、iQOOは上空31,540メートルの空間でもきちんと動いていることが分かります。

目標の高さまで到達しました。

この時点で、iQOOが気球から地上に向かって放出されます。iQOOがどこへ落ちるかは特定できないため、人力で探し出す必要があります。

世界でも親しまれている三菱自動車のパジェロ、そしてドローンが地上に落下したiQOOを探しに出た結果、無事に見つけることができたようです。発見後の映像では、サングラスをかけた男性も驚いた様子を見せています。

上空31,540メートル地点に到達するまでの時間は一時間と三十分でした。目標地点に到達後、iQOOの動画再生は中断され、遠隔操作で外カメラを使用した録画モードへ移りました。落下している間、iQOOはその風景を録画し続けています。

無事に発見されたiQOOは無傷とは言えない状態になっていますが、スクリーンは正常に映っており、動作していることが確認できます。本体の真ん中あたりに傷があるようですが、保護フィルムまでで、本体スクリーンには入っていないでしょう。

今回のテスト中では、最低気温で-56度まで計測していたということです。過去最高レベルとも言える高さからの落下テストにも関わらず、小さい傷のみで無事に生還したiQOO。iQOOが宇宙へ持ち込まれる日も遠くないかもしれません。

現在Xiaomiの総裁で、Xiaomiの創業メンバーである林斌(Lin Bin)氏が新しく発売されたRedmi Note 7の耐久性...
Xiaomiが2019年1月に発売した新型スマホ「Redmi Note 7」の新たな耐久力テストが話題になっています。Xiaomiの...

Source:weibo(iQOO公式アカウント)

フォローする

Writer

Sekey
ポップアップ式カメラで顔認証中に落下させてしまい、カメラにキズがついてしまった2019年の夏

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.06.15 14:16 ID:6568b248c 返信

    終端速度があるので、上空30000mで落とそうが、上空300mで落とそうが、落下の衝撃は変わりませんよ

    • 匿名 2019.06.15 15:26 ID:615eccbd2 返信

      30000mというインパクトはあるけど中学生でもわかるからなあ…

      • 匿名 2019.06.15 18:26 ID:f33f514f7 返信

        日本の教育水準で語っちゃいけないよ。
        中国の地方や田舎は読み書き出来ない層は腐るほどいるからね。

    • 匿名 2019.06.15 21:44 ID:4184373f3 返信

      わざわざ高度3万mまで持って行ったのは低音でも動作することとセットで短くアピールしたかったからではないでしょうか

  2. 匿名 2019.06.15 14:59 ID:6671aade9 返信

    Redmi Note 7の時にも行ったがそんな耐久自慢する前に防水防塵をつけろよ……

    • 匿名 2019.06.15 14:59 ID:6671aade9 返信

      「言った」だ……

      • 匿名 2019.06.15 16:54 ID:d1940ac19 返信

        最近のこういう中華スマホは
        どこに向かっているのかw

  3. 匿名 2019.06.15 15:08 ID:dfa1627f5 返信

    一切信用ならない情報だな

    • 匿名 2019.06.16 19:04 ID:3895b04bd 返信

      ネット上で本当に信用できる情報なんて探す方が困難でしょう。
      鵜呑みにせず疑い過ぎずで行きましょう。

  4. 匿名 2019.06.30 11:00 ID:89339c1bc 返信

    iQOOがどこへ落ちるかは特定できないため
    →人に当たったらテストどころの騒ぎじゃなくなるため特定できない状態でやるわけがない

    ドローンが地上に落下したiQOOを探しに出た結果
    →ドローンはどうやって特定できないものを探せたのか、そっちの方が凄いわ。砂漠でダイヤ探すようなもんだ

    落下している間、iQOOはその風景を録画し続けています
    →IQOOを飛ばした、とは限らない。他の機器飛ばして中継した可能性。上記にも上げたようにどこに落ちるかわからんものをテストすること事態が危険なので嘘っぱちだとは思うが

    • 匿名 2019.06.30 12:05 ID:93f2fadc4 返信

      テレビや新聞でこの人を見たことないですか?
      http://fusenucyu.com/

      風船を上げてくれるプロが世界にいるようで企業や学校がプロモーションや講演として依頼してます。
      おそらくvivoもコマーシャル撮影に風船会社を利用しただけでしょう。